富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
キャリア・デザイン講座でメンタルヘルスとストレスについて学びました

キャリア・デザイン講座でメンタルヘルスとストレスについて学びました

学生支援GP説明会を開催

学生支援GP説明会を開催

中小企業診断協会連携講義開催

中小企業診断協会連携講義開催

  ブログ内検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/05/30 (水)

専任事務職員(福祉学科実習助手)の募集について [一般]

 このたび、学校法人富山国際学園では、以下の条件で専任事務職員の募集を行います。

採用人数
 1名

業務内容
 富山短期大学 福祉学科実習助手業務ならびに一般事務業務。

応募資格
 短期大学卒業以上の学歴を有する方。
 普通乗用車免許を有する方。
 介護福祉士資格を有している方(介護福祉士として3年以上の職務経験のある方)。
 パソコン(ワード・エクセル等)の基本操作ができる方。

応募期間
 2018(平成30)年6月4日(月)〜6月20日(水)(必着)

応募書類(応募書類は返却いたしません)
 履歴書(写真添付、志望動機欄の記述を含む)
 職務経歴書
 最終学校の成績証明書
 最終学校の卒業証明書
 小論文(テーマ:仕事への抱負、600〜800字、書式自由)

選考方法
 書類選考のうえ、面接を6月28日(木)に行います。
 時間帯、場所等の詳しい情報は、6月25日(月)までに書類選考通過者へご連絡いたします。

郵送先および問い合わせ先
 富山国際学園 学園本部 人事採用担当宛
 〒930-0193 富山県富山市願海寺水口444
 電話:076-436-5139

雇用条件
契約期間 常勤(本学の規程により3ヶ月の試用期間あり)
60歳(65歳まで再雇用制度あり)
採用日 2019(平成31)年4月1日
勤務場所 富山短期大学(富山県富山市)
休日 土曜、日曜、 祝日および年末年始、お盆等(年間124日)
勤務時間 8:30〜17:15
休憩時間 45分間
社会保険 私学共済(健康保険・年金)、雇用保険、労災保険
交通費 実費支給(上限:55,000円)
賃金(月額) 富山国際学園給与規程に基づき支給
年次有給休暇 20日間
その他 産前産後休暇あり
育児休暇制度あり
マイカー通勤可

Posted   パーマリンク

18/04/17 (火)

『平成29年度 AP事業中間報告書』を作成しました [一般]

 平成26年度に、文部科学省の「大学教育再生加速プログラム(AP)」(テーマU:学修成果の可視化)に富山短期大学が選定されてから4年が経過した平成29年度に、日本学術振興会による中間評価がありました。
 その中間評価に合わせて、富山短期大学のこれまでのAP事業の取組を『中間報告書』として取りまとめましたので、ここに掲載いたします。

 このAP事業では、学生が身に付けるべき「社会的・職業的自立」のために必要な各種の資質・能力を、「学修成果(Learning Outcomes)」として明確にし、それらの「学修成果」を学生がしっかりと獲得しているかどうかについて、教員のみならず学生の自己評価や第三者評価をも含めて数値化することにより、授業改善・学修改善・教育課程の改善のためのPDCAサイクルを日々の教育・学修活動に組み込み、教育の「質向上」と「質保証」を持続的に実現することをめざしています。

 この『AP事業中間報告書』では、これまでの活動概要と共に、「学修成果の可視化」の仕組、そのためのシステム(Webシラバス・システム)の概要、さらには各種改善の検証結果と成果の一端を掲載しています。
 どうかご高覧の上、ご意見・ご批判等を賜れば幸いです。

Posted   パーマリンク

「卒業生アンケート」・「就職先アンケート」を実施しました [一般]

 富山短期大学は平成26年度、文部科学省「大学教育再生加速プログラム(AP)」のテーマU(学修成果の可視化)分野において、短期大学では唯一選定されました。

 
 このAP事業では、学生が身につけるべき「社会的・職業的自立」のために必要な各種の資質・能力を、「学修成果(Learning Outcomes)」として明確にし、それらの「学修成果」を学生がしっかりと獲得しているかどうかについて、教員のみならず学生の自己評価や第三者評価を含めて数値化することにより、授業改善・学修改善・教育課程の改善のためのPDCAサイクルを日々の教育・学修活動に組み込み、教育の「質向上」と「質保証」を持続的に実現することをめざしています。

 その第三者評価の一環として、平成27年度に続き29年度も、本学卒業生と就職先を対象に、卒業生の「学修成果」・本学の「教育成果」に対する評価ならびに今後の教育・授業改善の方向等に関してアンケート調査を実施しました。
 アンケート調査は、平成29年12月に実施し、266名の卒業生ならびに478の企業・施設・機関等から回答をいただきました

 アンケート調査結果からは、職場や地域社会に大きく貢献できる資質・能力を備えた人材を育成するために、本学が当面する課題が浮き彫りにされています。
 AP事業ではこれらの課題を着実に解決して、より良い教育の実現に邁進していきます。

 最後に、アンケート調査にご協力頂きました卒業生ならびに企業・施設・機関等の皆様に篤く御礼申し上げますと共に、今後とも引き続き本学の教育改革・改善にお力添えいただきたくお願い申し上げます。

Posted   パーマリンク

18/03/22 (木)

「大学教育再生加速プログラム(AP)」の中間評価結果について [一般]

富山短期大学の取組みが「A」評価 を受けました

 「大学教育再生加速プログラム」(以下、AP)とは、平成26年度に、文部科学省が「国として進めるべき大学教育改革を一層推進するため、教育再生実行会議等で示された新たな方向性に合致した先進的な取組みを実施する大学を支援することを目的」としてスタートさせた事業です。

 富山短期大学は、平成26年度に、横浜国立大学、北九州市立大学、八戸工業大学、東京女子大学、新潟工科大学、福岡歯科大学、阿南工業高等専門学校とともに、「テーマU:学修成果の可視化」分野において、短期大学で唯一選定されました。

 本学AP事業が4年目を迎えた平成29年度、独立行政法人日本学術振興会の大学教育再生加速プログラム委員会による中間評価があり、本学の取組みは、アクションプランやWebシラバス・システムを中心とするPDCAサイクルを回し、教育改革・改善をはじめとする改革を加速させているとして、A評価(「計画どおりの取組みであり、現行の努力を継続することによって本事業の目的を達成することが期待できる」)を受けました。

 APは、「テーマT:アクティブ・ラーニング」「テーマU:学修成果の可視化」「テーマV:入試改革・高大接続」(以上、平成26年度)、「テーマW:長期学外学修プログラム」(平成27年度)、「テーマX:卒業時における質保証の取組の強化」(平成28年度)の5つのテーマに分かれ、全部で77件の取組みが選定されています。

 AP事業は、残り2年間ですが、今後とも教育改革・改善をはじめとする改革を加速させ、「学生の生きる力を育む教育の推進」に邁進していきます。

Posted   パーマリンク

18/03/19 (月)

Webページ閲覧停止のお知らせ [3月24日(土)] [一般]

 ネットワーク機器の各種メンテナンスに伴い、次の日時にサーバ機器を停止します。

 2018(平成30)年 3月24日(土) 8:30 〜 12:00

 前述の時間帯は、次のサービスが停止いたします。あらかじめご了承ください。


  • 本学Webページの閲覧


  • 本学の電子メール受信

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ