富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

12

2006


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
「看とり介護」の授業で卒業生講師による特別講義を実施しました

「看とり介護」の授業で卒業生講師による特別講義を実施しました

大学祭進学相談会を開催しました

大学祭進学相談会を開催しました

富山短期大学 進学説明会 in 高岡(6/14土)詳細決定!

富山短期大学 進学説明会 in 高岡(6/14土)詳細決定!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

06/12/18 (月)

介護福祉士論Tを実施しました [福祉学科]

画像(180x135)

1時間にわたってお話いただいた松井課長

 12月14日(木)3限、2年生を対象に、「介護福祉士のあり方」を考える特別講義をおこないました。テーマは「QOL(生活の質)の向上と介護専門職の役割」、講師は身体障害者療護施設「志貴野ホーム」(高岡市中田)の松井宏介護課長さんです。施設での生活の質を高めるための取組みや、介護福祉専門職に求められるものなどについてお話いただきました。

画像(180x135)

身体障害者福祉施設の様子に熱心に耳を傾けました

【学生の感想】
「介護のすばらしさ、人と関わることのすばらしさなど明るい部分も発見。この道をずっと続けていきたい」
「のん気、根気、元気の3要素が自然と保てる職員になりたい」
「介護は人間相手だからあきない。苦しく辛いこともあるが、『ありがとう』の一言で救われるという先生のことばに共感」

Posted   パーマリンク

06/12/15 (金)

進路ガイダンス(パートI)の開催 [食物栄養学科]

 12月14日(木)14:50〜16:20、食物栄養学科1年生を対象に進路ガイダンス(パートI)を開催しました。進路ガイダンスでは、就職に対する心構え、自己解析、就職情報の取得方法、計画の立て方について説明があり、特に2年生の就職内定者のアドバイスは先輩からの助言ということもあり、皆熱心に聞いていました。

 近年、本学科は富山県内外の事業所より厚い信頼を得ており、就職希望学生の就職率は100%であることはいうまでもなく、本学科の求人倍率は1.5倍近くにまで達しています。最近は食育という考え方が定着しつつあり、企業、病院、福祉施設、その他の公的機関などで栄養士の活躍が幅広く求められています。

【1年生の感想】
・栄養士として就職する場合、活躍する職場がたくさんあることを改めて知ることができてよかった。また、2年生の先輩が、「就職先を決める時、自分の考えをしっかり持ち、興味を持った会社には直接訪問をすることが大切だ」と話されていたのが印象的だった。
・栄養士として就職するだけでなく、本学の専攻科に進学し、管理栄養士を目指す先輩もいることがわかった。今度その先輩方にいろいろ相談してみたい。


・・・「食育」とは、現代人が食に美味しさを求めた結果、生活習慣病及び予備群が増加しており、「人間にとって食とはどうあるべきか」、「食生活をどう改善すべきか」を考える意味でも大切なキーワードとなっています。

画像(180x118)・拡大画像(305x200)

就職内定者による就職活動でのエピソードを発表

画像(180x134)・拡大画像(267x200)

視聴した1年生たち


画像(180x134)・拡大画像(267x200)

就職内定者を代表して3名が発表

Posted   パーマリンク

「富山県インターンシップ報告会」での発表 [経営情報学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 12月15日(金)、富山県市町村会館にて「富山県インターンシップ発表会」が開催されました。報告会には県内高等教育機関8校が参加し、各校から代表者1名が発表を行いました。
  本学を代表して、北日本新聞社で就業体験を行った1年生宮下湖弓さんが発表を行い、発表会終了後行われた特別講演会の講師の方からも講演内で、「一番素晴らしかった」と高い評価をいただきました。
  発表学生の殆どが大学3年生に相当する年齢の中で、本学1年生の活躍と評価を大変うれしく思います。これは経営情報学科では、殆どの授業でパソコンを活用した技能が習得でき、さらにプレゼンテーション技能を少人数で教育するプログラムが充実しているからです。早期からこのような教育に重点をおいて、教育活動に取り組んできた本学科の成果が現れております。

【宮下湖弓さんの感想】
ゼミ担当の先生の指導の下、発表用の資料作りや発表練習を夜遅くまで頑張り、達成感を得ることができました。そして短大で学んだ知識や技能が本発表会で十分に発揮できました。インターンシップでも学んだ「限られた時間を最後まで全力で尽くす」ということを今後とも実行し、学生生活をエンジョイしたいと思います。

Posted   パーマリンク

06/12/14 (木)

第2回ふらっとセミナーを実施しました [福祉学科]

画像(180x119)・拡大画像(639x425)

仕事疲れも見せず熱心な卒業生の皆さん

 11月10日(金)19:00〜21:00、D館(福祉棟)206教室にて、福祉学科卒業生を対象に、第2回「ふらっとセミナー」を行い、15名の参加がありました。
 本セミナーでは、「第14回日本介護福祉学会大会」の伝達講習を行いました。大会テーマは「介護の理論と実践により福祉を実現する介護福祉学」です。さらに、120例の発表論文の中から4例を選び、意見交換をしました。
 卒業生からは、「解決策がみえた」「元気がもらえた」「みんなも参加すれば…」など前向きな意見がありました


【意見交換した発表論文4例】
1.「養護老人ホーム入所者にとっての『年をとること』」
2.「介護従事者の苦悩をさぐるー虐待インタビューから」
3.「特別養護老人ホームにおけるターミナルケアの現状と今後の課題」
4.「介護福祉士養成校卒業者の離職動機に関する研究」 


 

Posted   パーマリンク

06/12/13 (水)

「郷土料理再発見」をテーマにセミナー開催 [福祉学科]

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

男性の参加者も楽しそうです

 11月25日(土)、地域の中高年の方(男性10名、女性18名)を対象に、第11回すこやか栄養・調理セミナーを開催しました。
 「里芋のおやき」「ぶり大根」「山菜のくるみ和え」等の5品を作り、郷土料理のよさを再発見しました。福祉学科1年生10名が補助を務め、人生経験豊かな参加者からいろいろ教わることも多く、楽しくセミナーを終了しました。
 参加者の中には古い馴染みの方も多く(9回参加)、私たちも年1回の再会を楽しみにさせていただいています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ