富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
食物栄養学科 公開特別講演会の開催について

食物栄養学科 公開特別講演会の開催について

龍谷富山高等学校の皆さんが本学を訪問されました

龍谷富山高等学校の皆さんが本学を訪問されました

年始のご挨拶

年始のご挨拶

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

09/10/16 (金)

2009公開講座 八尾会場はじまる [地域連携センター]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

深井生涯学習センター長の挨拶

 2009(平成21)年10月7日(水)、「2009富山短期大学公開講座-八尾会場-」が始まりました。                       
 富山短期大学公開講座は、地域の皆様に生涯学習の機会を提供し、地域社会との連携を深めるとともに、優れた人材の養成と地域の文化及び産業の発展に貢献することを目的としています。
 八尾会場では、「豊かに生きる」をテーマとして、10月に計4回開講します。初回である今回は、講座の前に開講式を行い、深井康子生涯学習センター長が開講の挨拶をしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

船木教授による講演

 続いて、船木よし美経営情報学科教授による講演「樋口一葉を世に出した男たち」が行われました。
 樋口一葉は、5千円札の肖像になったわが国を代表する明治の女性作家です。その彼女の才能をいち早く見出したのは父親の則義であり、半井透水は一葉の作品を発表するために自ら同人雑誌を興し、平田禿木はその偉才に感嘆してすぐに一葉を訪問し、「文学界」に誘っています。一葉の才能を発掘し、それを世に出すために尽力した人びとの話でした。
 受講者18名は熱心に講演に耳を傾けていました。

Posted   パーマリンク

09/10/13 (火)

富山いずみ高校PTAの皆さんが本学訪問されました [入試・広報センター]

画像(180x135)

丸山入試・広報センター長による説明

2009(平成21)年10月13日(火)、富山いずみ高校PTA19名、先生2名、合わせて21名が本学訪問され、経営情報学科・食物栄養学科・福祉学科・幼児教育学科の施設を見学されました。


画像(135x101)

経営情報学科の授業前の模様を見学

画像(135x101)

食物栄養学科の給食実習室を見学

画像(135x101)

福祉学科棟への移動


画像(135x101)

福祉学科の介護実習室を見学

画像(135x101)

福祉学科の入浴実習室を見学

画像(135x101)

幼児教育学科の小児保健実習室の見学



画像(180x135)

トミタンと記念撮影

【見学者の感想】

・授業料が、国立大学と比べて変わらないくらい安いことに驚きました。
・学内は設備が整っていて、非常にきれいだという印象を受けました。
・先生や学生達が気持ちよい挨拶をしてくださり、清々しく感じました。
・今回は短時間で駆け足での見学でしたので、改めてゆっくりと見学したいと思いました。

Posted   パーマリンク

09/10/09 (金)

2009年度 第4回 キャリアデザイン教育を実施しました [経営情報学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

京谷氏による講演

 2009(平成21)年10月9日(金)、経営情報学科1年生を対象に、前期から継続実施しているキャリアデザイン教育の第4回目の講座を実施しました。

 今回も過去3回と同様、株式会社人材情報センター 新卒採用事業推進部長 京谷至大氏を講師としてお招きし、「おとなの自己分析」をテーマに講演していただきました。

 具体的な内容としては、就職活動における今後のスケジュールについての話を聞き、基本的な自己分析を実際に行いました。
 
 自己分析では、講師から「なぜ人は仕事をするのか」という問いが投げかけられ、学生はお互いに意見を出し合いました。また、課題が出され、実際に働いている社会人はこれについてどのように考えているかを調べることとなりました。
 
 ユニークな自己分析の方法だったため、学生は今まであまりイメージのわかなかった自己分析を楽しみながら行っていました。
 

 学生は今後も、11月上旬、12月上旬に2回のキャリアデザイン教育を受けながら、自己分析、業界・企業研究、各企業へのエントリーと2月頃から開始される採用試験への準備を進めて行きます。
 既に多くの学生は、就職活動支援サイトに登録を済ませ、10月1日に解禁されたエントリーを順調に進めています。


 短大は2年間という短期間で勉学と就職活動を行うため、入学直後から卒業という出口を見据え、さまざまなことを同時並行で行う計画を十分に立て、2年間の教育を行っています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

自己分析とグループワーク

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

プレゼンテーション


Posted   パーマリンク

専攻科1年生が体験研修旅行に行きました [専攻科食物栄養専攻]

 2009(平成21)年9月24日(木)から25日(金)まで1泊2日で、専攻科食物栄養専攻の1年生が、体験研修旅行に行ってきました。

 1日目、富山から空路で東京へ行き、スポーツ科学のトップレベルの施設である「国立スポーツ科学センター」を見学しました。地下1階地上7階の建物内にあるトップアスリートが利用するさまざまなスポーツ練習施設や低酸素合宿室などの見学をしました。そして、昼食は7階の栄養指導食堂でいただきました。
 午後は「国立健康・栄養研究所」を訪れ、ヒューマンカロリーメーター(測定室の中で活動するだけで空気組成変化から代謝量がわかる装置)などの、さまざまな施設・設備を見学しました。
そして、国民健康・栄養調査プロジェクトリーダーの由田克士先生から栄養士・管理栄養士のあるべき姿について、また、栄養疫学プログラムリーダーの森田明美先生からは食事摂取基準2010年版についての講義を受けました。由田先生は、常に新しいことを学ぶ意欲を持つことが大切と話されました。

 2日目の午前中は、「お茶の水女子大学」を訪問し、大学院人間文化創成科学研究科の池本真二准教授から、栄養士をとりまく最近の傾向について、栄養士の役割について、キュアからケアへといった栄養学の趨勢の変化などの講義を受けました。
午後は自由行動をし、空路で富山に帰りました。

画像(320x180)・拡大画像(400x225)

国立スポーツ科学センター 記念撮影

画像(180x135)

国立健康・栄養研究所 受講風景

画像(180x135)

お茶の水女子大学 池本先生とともに


 学生の感想は、以下のようなものです。

  • 栄養学の最先端の現場を見学でき、嬉しく思いました。この分野の第一線で働いている人から直接お話が聞け、自分の目指す栄養士像が以前より明確になりました。
  • 国立スポーツ科学センターの、トップアスリートが記録更新のための練習施設や研究設備が整っていることに驚きました。まさに「恐るべし」という感じです。
  • 教科書で見た装置や設備を実際に見学できてよかったです。また、帰りの飛行機から見た東京の夜景がとてもきれいでした。

Posted   パーマリンク

09/10/08 (木)

第46回大学祭を開催します! [学務課]

 2009(平成21)年10月16日(金)〜18日(日)の三日間、「Dream of infinity〜無限の可能性を信じて」をテーマに、第46回大学祭を開催します。
 テレビドラマ「銭ゲバ」のエンディングテーマでもお馴染みの沖縄バンド「かりゆし58」のコンサートや仮装大賞、カラオケ大会など、今年も見どころがたくさんです。
詳しくは、本学Webサイトに公開していますのでご覧ください。

 期間中の17日(土)には、受験希望者を対象とした進学相談会、17日(土)、18日(日)には、在学生の保護者を対象とした保護者懇談会も予定しています。
 是非、お越しください。

画像(127x180)・拡大画像(450x636)

大学祭ポスター

画像(126x180)・拡大画像(451x639)

コンサートポスター


第46回大学祭についての詳細のページをご覧ください。

第46回 富山短期大学 大学祭 Webサイト

【問い合わせ先】
●コンサート関係
サウンドソニック     TEL:076-291-7199

●大学祭イベント関係
富山短期大学 学務課   TEL:076-436-5146

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ