富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

3

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  PHOTO
ボランティア日記〜幼児アートワークショップの手伝い〜

ボランティア日記〜幼児アートワークショップの手伝い〜

石川県で1・2年合同での学外研修を行いました

石川県で1・2年合同での学外研修を行いました

七夕ロード完成!

七夕ロード完成!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

08/03/06 (木)

平成20年度一般 II 期入試受験者数について [入試情報]

 平成20年度一般U期入試は、本日2008(平成20)年3月6日(木)に実施し、受験者数は以下のとおりでした。

学 科
受験者数
食物栄養学科 3名 (1名)
幼児教育学科 4名 (1名)
経営情報学科 8名 (2名)
福 祉 学 科 1名 (0名)

※受験者数の( )は男子内数

■判定結果は、3月8日(土)受験者に郵便で通知します。

Posted   パーマリンク

平成20年度一般U期入試は予定通り実施 [入試情報]

平成20年度一般U期入試は、本日2008(平成20)年3月6日(木)9:30から予定通り実施します。

●一般U期入試・試験時間割に関する詳細は、学生募集要項でご確認ください。

Posted   パーマリンク

08/03/05 (水)

「学長と語る会」を開催しました [学務課]

画像(180x132)

会場の様子

 2008(平成20)年3月5日(水)15:30より、本学大会議室において、金岡学長と学生会(2年生)による「学長と語る会」を開催しました。
 この会は、本学の学生として、学生会員として過ごした2年間を振り返り、思ったこと、感じたことを学長と自由に話し合うというものです。


画像(180x130)

意見を述べる学生

 学生からは、「学生会活動を通して、他学科の学生や色々な人と交流することができて良かった。その触れ合いから新しい自分を見つける事が出来た。」や「学生会役員としての活動と勉学の両立は大変で失敗もあったが、みんなとやってこれて充実した2年間だった。」
 学長からは、「人とのつきあいから、他人の気持が理解できるようになる。いろんな人と触れあってほしい。また、失敗から学ぶことができる。失敗した人を責めるのではなく、仕組みをチェックして改善することで失敗を成功に導いてほしい。」等の意見やアドバイスがありました。

Posted   パーマリンク

「2008(平成20)年度介護技術講習会」の開催について [福祉学科]

PDFファイル(13KB)

2008(平成20)年度介護技術講習会の開催について (13KB)

 富山短期大学では、厚生労働省令に基づいて、介護福祉士国家試験を受ける予定で、実技試験の免除を申請しようとする方を対象に、2008(平成20)年度介護技術講習会を3回開催いたします。

詳細は、左のアイコンをクリックしpdfファイルをご覧ください。

介護技術講習会に関する質問などは、下記までお願いします。

[お問い合わせ先]
〈担当〉西井・井上・石吾
時間:月曜〜金曜 9:00〜17:00
電話:076-436-5146(代)
FAX:076-434-5294
E-mail::fukushi@toyama-c.ac.jp
件名に「介護技術講習会について」とご記入ください)

Posted   パーマリンク

08/03/04 (火)

「先輩から後輩へ」進路ガイダンス開催! [福祉学科]

画像(180x135)

就職先を選ぶ心構えを話す2年生

 2008(平成20)年3月4日(火)4限、卒業式を間近に控えた2年生から1年生へ、進路に関する体験談を話してもらう貴重な機会を持ちました。
 「特別養護老人ホーム」「老人保健施設」「グループホーム」へ介護専門職としての就職が決まっている3人に加え、四年制の福祉系大学へ3年次編入学する1人を交え、多様な進路に対応した数々のアドバイスを聞くことができました。

画像(180x135)

1年生は熱心にメモをとりながら聴いていました

 「いろいろな施設を見て、たくさんの介護職員と出会ってほしい。そこから自分の理想の介護像を持てるようになり、それが面接での自信につながる」(特養内定者)
 「就職試験の傾向や対策は、毎年先輩方が残してくださっているので、それを参考に少しずつでも準備をすることで、落ち着いて試験に臨める」(老健内定者)
 「関心のある施設へは、自分から見学を申し込んだ。そこで働く先輩の話がとても参考になった」(グループホーム内定者)

画像(180x135)

物怖じせず話す2年生の姿に、大きく成長したことを感じさせられました

 また、編入学にも関心を集めていました。
 「ずっと福祉の職場で働いていくには、やはり資格が必要だと実習経験から思うようになった。志望大学のオープンキャンパスに参加して学生の雰囲気を知り、福祉分野では伝統のある大学に決めた」(編入学合格者)
 4人の先輩はしっかりした発言で、1年生からの質問に対しても的確なアドバイスを送ってくれました。

画像(180x135)

就職試験や編入学試験の内容まで、積極的な質問が続きました

 1年生からは次のような質問や感想が聞かれました。
 「編入学する場合、いつからどのような準備を進めればいいのですか」
 「就職先を選ぶとき、給料はどう判断材料にしましたか」
 「面接の受け答えのポイントは何ですか」
 「自分の理想とする介護福祉士像をイメージすることが大切だとわかった」
 「ボランティアや施設見学を通じて、それぞれの施設の特色などを知るように努めたいと思いました」
 

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ