富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  PHOTO
【第51回大学祭】大学祭実行委員長インタビュー

【第51回大学祭】大学祭実行委員長インタビュー

授業紹介:「食品衛生学実験」(担当:守田教授)

授業紹介:「食品衛生学実験」(担当:守田教授)

面接試験は自己アピールの絶好の機会!

面接試験は自己アピールの絶好の機会!

  ブログ内検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/09/12 (火)

キャンパス内の付属みどり野幼稚園で実習中! [幼児教育学科]

 園児たちにとって、長かった夏休みもようやく終わり、キャンパス内の付属幼稚園には元気な声が戻ってきました。
 2017(平成29)年9月4日(月)〜9月26日(火)までの間、幼児教育学科1年生が、付属みどり野幼稚園で教育実習を行っています。
 
 学生たちは5月〜6月に行った観察実習で学んだことを活かして、今回は部分的に担任の役割を担う教育や保育を実践しています。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

お団子づくりに夢中の4歳児と実習生

 この教育実習Tは、1年生が初めての実習を体験するもので、本学付属みどり野幼稚園で、観察・参加・部分担任実習を行います。
 ・5月〜6月に観察実習を行い、
 ・6月に参加実習があり、その前後に記録や指導案の書き方などを学び、
 ・9月の1ヶ月間で4つの班がそれぞれ4日間、部分担任も含む実習を経験します。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

園児の前で手あそびを実践!

 学生たちは、子どもや保育者と共に積極的に活動します。こうして、かかわり合いの中から子どもの姿をより深く理解していきます。
 実習の4日間は、学生たちが部分的に担任教諭として保育する時間をいただき、手あそび・歌あそびなどを実践しています。グループで担当するとはいえ、子どもたちの姿をしっかりとらえ、年齢や発達の過程、興味や関心など、実態に基づいて計画・援助をする必要があります。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

秋晴れの園庭

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

玉入れあそびのようす(3歳児クラス)

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

お姉ちゃん先生、だ〜いすき♡

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

園庭の草花を保育室に飾っています


 付属幼稚園は、短大と同じキャンパスにあり、子どもたちとは、実習以外の行事でも交流できるので、幼稚園の先生方も含めてとても身近な存在です。
 この実習で、「幼稚園の先生」への憧れから、理想の保育者像を描いていく学生の姿が多く見られます。
 
 このように、富山短期大学幼児教育学科では、2年間継続して子どもたちの成長に触れ、保育の喜びを感じることができます。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

ともに遊ぶ中で学んでいきます

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

お兄ちゃん先生に抱っこしてもらったよ!


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

富山名物ホタルイカになってみよう☆

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

3歳児の興味をひきつけられるかな?


画像(180x119)・拡大画像(640x425)

ロープをわたる園児を支えます

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

子どもの心に思いをよせて


【関連記事】
●教育実習で園児と楽しむ手遊びの教材づくり
●1年生がはじめての教育実習に向けて準備開始!

Posted   パーマリンク

17/08/02 (水)

授業紹介:「保育内容(環境)」 ファミリーパークで自然体験 [幼児教育学科]

 幼児教育学科2年生の専門科目「保育内容(環境)」の授業風景を紹介します。
 この授業では、子どもと環境とのかかわりを理解すること、子どもが周囲の環境に自らかかわるために必要な保育者の援助と保育の方法について習得することを目標にしています。

 2017(平成29)年7月29日(土)には、富山市ファミリーパークに出かけて、フィールドワークを実施しました。
 この日の目的は、
■ファミリーパークでの自然体験を通じて、自然に触れて遊ぶことが子どもにとってどのような意味があるのかを学習し、理解を深める
■自然にふれる園外保育を立案・実施し、必要な環境構成と保育者の援助について学習する
の2点です。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

事前の授業で作成したフィールド・ビンゴを持って出発!

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

立ち姿が美しいチリーフラミンゴ

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

動物園散策をより一層楽しむための手づくり教材

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

期待感が高まる手づくりの双眼鏡

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

ファミリーパーク園内MAP

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

ヤギにふれてみました

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

グループで意見を交わし合いながら進みます

【参加した学生の感想】 
■事前の授業でフィールド・ビンゴを用意していたので、期待感が高まり、とても楽しめた。
■雨で濡れているところもあったが、あえてアスファルトではない森の小道を通り、ぬかるんだ土を足で踏む感触を楽しんだ。
■園内の動物たちが、ぬかるんだ地面でもバランスを崩さずに走り回っていて「すごい!」と思った。
■今回のように、雨が降るなど天候に左右されることがあるので、晴れの日、雨の日いずれにも対応できるような指導案を作成しておくことが大切だと思った。
■雨だからこそ、葉っぱが濡れていてキラキラしている、動物の毛がふわふわしていないなど発見することがあった。このような発見を言葉で表現して、子どもたちと共感したい。
■雨天のため、予定していた自然散策のルートや休憩場所を急きょ、変更することになった。保育を展開する上では、臨機応変に行動することが大切だと実感した。
■自分たちが楽しんで心の底からわき出た感想や気づきが、そのまま子どもへの声かけにつながると思った。保育者として、周囲の様子をよく見て子どもの姿を把握することも大切だが、自分自身が楽しみながら散策することで、共感的なかかわりになり、子どもの学びをより深いものにできると感じた。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

富短のイメージキャラクター「トミタン」も連れてきました♪

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

ミッションゲーム・クリア!

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

活動を振り返り、保育者としての援助などについて省察します

 
 今回のフィールドワークで、学生からさまざまな意見が出てきたように、子どもたちの考え方や感じ方は、十人十色です。一人ひとりの感受性を大切にできる保育者をめざして、富山短期大学幼児教育学科では、学生自身が直接体験することを重視し、学びを深められるように取り組んでいます。

Posted   パーマリンク

17/07/31 (月)

教育実習で園児と楽しむ手遊びの教材づくり [幼児教育学科]

 幼児教育学科1年生は、5月から富山短期大学付属みどり野幼稚園で、教育実習を行っています。
 4日間の観察実習と、1日の参加実習を終えた7月には、9月に実施する4日間の部分担任実習に向けて、学内で保育指導案の書き方について学んでいます。
 また、子どもたちの前で行う手遊びにおいて、視覚に訴える教材づくりを行い、保育実践に向けて計画を練って準備を進めています。
 今回は、2017(平成29)年7月25日(火)と27日(木)、教育実習Tの授業としてキャンパスで教材研究をしている様子を紹介します。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

手づくりのペープサートを用いて、園児にどのように呼びかける?

部分担任実習とは…登園から降園までの中で、保育の一部の時間、担任の先生に代わって実習生が活動を展開すること。
保育指導案とは…実習で作成する保育の指導計画のこと。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

バナナを食べる「くいしんぼゴリラ」

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

クレヨンでていねいに色を塗っています

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

大きさや色あいは教材として適切かな?

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

色んなメガネの「一つ目小僧」と「水中メガネ」

 教材をつくることだけでなく、子どもたちの前でどのように言葉がけをして活動を展開していくのか、5〜6人のグループで相談しながら、手遊びのシミュレーションをしてみました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

イカの姿を身体で表現しています

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

どんな味のアイスクリームを作る?

画像(216x320)・拡大画像(432x640)

スペシャルアイスの出来上がり〜♪

 夏休み明け、9月から元気に登園してくる園児たちの前で、自分たちが準備をした教材をもとに、手遊びを実践することが楽しみな学生たちです。

【関連記事】
●付属みどり野幼稚園で実習が始まりました
●1年生がはじめての教育実習に向けて準備開始!

Posted   パーマリンク

17/07/20 (木)

幼児教育学科 オープンキャンパス パート2の様子 [幼児教育学科]

オープンキャンパス パート2を開催しました!【イベント内容編】の記事はこちら

 2017(平成29)年7月15日()、「オープンキャンパス パート2」を開催しました。

 幼児教育学科の「学科紹介」「模擬授業コーナー」「実演コーナー」「談話コーナー」「幼稚園見学」などには、約100名の高校生・保護者の方々に来場いただきました。皆さん、ありがとうございました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

富山短大・幼児教育学科へようこそ! 私たち学生スタッフです!

【模擬授業コーナー】
1. 幼児の心理テストを体験しよう
 教員の解説の後、子どもの心理テストを体験していただきました。2回の模擬授業を合わせて、高校生約55名の参加がありました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

心理学が専門の教員による模擬授業

2. 運動遊びについて
 参加者と本学の学生が幼児期の運動遊びなどを、いっしょに楽しみました。このコーナーも2回に分けて実施し、多くの高校生に参加いただきました。

3. 製作体験−タコキャッチャーをつくろう!− 
 今回は、足を閉じたり開いたりできるゆかいなタコを製作する体験コーナーを設けました。とても盛況で、参加者は在学生から作り方などのアドバイスを受けながら取り組んでいました。

【展示・実演コーナー】 
 他にも、赤ちゃん人形展示・体験コーナーを設け、参加者は、等身大の赤ちゃん人形を使って、赤ちゃんの抱っこやおむつ交換などにチャレンジしました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)
画像(320x213)・拡大画像(640x426)

すっかり夢中になって「タコキャッチャー」を製作しています

 このほか、幼児教育学科の2年間の学びの成果や行事を作品・ポスター展示や写真で紹介する「展示コーナー」富山短期大学付属みどり野幼稚園の園舎や園庭など、子どもたちの生活の場を紹介する「幼稚園見学」へも60名以上の方にお越しいただくなど、大好評でした。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

学科紹介の展示コーナー

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

付属みどり野幼稚園のシンボルツリー、ケヤキにはツリーハウスがあるよ!

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

3歳児の保育室では、カタツムリを飼育しています

 「先輩と語ろう」コーナーでは、参加した高校生と在学生の間で話がはずんでいました。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

「先輩と語ろう」コーナー

 次回は、8月26日()13:30から、「オープンキャンパス パート3」を開催します。
 今回とは違った楽しい企画も用意しています。幼児教育学科での充実した学生生活について、より深く知っていただける内容です。
 
 今回参加された方も、残念ながら来られなかった方も、8月26日()「オープンキャンパス パート3」への参加をお待ちしています!

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

次回は、8月26日にお会いしましょう!

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

トミタンで待ってるよ(^o^)丿

Posted   パーマリンク

17/07/14 (金)

授業紹介:「造形表現U」積み木であそぼう! [幼児教育学科]

 幼児教育学科2年生「保育内容(造形表現U)」 中山里美 准教授 担当では、幅広い造形表現活動を通して、幼児が生き生きと参加できる題材の工夫や展開方法、適切な援助や働きかけについて学んでいます。
 今回は、2017(平成29)年7月12日(水)に実施した「積み木であそぼう!」の授業風景を紹介します。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

重ね方を工夫すると素敵な造形物になったよ!

画像(213x320)・拡大画像(426x640)

身長よりも高く積み上げました!

画像(213x320)・拡大画像(426x640)

立派なタワー完成!

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

クジャクのつもりが、絶妙なバランスの「ダチョウ」になりました(笑)

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

慎重に積み上げていきます

画像(213x320)・拡大画像(426x640)

中に入ってみました!ドキドキ!

【学生の感想】
■集中して楽しめたので、子どもたちもきっと夢中になるだろうと思った。
■木でできた積み木は、独特のいい香りがして自然を感じた。
■積み木はいろいろなものに見立てられるので、1人でもグループでも楽しめる面白い教材だと思った。
■子どもたちなら、もっと豊かにイメージをふくらませて、ごっこ遊びなどを楽しむだろうと感じた。
■バランスを考えながら積み上げることで、スリル感を味わった。
■日常ではなかなかない、崩れるワクワク感を味わうことができた。
■友達と協力して声を掛け合いながら高くまで積み上げたので、子どもたちにも積み木遊びを通して、友達と一緒に取り組むことの楽しさを知ってほしい。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ