富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2018


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  PHOTO
【授業紹介】基礎演習:図書館でレポートを作成しよう

【授業紹介】基礎演習:図書館でレポートを作成しよう

2015トミタン ボランティア日記(5/9)

2015トミタン ボランティア日記(5/9)

総務委員によるボランティア活動打ち合わせ会(第1回)を開催しました

総務委員によるボランティア活動打ち合わせ会(第1回)を開催しました

  ブログ内検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/06/28 (木)

ボランティア日記 〜富山湾海岸清掃 [ボランティア活動]

画像(180x143)・拡大画像(640x510)

13名で作業しました

 2018(平成30)年6月10日(日)、食物栄養学科の学生2名が「富山湾海岸をきれいにする活動の会」の方々と神通川河口左岸周辺のゴミ拾いを行いました。

 拾ったゴミは、発砲スチロール、空き缶やペットボトル、古タイヤなどです。空き缶、ペットボトルには、砂や細かい枝が詰まっていて取り除く作業にも時間がかかりました。
 

〜当日の神通川河口左岸の様子〜

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

八重津海岸

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

海岸一面にゴミが散乱

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

たくさんの人の協力が必要


画像(135x180)・拡大画像(480x640)

足場の悪い堤防のゴミ

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

タイヤは5.6個回収しました

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

すべては拾いきれませんでした


参加学生の声
・「富山湾海岸をきれいにする活動の会」の方々はすごく元気で素敵な方々という印象でした。大勢の参加者で大量のゴミを拾ったと思いましたが この日のゴミの量はいつもの半分程度だったようでした。季節によってゴミの量は変わるのかを尋ねると、1年をとおしてあまり変化はなく、毎回大量のゴミがあるそうです。機械などを使うことで、労力を軽減したい気持ちがあるものの、最後にゴミを分別する必要があるため、人の手でやる方法が最も効率が良いということでした。潮風に吹かれながらの清掃活動は、楽しく、あっという間に時間が過ぎていきました。

・富山湾の魚はおいしく大切な観光要素の一つであると思うので、海岸清掃のボランティアをもっと多くの人に知ってもらい、富山県全体で海を大切にできればいいと思いました。 今回の海岸清掃ボランティア終了後は清々しい気持ちになったので、今回の活動をきっかけに、これからはボランティアに積極的に参加したいと思いました。


Posted   パーマリンク

18/06/12 (火)

ボランティア日記 〜富山サンダーバーズホームゲーム運営補助 [ボランティア活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

グッズ販売

  2018(平成30)年6月2日(土)と3日(日)の両日、(株)富山サンダーバーズベースボールクラブのホームゲームに、経営情報学科の2名と福祉学科5名がボランティアとして参加しました。
 この日は、お客様のお出迎えやチケットのもぎり、グッズ販売などの手伝いをしました。

参加学生の声
・スタッフのみなさんがとても優しく、明るい方々ばかりで楽しく参加することができました。球場に来られた方々は子どもからお年寄りまで幅広く、暑い中でも熱心に応援されていました。今回のボランティアから人と多く関わる仕事では挨拶や言葉遣い、態度が大切だと学びました。

・設営やチケット販売では、効率よく観客を待たせないように動く必要があると感じました。また、ボランティア活動は色々な人と関わることのできるチャンスだと気づき、自分を磨くためにも今後は積極的に参加していきたいと思いました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

チケットのもぎりとチラシの配布

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

挨拶や言葉遣い、態度に気を付けました



Posted   パーマリンク

18/04/10 (火)

Webボランティア手帳説明会を開催しました [ボランティア活動]

画像(180x96)・拡大画像(640x343)

タブレット端末で自宅でも検索可能

 2018(平成30)年4月6日(金)と9日(月)、新入生を対象としたオリエンテーション時にF306コンピュータ演習室で、Webボランティア手帳の説明会を3学科1専攻の新入生を対象に開催しました。
 
 Webボランティア手帳は、学生がボランティア情報の閲覧や参加申し込み、問い合わせ、参加後のレポート等をパソコンやスマートフォンを利用して書き込みができる本学独自のシステムです。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

先輩がサポートします

 説明会では、経営情報学科2年生の学生が補助スタッフとして新入生をサポートしてくれました。
 
 自分のスマートフォンで、いつでもボランティア情報を得ることができる便利なシステムを有効に活用して、自分らしく活躍できる活動に参加し、充実した2年間を過ごしてほしいと思っています。

 

Posted   パーマリンク

18/04/09 (月)

新入生ボランティア講座を開催しました [ボランティア活動]

 2018(平成30)年4月5日(木)、新入生を対象としたオリエンテーション時に、体育館で平成30年度ボランティア講座を開催しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講師 能登 貴史 先生

 昨年も講演していただいた、市民活動サポートセンターとやま代表理事 能登貴史氏を講師にお迎えして「地域と自分の未来の可能性!」の題でお話しいただきました。

 約340名の学生と教職員は真剣に耳を傾けており、これからのボランティア活動への参加意識を高めるている様子でした。
 能登先生、心に響くお話、ありがとうございました。

能登先生のお話しより
幸せになるにはNo1ではなく only1になること。
メディアで活躍している渡辺直美は、自分の欠点を長所に結び付けるか考えたという。
自分の専門分野の制度を高め素敵な個性の積み重ねが only1への近道になる。

何事もチャンスと思って夢の実現のために行動してほしい。ドリーム⇒ビジョンへ

自分が考えるマジックワードは「ありがとう」 全ての人は夢を実現させる力を持っている。

ボランティアを通してコミュニケーション力、訴える力、伝える力を身につけて、富山短大での各々の学科での学びはもちろん社会に飛び出すときにその力が生きてくる。

ボランティアは行く側の心の中にある。与えられたボランティアから掴み取るボランティアになり、 only1になるため、自らを成功に導く力を身につけて行ってほしい。

自分でできること、生き方、コンプレックスも含めて only1になれることを見つけてほしい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted   パーマリンク

18/03/22 (木)

ボランティア賞授与式を開催しました! [ボランティア活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

富山短期大学 体育館

 2018(平成30)年3月14日(水)、富山短期大学体育館において平成29年度ボランティア賞授与式を開催しました。
 
 本学では、学科の学びを生かした活動や、広く地域に貢献する活動への参加を奨励し、それによって学生の人間力の向上をめざしています。今年度は、ボランティア活動に積極的に取り組んだ2年生3名と1年生5名にボランティア賞を授与しました。

 1年生は、地域の人々の役に立ちたい、コミュニケーション力を身に付けたい、など目標を持ち積極的に活動しました。2年生は、学業(卒業研究)や就職活動など忙しいなか日頃の学びを生かし積極的に取り組みました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2年生

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

1年生


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

地域連携センター長から授与されました

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

おめでとうございます


 富山短期大学のもうひとつの学びの場、ボランティア活動を通じて、自分自身が成長するとともに、地域に貢献していく人材となるとを期待しています。

関連記事ボランティア活動実践報告会を開催しました

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ