富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

12

2008


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  PHOTO
進路ガイダンスXを実施しました。

進路ガイダンスXを実施しました。

私たちの学生生活、紹介します

私たちの学生生活、紹介します

2012公開講座 八尾会場を開講しました

2012公開講座 八尾会場を開講しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

08/12/14 (日)

平成21年度特別入試B日程の合格者数について [入試情報]

■平成21年度 社会人・学卒者等、外国人留学生 特別入試B日程の合格者数をお知らせします。
判定結果は、2008(平成20)年12月13日(土)、出願者に郵便で通知しています。

特別入試B日程 募集人員 出願者数 合格者数
食物栄養学科
若干名 1名(0名) 1名(0名)
幼児教育学科
若干名 1名(1名) 1名(1名)
経営情報学科
若干名 0名(0名) 0名(0名)
福 祉 学 科
若干名 1名(0名) 1名(0名)
合    計
若干名 3名(1名) 3名(1名)

※( )は男子内数

【入学手続期間】
2008(平成20)年12月15日(月)〜12月24日(水)

●特別入試・入学手続きに関する詳細は、2009(平成21)年度学生募集要項P11〜P14をご覧ください。

●資料請求方法については、本学Webサイト「資料請求」のページでご確認ください。

Posted   パーマリンク

08/12/07 (日)

文部科学省 学生支援GP選定記念「地域フォーラム」開催 [ボランティア活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

金岡学長の挨拶

 文部科学省「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」に本学の「地域をキャンパスとした人間力向上の取組」が選定されたことを記念して、本年3月に続き、平成20年12月6日(土)、「サンシップとやま」を会場にフォーラムを開催しました。

 今回のフォーラムは、「ボランティア・地域活動センター」開設後、本学学生が、学科の特性を活かして取り組んだボランティア実践報告と、本学の取組への感想・提言を内容として行い、地域住民・福祉施設関係者・高校生・本学学生等、約300名の参加がありました。

 実践報告は本学の各学科から1名ずつの学生が参加。
 食物栄養学科1年生 中田聡美さんは、施設等の利用者に対して、朝食喫食状況による栄養バランスの測定・診断を行った体験と学びの発表。他、3学科の学生からもそれぞれ学科の特色を活かした地域活動での成果を報告しました。
 シンポジウムでは、朝日ケア 林社長、市教育委員会 役川社会教育主事、富山県女性財団 牧野係長、本学からは専攻科1年生松井さん、経営情報学科坂井准教授により、本学の取組について討論し、活動による効果と今後の改善点等について意見を交えました。
 フォーラムの最後に、立命館大学 桜井准教授が「地域をキャンパスとした取組を振り返って」と題した講演を行い総括といたしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

本学学生の実践報告

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

シンポジウムでは取組状況のデーターを活用しながら討論が行われました。

Posted   パーマリンク

08/12/06 (土)

ふくらぎ一人一匹使い、魚料理講習会を開催しました [食物栄養学科]

 2008(平成20)年12月2日(火) 魚料理講習会を開催しました。これは調理学の授業の一環として昭和62年より開催しているもので、外部から講師をお招きして、食物栄養学科1年生に教えていただきました。

 今年は、富山県鮨商生活衛生同業組合(お寿司屋さんの組合)から11名、富山県漁業協同組合連合会から2名、新湊漁業協同組合女性部から3名の計16名の方々が講師になってくださいました。また新鮮な800gのふくらぎを、学生一人に一匹ずつ提供していただきました。富山独特の呼び方ですが、1kg程度のブリの子を「ふくらぎ」といいます。

 富山県漁業協同組合連合会の田中良二先生が講師の方々を紹介され、富山県鮨商生活衛生同業組合の竹内茂幸先生が、ふくらぎの3枚おろし、刺身作り、あらのとり方など実演をされました。その後、学生一人ひとりにふくらぎを一匹配り、3枚におろした後刺身を作りラップして各自持ち帰りました。あらからは味噌汁を作り、全員でおいしくいただきました。

画像(180x135)

田中良二先生

画像(180x135)

講師の方々

画像(180x135)

竹内茂幸先生(左)

画像(180x134)

実習風景


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

さしみとあらの味噌汁

画像(180x135)

試食風景


Posted   パーマリンク

08/12/05 (金)

知っ得 一般入試号〜在学生の進路状況〜 [入試・広報センター]

PDFファイル(404KB)

知っ得情報No.33〜Information編〜 (404KB)

 2008(平成20)年11月25日(火)「富山短大 知っ得情報 一般入試号(No.33)」を発行しました。
 今回は、その中から「Information編 在学生の進路状況」を紹介します。

左のアイコンをクリックしてPDFファイルをご覧ください。

 ※「知っ得情報」は本学に進学相談・見学・資料請求等をしていただいた皆さんにお届けしています。

 一般T期入試の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

Posted   パーマリンク

08/12/04 (木)

インターンシップ就業体験発表会で代表学生が発表 [経営情報学科]

画像(180x134)・拡大画像(314x235)

巨大なスクリーンを前に発表

 2008(平成20年)12月3日に富山大学 黒田講堂で開催されたインターンシップ就業体験発表会において、本学を代表して経営情報学科1年 永森 絵梨さんが「就業体験報告」と題して発表をしました。

 このインターンシップ就業体験発表会は、本学を含め富山県内の8つの高等教育機関の代表者がインターンシップを実施しての知見や今後の課題などを約200名の聴衆を前に発表するものです。

 4年制大学の3年生発表者が多い中、本学代表者は1年生でありながらも、自分の発表内容を適切に聴衆に伝えるために、自分自身の言葉で原稿もメモも見ずに発表しました。

 学生の発表では原稿を用意する場合が多く見られますが、経営情報学科ではこのインターンシップ就業体験発表会が開催された当初から毎年、このようなスタイルで発表を続けています。
 
 これは1年次に「教養演習」というゼミ形式の授業を2005(平成17)年度より導入し、1教員あたり10名程度の少人数教育を行い、学生と教員が密度の濃い、また質問等をしやすい環境で発表方法などを極め細やかに教育している成果です。
 本学は、他の4年制大学と比較して学生と教員との距離が非常に近いことが特筆すべき事です。

続きを読む

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ