富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

4

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  PHOTO
第13回 福祉学科公開セミナー開催

第13回 福祉学科公開セミナー開催

2年生学外研修を実施しました

2年生学外研修を実施しました

2010年度 キャリアデザイン教育(第4・5・6回)を実施しました

2010年度 キャリアデザイン教育(第4・5・6回)を実施しました

  ブログ内検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/04/11 (水)

平成30年度介護福祉士実務者研修募集に係る説明会 駐車場のご案内 [福祉学科]

 2018(平成30)年4月12日(木)開催の平成30年度 介護福祉士実務者研修説明会に出席される方へ、駐車場のご案内です。

PDFファイル(48KB)

(48KB)

 本学南の第4駐車場(P4) に駐車し、南門より D棟(福祉棟)2階 D206教室 へお越しください。なお、駐車に際してはバックせず、前向き駐車をお願いします。

 詳細は案内図をご覧ください。

Posted   パーマリンク

18/04/03 (火)

福祉学科で初挑戦した事務系資格の合格状況 [福祉学科]

 福祉学科では、2016(平成28)年度入学生より、1年次に全員が介護福祉のベースとなる介護職員初任者研修を修了します、2年次になると、社会福祉や福祉ビジネスの学びも深めることのできるカリキュラムを導入しています。これにより、介護分野の知識・技術に加え、相談援助(ソーシャルワーク)ビジネス実務についても幅広く学び多様な進路選択をすることが可能です。

 このカリキュラムはコース制ではないため、学生自身が興味のある科目を選択して履修することができます。2年間の学びの中で、福祉に関する複数の資格取得をめざすこともでき、学生の学ぶ意欲を引き出すことができるカリキュラムになっています。

画像(320x227)・拡大画像(640x454)

学生の”なりたい”を叶えるカリキュラムです

 ビジネス実務分野では、福祉施設や病院などで介護事務・医療事務として就職するために、一般財団法人日本医療教育財団の資格取得試験合格をめざして、ケアクラーク・メディカルクラーク試験を受験します。

画像(180x122)・拡大画像(640x437)

パソコンスキルも磨きます!

 
 2018(平成30)年3月卒業生は、医療事務(メディカルクラーク)に6人が合格しました。そのうち、4人が病院の医療事務として就職しました。残りの2人は、在学中に介護福祉士の資格も取得し、介護専門職としての就職を選択しています。
 介護事務(ケアクラーク)には7人が合格しました。医療事務とのダブル資格取得は3人いました。合格者のうち1人が介護事務として就職しました。

 ビジネス実務分野を中心に学んだ学生のなかには、さらに日商PC3級(ワード、エクセル)に挑戦した学生もおり、2人がワードで合格をしています。
 学生たちは、通常の講義はもちろん、空いた時間も有効に使いながら、合格をめざして自主勉強に励んでいました。資格取得に向けて、学生たちはみんなよく頑張ってくれたと思います。

 次年度はさらなる成果を収められるよう、学科を挙げてより効果的な学習に取り組んでいきたいと考えています。

Posted   パーマリンク

18/03/28 (水)

介護福祉士国家試験への初挑戦結果 [福祉学科]

 2018(平成30)年1月28日(日)に行われた第30回介護福祉士国家試験に、福祉学科からも32人が受験をしました。その合格発表が、3月28日(水)14時にWeb上でありました。
 福祉学科からの合格者は28人で、合格率は88%という結果です。全国平均での合格率は71%でした。介護福祉士養成校の全国平均は88%であり、好成績を収めることができました。

 これまで介護福祉士養成校では、卒業時に介護福祉士の国家資格を与えられていましたが、今年度から卒業時の質の保証や就職後の処遇改善につなげるべく、国家試験を養成校の学生も受けることに変わったものです。
 ただし、平成33年度までに2年制の養成校を卒業できることになる高校の新2年生までは、国家試験の合格に関係なく、5年間の期限付ではあっても介護福祉士として卒業、就職できます。

 福祉学科では、冬場の天候不順に備え、受験者全員が試験会場の金沢市で前泊するとともに、余裕を持って会場へ向かえるよう送迎バスを手配するなど、万全を期して受験に臨みました。教員も前泊から2名が引率し、試験直前までサポートをしました。その甲斐もあって、一人も体調不良者を出すことなく、受験ができています。学生たちも国家試験合格に向けて頑張ってくれました。

 今後も福祉学科では、高い知識と技術を備えた介護福祉士の養成に力を入れていきます。

Posted   パーマリンク

18/03/26 (月)

平成30年度介護福祉士実務者研修のご案内 [福祉学科]

 富山短期大学では、平成30年度から、「介護福祉士実務者研修」を開講し、4月より募集を開始いたします。(現在申請書類を提出中です。)

介護福祉士を目指すあなたを応援します

画像(127x180)・拡大画像(452x640)
画像(127x180)・拡大画像(452x640)

<富山短期大学の実務者研修 3つの特徴>
・質の高い教育 短期大学と介護現場の連携
・スクーリング 県内4カ所で平日開催
・スマートフォンで e-ラーニング 郵送での課題提出なし

【実務者研修募集概要】
■講座名  富山短期大学介護福祉実務者研修科 通信課程(e-ラーニング)
■修業期間 6か月
    【前期コース】平成30年7月〜12月
    【後期コース】平成30年12月〜平成31年5月)
■募集定員 28名 【前期コース】28名 【後期コース】28名
■受験資格 介護に関心のある方なら資格は問いません。
■申込期間
    【前期コース】4月16日(月)〜 5月31日(木)
    【後期コース】9月 3日(月)〜10月31日(水)

PDFファイル(736KB)

詳細 (736KB)

スクーリング日程や、受講料、科目の免除など、詳細につきましては、左のPDFファイルをご覧ください。

【お問い合わせ先】
〈担当〉関・西井
時間:月曜〜金曜 9:00〜17:00
電話:076-436-5182(直)
FAX :076-436-0133
E-mail:fukushi@toyama-c.ac.jp  (件名に「介護福祉士実務者研修」とお書きください)

続きを読む

Posted   パーマリンク

18/03/23 (金)

福祉学科、21回目の卒業式 [福祉学科]

 2018(平成30)年3月15日(木)、第54回卒業式が行われました。体育館での式典の後、福祉学科はD206教室にてたくさんのご家族が見守られるなか、学科としては21回目の「卒業証書授与伝達式」を執り行いました。

 関学科長からの卒業証書授与では、卒業証書のほか、「介護職員初任者研修」「レクリエーションインストラクター資格」「社会福祉主事任用資格」「委託訓練生修了書」「医療的ケア基本研修修了書」を、取得した卒業生一人ひとりに授与しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

関学科長から1人ずつに卒業証書授与

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

資格取得証明も一緒に授与されました


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2年間を思い出しながら受取りました


 その後、関学科長から卒業生にむけて、いつも以上に力のこもった熱いメッセージが送られました。
「クラスの仲間がいつまでも心の奥底にい続けて、支え合える関係でいてくれることを願っています。辛いときこそ『今日は誰それを励まそうぜ』と誰かが呼びかけ、昔に戻って笑いあって、また次の日から頑張れる力を与えてくれると、とてもうれしいです。」
「あれだけ勉学に励み、ボランティア活動や実習などでいろいろな社会経験を積んできたであろうみんなは、胸を張って実社会に第一歩を踏み出してくれることと信じています。きっと大丈夫です。」
などと、卒業生を鼓舞する内容でした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

関学科長の力のこもった挨拶

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

卒業生たちもしっかりと受け止めていました


 また、福祉学科の初代学科長でもある宮田学長から飛入りでの励ましのメッセージもありました。また、福祉学科1期生の先輩から、胡蝶蘭の贈り物もいただいたほか、県内の複数の介護保険事業所からも祝電をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。
 また、卒業生が1年生のときに非常勤講師として授業に来てくださった特別養護老人ホームだいご苑の野村施設長さんが、卒業式の来賓としてご参加くださっております。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

飛入りでの宮田学長による挨拶


 卒業証書の授与と併せて、「日本介護福祉士養成施設協会会長賞」「日本医療教育財団 メディカルクラーク優秀賞」「レクリエーションインストラクター優秀賞」の授与も行いました。受賞学生には事前に知らされず、この場でのサプライズでの発表と授与でした。
 《受賞者》
  「メディカルクラーク優秀賞」 和田瑞希さん
  「レクリエーションインストラクター優秀賞」 森川真紀さん
  「日本介護福祉士養成施設協会会長賞」 住吉 強さん 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「メディカルクラーク優秀賞」 和田瑞希さん

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「レクリエーションインストラクター優秀賞」 森川真紀さん

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「日本介護福祉士養成施設協会 会長賞」住吉強さん

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

受賞された3名のみなさん、おめでとう。


 卒業生を代表して、岩田理志さんが謝辞を述べました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

卒業生代表として謝辞を述べる岩田理志さん


 担任の石橋先生から心のこもった、卒業生への最後のメッセージをいただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

石橋先生の挨拶

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

思い出残る教室で最後の話を聞きました


 最後の最後に学生からもサプライズ企画があり、福祉学科の教職員に寄せ書きの色紙と花束のプレゼントがありました。教員も学生も2年間の思いが胸に湧き出て、涙が自然に出てくる学生も多くいたようです。
 「楽しい素敵な時間をみなさんと過ごせたこと、忘れません。」

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

代表者が各教員・職員に手渡ししました


 これからは介護福祉士として福祉の現場に出る者、ケアクラーク・メディカルクラークの資格を活かして病院や施設の事務職として働く者、あるいは、さらなる資格取得のために進学する者など、さまざまですが、福祉学科での2年間の学びを十分に活かして、素敵な人生を歩いていってほしいと教職員一同、願っています。

 福祉学科での式典の終了後、クラス全体での記念写真を撮るなど、あらためて絆の強さを感じる時間を過ごせました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

思い思いに写真を撮って名残を惜しむ卒業生

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

最後は学生からのリクエストで集合写真をとりました


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

祝電・メッセージも多数よせられました


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ