富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  PHOTO
【編入学情報】 新潟大学 経済学部の編入学試験に合格!

【編入学情報】 新潟大学 経済学部の編入学試験に合格!

ボランティア日記〜夏休みの児童館での子どもサポート〜

ボランティア日記〜夏休みの児童館での子どもサポート〜

Webボランティア手帳説明会を開催しました

Webボランティア手帳説明会を開催しました

  ブログ内検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/08/21 (月)

編入学「先輩と語る会」を開催しました [福祉学科]

 福祉学科では、介護の知識・技術だけではなく、相談援助やビジネス実務の学びも深めていくことで、福祉分野で幅広く活躍できる人材の育成に取組んでいます。
 
 また、編入学制度を利用することで、4年間という最短期間で介護福祉士と社会福祉士の国家資格をダブル取得することが可能となっています。
 そのため、併設校である富山国際大学子ども育成学部と連携し、編入学後に履修する科目の一部を、本学在学中に取得できるようにして、学生の負担を軽減しています。

画像(180x135)

 
 2017(平成29)年8月10日(木)、前期最後の登校日となったこの日、午後から編入学指導を目的とした「先輩と語る会」を開催しました。
 今年の春に福祉学科を卒業して、富山国際大学子ども育成学部へ編入学したばかりの3年生2名にお越しいただき、編入学に興味を持っている1・2年生合わせて8人の学生が参加しました。

画像(180x135)

 
まず先輩たちから、編入学試験に向けての準備や心構え、入学後の様子などを話してもらいました。
 オープンキャンパスに参加することで学部の雰囲気をつかみ、志望理由に反映させたことや、小論文対策をどうしたかといった話題が、特に関心を集めていたようです。

画像(180x135)

 
 参加した学生たちは、実習のことや面接での質問内容、大学のゼミについてなど、たくさん質問をしていました。
 先輩からは、「社会福祉士がどのような専門職なのかを、きちんと理解しておくこと」「ゼミを選ぶ上で2月の研究発表会に出ておくことが大切」などのアドバイスをいただきました。

 福祉学科では編入学をめざす学生のために、編入学説明会や「先輩と語る会」のほか、富山国際大学子ども育成学部による福祉学科単独での編入学説明会などを行っています。
 また、編入学後もゼミの選択の相談、大学4年次には地元での就職相談も行いながら、手厚いバックアップを行うなど、きめ細やかなサポートを行っています。

Posted   パーマリンク

17/08/09 (水)

教養演習の発表会を行いました [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 福祉学科で1年次に開講している教養演習は、学生の自発的・主体的な学習意欲の喚起と、教員やクラスメイトとの交流によるチームワークづくり、さらには短大生として求められる基礎的な国語能力の修得などをめざした必修科目です。
 少人数に分かれるゼミクラス方式を取り入れており、基礎的な学習をまず合同で行った後、グループごとに設けたテーマでの研究・調査を発表会を開催しています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 
 これまでに、第一印象ゲーム、自分の長所探し、自己紹介のやり方、「あの人に聞きたいこと」(アイスブレイク)、ヒーローインタビュー(他己紹介)、1分間スピーチを全体で取り組んできました。
 続いて、文の書き方の解説と演習、新聞記事の冊子から記事を選び要約しての発表と意見交換を行いました。

 グループに分かれてからは、調査テーマ選びを一人ひとりプレゼン形式で実施し、テーマの確定を進めました。そして、調査研究と発表のためのパワーポイントづくりを進めていき、発表会を迎えました。
 今年のテーマは以下の7つです。福祉の色合いの濃いものから学生らしい視点のものまで、多彩なテーマが並びました。 それぞれのグループがこれまでに研究・調査をすすめた結果や考察を、パワーポイントを使用しながら発表をしていました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「恋愛と幸福感の関係における調査〜贈り物の受け止め方からの研究〜」
「高齢者とアニメーション」
「福祉施設における韓国ドラマの影響力」
「なにがオレンジなんだろ?〜認知症高齢者の施策と症状緩和について」
「高齢者と作る簡単デザートレシピ」
「内部障害とハート・プラスマーク」
「就労している後期高齢者の一考察 〜ICFと生きがい尺度から」

Posted   パーマリンク

17/07/26 (水)

福祉職場説明会に2年生全員が参加しました [福祉学科]

画像(131x180)・拡大画像(348x478)

学長も事業所への挨拶に来場しました

 2017(平成29)年7月9日(日)、16日(日)の両日、富山国際会議場で開かれた「福祉のお仕事フェア」に、2年生全員が参加しました。
 本学福祉学科では、現2年生から福祉ビジネスの学びが加わりました。施設や病院の事務職で就職を希望する学生も、積極的に事業所ブースを回っていました。

画像(180x131)・拡大画像(620x452)

就職した先輩たちが説明をしていました

 フェアには、2日間合わせて優に100を超える介護保険事業所の出展がありました。近年、介護職員の有効求人倍率は4倍前後で常態化しており、売り手市場と言える状況が続いています。 
 今年度から学生の個人情報保護のため、ブースでは名前と各大学で支給されているメールアドレスのみを渡すよう方針が変更となっていました。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ほぼ全員が5か所以上回りました

 本学では、学科と就職支援センターが連携し、早いうちから履歴書の添削や面接指導を実施しています。学生たちは、今後、担任や保護者と相談しながら応募する事業所を絞り込んでいきます。
 大多数の学生は、9月末までにほぼ就職採用試験を終え、福祉ビジネス系資格の取得や1月にある介護福祉士国家試験の合格に向けて取り組んでいくことになります。

Posted   パーマリンク

17/07/04 (火)

「医療的ケア」の授業を紹介します! [福祉学科]

 介護福祉士の業務に新たに加わったのが「医療的ケア」です。この日の授業の学習ポイントは「痰の粘性と移動」でした。
 写真の上のほうが気管です。左右に分かれるのが気管支です。今、左の気管支に多量の痰が溜まっています。水分を加えて、痰をサラサラにしているところです。サラサラにする、つまり水分をとることで、痰の排出が容易になる実験をしています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

専用の教材を用いておこないます

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

楽に操作できる吸引器

 痰を吸い取る機械が吸引器です。学生が実際に動かしています。もしかすると、卓上型ミシンのように見えるかもしれませんね。女子学生でも片手で持ち運びができるので、手軽に扱えます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

吸引力を実感してみました

 左端に見えるのが、痰をためるビンです。中央の部分が圧力のメータです。針が左に動いています。圧力を測定するために、試しにティッシュやガーゼを吸い取ってみました。

Posted   パーマリンク

17/06/27 (火)

就職特別講座第2弾「施設が求める人材 [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 2017(平成29)年6月15日(木)、介護老人保健施設みどり苑や西能みどり病院などを有する特定医療法人財団の五省会で法人本部副部長をされておられる澤井哲也氏から、2年生が「キャリアデザイン演習」の一環として、特別講義を受けました。
 「どんな仕事でも仕事は大変なもの」「介護で生計を立てている人はたくさんいる」などの力強いお話によって、「まわりの人の介護に対するネガテイブ発言に、正直、不安があったが、心がすごく楽になった」といった感想が聴かれました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「2025年には介護職員が38万人も不足すると聞き、驚いた。介護の場ならたくさん求人もあるし、大変なのはどの仕事でも同じと思えば、この仕事への見方も変わるのではと思う。」「私は今、老健で働きたと思っている。このあとも『介護の仕事に必ず就く』という前向きな気持ちで勉強をしていきたい。そして、施設で必要とされる介護福祉士になりたい。」という感想もありました。
 7月に福祉職場説明会を控える2年生にとって、たいへん有意義な授業となりました。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ