富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2010


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
2014トミタン ボランティア日記(10/13)

2014トミタン ボランティア日記(10/13)

インターネット出願の利用について

インターネット出願の利用について

ボランティア日記〜1泊2日の合宿で小学生のサポートを行いました〜

ボランティア日記〜1泊2日の合宿で小学生のサポートを行いました〜

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

10/07/05 (月)

2010オープンキャンパス パートT(7/17)の詳細が決定しました! [入試・広報センター]

■オープンキャンパス パートT
●日時:2010(平成22)年7月17日(土)13:30〜16:00
●場所:富山短期大学
 ★学生歓迎ライブ、学科紹介&模擬授業、学科別体験・学習コーナー、学科別相談コーナー、総合相談コーナーなど★

<JR魚津、富山、高岡駅からの無料送迎バス時刻>
  魚 津 駅 発 :12:00
  富山駅北口発:12:15/12:40/13:05/13:15
  高岡駅南口発:12:20/12:50
 ※自家用車でお越しの方は本学駐車場をご利用ください。

参加申し込みは不要です。友達、家族と一緒に自由にご参加ください。

●スケジュール
12:45〜13:15 学生歓迎ライブ 在学生が皆さんを歓迎して、cool なパフォーマンスを繰り広げます!
13:30〜14:30 学科紹介&模擬授業 各学科のカリキュラム、実習、取得できる資格、進路などについて説明します。
※学科により開始・終了時間が異なります。
13:30〜16:00 学科別体験・学習コーナー 学科別に模擬授業などの体験コーナーを設けます。
学生がどんなことを学んでいるのかを実際に体験してみましょう。以下に詳しい内容を記載しています。
13:30〜16:00 学科別相談コーナー 各学科の教員が卒業後の進路(就職・進学)などについて説明します。
また、入試や学生生活など、気になる点についての質問にお答えします!
15:00〜16:00 総合相談コーナー 本学のスタッフが学生生活、奨学金、進路(就職・進学)などについての相談に応じます。
気になることは、どんどん相談しましょう♪

画像(127x180)・拡大画像(452x639)

2010OCTリーフレット表面

画像(127x180)・拡大画像(452x639)

2010OCTリーフレット裏面

 リーフレットは、資料請求者、相談会参加者や
見学者等に、配布しています。

PDFファイル(470KB)

2010OCTリーフレット表.pdf (470KB)

PDFファイル(703KB)

2010OCTリーフレット裏.pdf (703KB)

 リーフレットを大きく表示させたい方は、左のアイコンをクリックしてPDFファイルをご覧ください。

2010オープンキャンパスの日程。

昨年の様子は、以下の記事をご覧ください。
2009オープンキャンパスパートTの様子。
2009オープンキャンパスパートUの様子。
2009オープンキャンパスパートVの様子。

(問い合わせ先)
富山短期大学 入試・広報センター
〒930-0193 富山市願海寺水口444
TEL:(076)436-5146 FAX:(076)436-0133


Posted   パーマリンク

10/07/02 (金)

臨床栄養学の公開授業を開催しました [専攻科食物栄養専攻]

 専攻科食物栄養専攻では、2010(平成22)年6月23日(水)、本学A310教室で9時10分から14時40分の時間、専攻科食物栄養専攻の学生、県内栄養士の方など32人を対象に、本年度第1回目の公開授業を開催しました。

 講義では、講師の川崎医療福祉大学大学院教授の小野章史(あきふみ)先生が、「臨床栄養学特論U」科目の一部として、現代の栄養摂取の問題点、胃腸での食物の消化吸収およびそれと糖尿病の検査値との関連、栄養管理などについて説明されました。
 先生の黒板全体に描いた胃から腸までの見取り図による消化吸収の説明は、とても理解しやすいものでした。臨床検査値については、個人毎に代謝スピードが違うことから、検査データを深く読み込む習慣を身に付ける必要があるということです。

 その他、栄養指導の心構えにも触れられ、一人ひとりに最適な指導が必要なので、年代や個性に応じた指導・説明ができるように、普段から具体的な指導案を多数準備しておくことが肝要であると話されました。
 また、管理栄養士国家試験に向けての勉強法についてもご教示いただきました。先生の講義は、豊かな経験と実績に裏付けられたエネルギッシュなもので、聴き手に新鮮な刺激を与えてくださいました。

画像(180x135)

小野章史先生

画像(180x135)

講義風景(1)


画像(320x153)

講義風景(2)

 なお、富山短期大学専攻科食物栄養専攻の今後の公開授業については、平成22年度専攻科公開授業・特別講演会のページをご覧ください。

Posted   パーマリンク

10/07/01 (木)

今月の新着図書より(2010年6月受入分) [図書館]

「入門者のExcel関数」 リブロワークス 著 007.6−ニ
 入門者の学習に適した41種類の厳選した関数で、数式をセルに直接打ち込む手順を一切省略せずに解説する。関数の構造がわかる入門書。関数の入力に役立つ豆知識も掲載。

「絵で見る美しい日本の歴史」 河合真如 著 210−カシ 
 天照大神、大国主神など国造りの神々をはじめ聖徳太子、源氏や平氏、織田信長、吉田松陰など、時代を生き抜いた人物たちの光芒を描く。創世神話から明治維新まで歴史から学ぶ日本人のこころ。

「社会力を育てる」 門脇厚司 著 367.6−カア 
 社会力とは、人と人とがつながり、社会を作る力と提唱した著者。子どもや若者に広がる社会や他人への無関心。協力し、助け合える社会は築けるのか。地域や学校で社会力を育てる必要性を説き、学力重視の教育からの転換を提案する。

「血液型の科学」 藤田紘一郎 著  491.3−フコ 
 日本人は、血液型による性格判断や占いなどが好きだ。その一方、学者達は血液型診断に科学的根拠はまったくないという。血液型で人生や性格のすべてが決まるわけではない。けれども、血液型物質は、体内のあらゆる場所に存在している。そのため、血液型の違いは免疫力の違いに連結しているという。その医学的根拠とは?血液型と病気、性格との関係を免疫学から読みとく。

「ニッポンの農業」 林雄介 著 612.1−ハユ 
 日本の農業の何が問題なのか?まちづくり、産業政策など多角的視点から注目されている農業について現状、問題点、将来的展望を浮き彫りにする。基本的な知識を核に農業にまつわる話題や役立つ情報も収録。

「イメージリテラシー工場」  ジャン=クロード・フォザ 著 707.9−FO 
 どのようにしてイメージを読み解き、またどのようにイメージを生み出すのか。絵画、写真、映画、インターネットなどの幅広い領域のイメージをどう読み解き生成するか。読解力を養うための画期的なビジュアル教科書。

「身体障がい者スポーツ完全ガイド」 土田和歌子 著 780−ツワ
 選手やサポーター、ゴールボールやブラインドサッカーなどの様々な障がい者スポーツや競技。施設、歴史、支援企業まで。現役身体障がい者アスリートである著者がいろいろな側面から身体障がい者スポーツを検証し伝える。

「空 ラスト・フレンズ、その後」 浅野妙子 著 913.6−アタ 
 宗佑の死やみちるの妊娠。衝撃のラストから4年。みちる、瑠可、タケルの3人は、シェアハウスで共に暮らし、みちるの娘るみを育てていた。そんな穏やかな日々は、ある出来事をきっかけに変わっていく。TVドラマ「ラスト・フレンズ」では描けなかった3人のその後と新たな旅立ち。

「小暮写眞館」 宮部みゆき 著 913.6−ミミ 
 高校生の花ちゃんこと花菱英一の両親は結婚20周年を機に中古住宅を購入した。それは、小暮写眞館だったところだ。写眞館の外観をそのままに、両親と花ちゃん小学生の弟4人で暮らし始める。ある日、見知らぬ女子高校生から小暮写眞館で現像したという心霊写真を押し付けられる。花ちゃんは、その心霊写真の真相を探ることにした。

Posted   パーマリンク

10/06/30 (水)

「キャンパスナビ 2010 みらい☆応援団」の放送について [入試・広報センター]

 2010(平成22)年7月2日(金)、22:48からチューリップテレビで「キャンパスナビ 2010 みらい☆応援団」が放送されます。
 本学の学生・教員が富山短期大学の魅力をお話ししています。また、オープンキャンパスの日程なども盛り込まれていますので、ぜひご覧ください!

 チューリップテレビ 「キャンパスナビ 2010 みらい☆応援団」Webページ

Posted   パーマリンク

10/06/29 (火)

インターンシップ事前研修を行いました [経営情報学科]

 2010(平成22)年6月29日(火)、経営情報学科では1年生を対象にインターンシップ事前研修を行いました。
 今年度、インターンシップに参加する予定の経営情報学科1年生67名が、昨年度に参加した2年生の体験談を聴き、インターンシップに臨む姿勢を学びました。

 1年生は、インターンシップに対して多くの期待や不安を抱えていたようですが、経験者と話すことで不安を解消し、期待感を大いに高めたようで、早く就業体験したいという声を挙げていました。

 本学科では、7月に、インターンシップ事前研修の2回目として、学生が社会人として基礎を身につけるマナー講座を開催する予定です。

画像(180x135)

体験談を真剣に聴く様子1

画像(180x135)

体験談を真剣に聴く様子2


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ