富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2007


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
牛乳・乳製品利用料理コンクールで優良賞を受賞!

牛乳・乳製品利用料理コンクールで優良賞を受賞!

2008トミタン ボランティア日記 (7/9)

2008トミタン ボランティア日記 (7/9)

大学での学びの準備を一足早く!入学前セミナーを実施しました

大学での学びの準備を一足早く!入学前セミナーを実施しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

07/07/18 (水)

オープンキャンパスパートT 食物栄養学科の見どころ紹介 [食物栄養学科]

<2007オープンキャンパスパートT>
 食物栄養学科におけるプログラムのご紹介
 
 場所:A館1階 107教室
 時間:13:30〜16:00

 1. 学科紹介 学科の概要についてパネル展示をしています。またご不明な点につきましては、
          教員と学生を多く配置していますので、一声かけて頂ければご説明いたします。

 2. 体験学習 以下の内容について、皆さんに体験してもらい、わかりやすく、楽しく解説いたします。
  
 @どんな水を飲んでいる!
 Aサプリメントって何?
 B正しいダイエット
 C学生生活、就職等についての相談
 Dお菓子を作ろう (A館1階136教室にて(第2調理実習室))

 3. 受験相談 食物栄養学科を受験する際に必要な情報を提供いたします。

 4. 専攻科紹介 専攻科の特徴・教育目標・カリキュラム・特別研究・臨地実習などについて紹介いたします。

オープンキャンパスパートTの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

画像(180x154)・拡大画像(233x200)

昨年度のオープンキャンパスの様子@

画像(180x134)・拡大画像(267x200)

昨年度のオープンキャンパスの様子A

画像(180x134)・拡大画像(267x200)

昨年度のオープンキャンパスの様子B


Posted   パーマリンク

07/07/17 (火)

富山県保育士試験に伴う閉館について [図書館]

富山県保育士試験が実施されるため、下記の期間閉館します。
・平成19年(2007年)8月6日(月) 午後より閉館
・平成19年(2007年)8月7日(火) 終日閉館
・平成19年(2007年)8月8日(水) 終日閉館

Posted   パーマリンク

夏季休業に伴う開館時間の変更について [図書館]

夏季休業に伴い、開館時間を下記のとおり変更します。
【変更期間】 平成19年(2007年)7月31日(火)〜平成19年(2007年)9月28日(金)
【開館時間】 9:00〜17:00

Posted   パーマリンク

07/07/14 (土)

富山市ファミリーパーク「わくわく田んぼ」での自然体験 [幼児教育学科]

画像(180x135)

 2007(平成19)年7月12日(木)、 保育内容(環境)の授業は、富山市ファ ミリーパークに場所を移し、里山の自然いっぱいの環境の下、「田んぼでの泥んこ遊び−わくわく田んぼ−」を行いました。

 はじめに、職員の方より、富山市ファミリーパークの取組みや「わくわく田んぼ」の位置づけなどを紹介していただきました。

画像(180x135)

画像(180x135)


 天気は曇り。「ぬるぬるする〜」「意外と沈むよ」と一歩ずつ慎重に素足を入れていました。そのうち「気持ちいいね」「カエル探そうよ!」「アメンボとるの難しい!」と泥んこになって生き物を探し始める学生達。

続きを読む

Posted   パーマリンク

07/07/13 (金)

とやま名物アイディアコンテストで今年も富短生が最優秀賞を受賞! [専攻科食物栄養専攻]


 富山県産業食品協会が主催する「とやま名物アイディアコンテスト」で、専攻科食物栄養専攻1年生の内山久美子さん考案の”里芋プリン”が最優秀賞(県知事賞)を受賞しました。また、同じく専攻科1年生の千代かよひさん作”きびまめパン”も優秀賞に選ばれました。
 今年は、過去最高である296点の応募があり、難関の中1位になったということで、注目を浴びています。

 里芋プリンは、ベースの生地に里芋を加えてつくったプリンに干し柿のソースをかけることで、富山の名産を活かした作品となっています。

 これで昨年に続き、富山短大生が最優秀賞を受賞したことになり、この快挙に関係者一同は大変喜んでいます。

[この記事は、平成19年7月13日(金)北日本新聞朝刊にも掲載されました]

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ