富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

6

2008


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  PHOTO
蔵書点検を実施しました

蔵書点検を実施しました

ホームカミングデーを開催します

ホームカミングデーを開催します

授業紹介:生活支援技術U 視覚障害がある人の援助 ガイドヘルプ体験

授業紹介:生活支援技術U 視覚障害がある人の援助 ガイドヘルプ体験

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

08/06/04 (水)

2008公開講座 大沢野会場はじまる [地域連携センター]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

船木よし美 生涯学習センター長の挨拶

 2008(平成20)年6月4日(水)10時15分より、「2008富山短期大学公開講座」大沢野会場が始まりました。
 富山短期大学公開講座は、生涯学習の機会を提供し、地域社会との連携を深めるとともに、優れた人材の養成と地域の文化及び産業の発展に寄与することを目的としています。大沢野会場では6月・7月中に計4回予定しています。
 初回である今回は、講座の前に開講式も開催され、最初に約60名の受講者を前に、船木よし美生涯学習センター長が開講の挨拶をしました。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

郷倉祀子 幼児教育学科教授の講演


 続いて、郷倉祀子幼児教育学科教授が「幼児とイメージの具現化゛何に見えるかな?"あそび」というテーマで講演と工作指導をしました。
 ほとんどが親子で参加し、工作では、子供達は講師から与えられた材料(白く塗ってある石、木片等)を手に、その形から各自ものに見立て(例:自動車、野菜、人の顔、ロケット等)色を塗ったり、接着剤でくっつけたり、中には、保護者の方が、夢中になってしまう場面も見られましたが、最後には、自分達親子で作った「作品」を手に、満足そうな子供の笑顔が多く見られました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

こんなの出来たよ

 終了後のアンケートでは、「講演の中で、子供のイメージを大切にするように言われてたが、普段すぐに自分が、手を出してしまっているのではないかと振り返って考えてみた」「子供も楽しそうだったし、自分も楽しかった。またこういう機会があれば、参加したい」等の意見が寄せられました。
 残念ながら大沢野会場の申し込みは終了しましたが、まだまだ数多くの講座が予定されています。(こちらの公開講座のポスターをご覧ください。
 みなさん、機会・興味があれば、是非「2008富山短期大学公開講座」に参加してください。お待ちしています。

Posted   パーマリンク

08/06/03 (火)

2年生が富山市民プラザで特別研究の発表をしました [専攻科食物栄養専攻]

画像(180x121)・拡大画像(400x270)

発  表

 2008(平成20)年5月24日(土)、本学専攻科食物栄養専攻2年生が、富山市民プラザ三階AVホールで、特別研究成果発表会を開催しました。
 24・25日の両日富山市民プラザで催された「とやま学生フェスタ2008」(富山県大学連携協議会主催)の一環として実施したものです。

 特別研究とは、専攻科食物栄養専攻の学生が入学時より卒業論文のテーマとして取組んでいる研究です。発表会は中間発表を兼ねて企画され、限られた時間のなかでしたが、2年生から3名が、多数のスライドを準備して熱心に発表しました。
 今後は、発表後の質疑応答を踏まえながら、秋の卒業論文完成に向けてさらに研究を深めてまいります。

画像(180x121)・拡大画像(400x270)

質疑応答

 今回の発表者と題名は、以下のとおりです。

 発表者         題    名
島 紗央里  お茶葉の総ポリフェノール定量と中学茶道部員への調査
千代かよひ  高脂質食負荷による血清脂質およびインスリンの関連性の
          検討
中山恵利華  栄養・作業・運動の複合的療法による認知症への治療効果

Posted   パーマリンク

2008トミタン ボランティア日記 (6/1) [ボランティア活動]

なんとウォーキングフェスティバル
日時: 2008(平成20)年6月1日(日)
主催: 井口地域体育協会いのくちスポーツクラブ

投稿: 専攻科食物栄養専攻 2年生 


画像(90x120)

■活動内容■
7時30分 会場準備  8時30分 受付開始  9時 開会式
9時30分 ウォーキング(3・6・8kmの各コース)
11時30分 ビンゴ大会
12時   閉会式
 チャンピオンコースを参加者とともに歩き、ウォーキング終了後はニュースポーツ(フリスビーストラックアウト)の補助をしました。その他、イベントの準備、片付けをしました。

画像(90x120)
画像(90x120)

■活動の詳細■
 4月から学内にWebボランティア手帳ができてからは、以前よりボランティア活動への興味があったこともあり定期的にボランティアの新着情報をチェックして、自分が参加できそうなボランティアを探していました。
 今回参加した「2008なんとウォーキングフェスティバル 」では、ウォーキングイベントの補助として、参加者の皆様と一緒にゴールを目指して井口の山を歩き、ほかのスタッフの方と距離をとり、歩きながら参加者の様子を確認したりしました。
 参加者の皆様は厳しい道のりを歩きながらも、6月の自然を満喫しました。

■成果(気づきや学び)■
 このイベントに参加することで、他の年代の方々と触れ合うことができ、また他大学の学生と交流することができ。今後、勉強ばかりではなく、ボランティアに参加してメリハリのある有意義な学生生活を送りたいと考えています。

■課題や反省点■
 歩く体力はあると思っていましたが、山道は険しかったです。運動不足を痛感しました。

ボランティア・地域活動センターより
 今後も定期的に、本学学生の「ボランティア日記」を紹介していきたいと思います。
 

Posted   パーマリンク

模擬面接を行いました [就職支援センター]

画像(180x135)

写真1:面接の流れを説明

画像(180x135)

写真2:一人ひとり入室

 本日、2008(平成19)年6月3日(火)、幼児教育学科と福祉学科の2年生を対象に模擬面接を行いました。

 良い例から悪い例まで、面接の流れを説明した後(写真1)、一人ひとり実際に入室練習(写真2)してみました。

画像(180x135)

写真3 :普段見ることのない、緊張した表情

【学生の感想】
「初めて模擬面接を受けて緊張しました。途中、頭の中が真っ白に
なって、上手く質問に答えられませんでした。」
「私は、『礼』」が上手くできなかったので、
 家で鏡を見ながら練習してみようと思います。」

 ※写真は、全て幼児教育学科の様子。

Posted   パーマリンク

08/06/02 (月)

今月の新着図書より(2008年5月受入分) [図書館]

「自然と遊ぼう!感じる力を育む保育環境」 石倉 卓子 著  376.157−イタ
こどもが自然と遊ぶ中で感じたこと、知らず知らずのうちに学んでいることを意識してとらえ、そこで経験していることを7つの自然素材を窓口に整理。感じる力を育む、という観点から保育環境について考える。
本学幼児教育学科の石倉先生の著書です。

「代謝力アップレシピ」 浅野 次義 監修  493.1−タ
代謝力が低下すると脂肪が燃えにくくなる!リバウンドしないダイエット法や、太りにくい体作りの方法をやさしく紹介。代謝力を高めるレシピ50も掲載。

「地球環境キーワード事典」 地球環境研究会 編  519−チ
地球温暖化、オゾン層破壊、生物多様性減少、有害廃棄物越境移動などについて図版写真を多数交えて解説。テーマ別解説をオールカラー化。地球環境問題がよくわかる一冊。

「親指の恋人」 石田 衣良 著  913.6−イイ
 みんな、さよなら。格差、さよなら。ぼくたちは永遠に結ばれます―。大学3年生の江崎澄雄は、出会い系サイトでメールのやり取りをかさねたジュリアと恋に落ちた。しかし、お互いの環境や境遇は極端なまでに違っていて…。

「これ、なあに?」 バージニア・A.イエンセン 作  E−イハ
これ、なあに?これはね、ザラザラ君ですよ−。目の見えない子は凸状になっている絵を指でさわって楽しめ、目の見える子はさわって楽しむという積極性を養える。目の見えない子と見える子の心の架け橋となる画期的な絵本。ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、ドイツ児童文学賞、BIB特別出版賞受賞作。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ