富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

5

2011


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
オリエンテーション合宿に行ってきました

オリエンテーション合宿に行ってきました

授業紹介:「保育者論」−富山のママ像とは?−

授業紹介:「保育者論」−富山のママ像とは?−

龍谷富山高校2年生の皆さんが本学を訪問されました

龍谷富山高校2年生の皆さんが本学を訪問されました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/05/17 (火)

学外研修in能登を実施しました [幼児教育学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

幼児教育学科のスローガン

 2011(平成23)年5月13日(金)〜14日(土)、国立能登青少年交流の家で1泊2日の学外研修を行いました。
 この研修の目的は、新入生を歓迎して1、2年生の交流を深めること、幼児教育を学ぶ者としての感性を育むことにあります。

【1日目】
 到着後、1、2年生および教員の混成による4チームに分かれての運動会を開催しました。幼稚園や保育所などでよく行われる「しっぽとり」、障害物リレーの「私は主役」、「綱引き」などで競いました。負けたチームは「くやしいー!」と地団太を踏んで悔しがり、次の課題への意欲について考えました。

 夜は劇やパラバルーンやダンスなど、息のあった出し物で1年生を歓迎しました。表現する喜びなども感じられたのではないでしょうか。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

新入生を大歓迎

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

綱引きの様子


【2日目】
 1年生・2年生混合のグループで、手遊びをしたり、勉強の仕方、試験対策、実習の心得などについて情報交換しました。短い2年間を有意義に過ごし、資質の高い保育者になるため、活発な情報交換が行われました。また、実習グッズがあたるビンゴ大会で盛り上がりました。
 最後に実行委員の先輩たちに1年生が感謝の言葉を伝え、交流の家を後にしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

実習必携グッズは?

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

来年、こんな先輩たちになれるように…


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

能登島水族館

 交流の家からバスで能登島に向かい、ガラス工房、能登島水族館を見学しました。生き物への関心を高め、美しい景色を眺め美しい工芸に触れ、さらに感性を磨きました。

Posted   パーマリンク

11/05/16 (月)

日商PC検定で高い合格率を達成しました [経営情報学科]

 富山短期大学 経営情報学科では、就職活動で評価される資格取得に力を入れています。

 特に、日本商工会議所主催の検定(通称、日商PC検定)では、高い合格率を達成し続けています。
 2月に現2年生が受験した日商PC検定3級の合格率は、文書作成96.8%、データ活用87.0%であり、全国平均の文書作成64.7%、データ活用69.0%を大きく上回る非常に高い合格率であることがわかります。

 この実績は、学生一人ひとりが継続して努力していること、さらに、その気風が受け継がれていること、また、公開講座でも活躍している本学専任教員が懇切丁寧に指導していることが要因だと考えます。
 今後も、「就職に強い経営情報学科」として、学生と教員が一体となって頑張っていきます。


日商PC検定合格率

検 定 名
平成22年度
平成21年度
日商PC検定(文書作成)3級 93名(96.8%) 96名(83.0%)
日商PC検定(データ活用)3級 94名(87.0%) 80名(72.0%)

Posted   パーマリンク

11/05/13 (金)

キャリア・デザイン講座でメンタルヘルスとストレスについて学びました [経営情報学科]

 2011(平成23)年5月10日(火)、キャリア・デザイン講座を実施し、学生はストレスの存在を肯定的に受け止める方法と、ストレスとの付き合い方を学びました。
 連休明けの講義でしたが、気持ちを切り替えて各自真剣に取り組む姿勢が見られました。

 就職活動中の2年生は、内定を獲得するまでに様々なストレスと向き合っています。
 また、多くの卒業生に就職後に苦労しているひとつに、仕事に対するストレスが挙げられ、組織の中で活躍するためには、ストレスとどのように向き合っていくかがポイントになります。
 ネガティブなイメージをもたれるストレスですが、適度なストレスを持つことも成功への架け橋になることを講義で知るとともに、 否定的な気持ちが続く「ディストレス」と、やる気が起きる「ユーストレス」との兼ね合いが大切であることを学びました。

 1年生はこれから始まる就職活動において、どれだけストレスに適応するかが新たな課題になると考えられます。
 自分自身のものの見方や考え方の癖を知ることで、ストレスを予防できるため、徐々にコントロールできるようにしていきましょう。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

キャリア・デザイン講座の様子

Posted   パーマリンク

11/05/11 (水)

「タクティールケア体験セミナー」に2年生が参加しました [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

修了後のワンショット

 2011(平成23)年5月6日(金)、福祉学科2年生8人が、金沢勤労者プラザで開催された「タクティールケア体験セミナー」(日本スウェーデン福祉研究所主催)に参加しました。認知症緩和ケア教育の理念を学ぶとともに、認知症緩和ケアの手法である「タクティールケア」を体験してきました。
 「意識して触れる」ことを念頭において実際に行うと、手はそれほど暖かくなくても身体がぽかぽか温まり、心も優しい気持ちになるという貴重な体験となりました。

 参加者全員が笑顔のまま終了時間を迎え、一緒に参加した卒業生4人も、これからの介護にぜひ取り入れ、利用者とのコミュニケーションに活かしていきたいとの感想が聞かれました。

学生の感想
  • 「『してあげている』というよりも、『させていただいて、ありがとう』という気持ちになった」
  • 「手がぴったりとあたっていて、手が触れた跡がとても温かく、大切にされているという感じがした」
  • 「もっとしっかりできるようになって、実習や就職した後も実施していきたい」

Posted   パーマリンク

11/05/10 (火)

今月の新着図書より(2011年4月受入分) [図書館]

「ウィキリークスの衝撃」 菅原出 著 070.1−スイ
 米国の軍事外交文書の暴露情報サイトとして世界中に衝撃を与えたウィキリークス。ウィキリークスという存在と、前代未聞である機密情報の暴露にまつわる真相を、あらゆる角度から徹底的に検証。国際政治の専門家が徹底分析する『日経ビジネスオンライン』連載を単行本化。

「体験ルポ 国会議員に立候補する(文春新書)」 若林 亜紀著 314.8−ワア
 2010年の参院選へみんなの党から立候補した行革ジャーナリストの若林さん。しかし二世でもチルドレンでもない素人による選挙活動は困難を極めました。自宅マンションを担保に資金を工面したものの、選挙カーレンタルにポスター、ハガキ、ビラ配りにと、予算はどんどんオーバーしていきます。霞が関へ乗り込み糾弾演説もしますが、結果は落選。政策より金がモノを言う現行の選挙制度。国会議員の選挙戦を、立候補者の側から赤裸々に書いた一冊。

「一億総うつ社会 (ちくま新書)」 片田 珠美 著 493.7−カタ
 「新型うつ」と呼ばれる、従来とは異なるタイプの患者の増加の背景には、診断マニュアルの改訂による「うつ」概念の拡大や、投与しやすい新しい抗うつ薬の登場があります。が、同時に、自分の病気を安易に他人のせいにしがちな新型うつ患者の増加現象の深層には、過剰な自己愛と、それを許す社会の変容という問題が潜んでいることも見逃せないと著者は警告します。誰もがうつになりうる現代社会の病理を解明し、その処方箋を提示しています。

「フード・インクごはんがあぶない」エリック・シュローサーほか著 611−フ 
『ファストフードが世界を食いつくす』のエリック・シュローサー、『雑食動物のジレンマ』のマイケル・ポーラン、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌスなど錚々たる執筆陣による食の警告書!知らぬ間に蝕ばまれるあなたの身体!疲れがとれない、身体がだるい、やる気が起こらない、頭がいつも痛い。原因不明のその症状、もしかしたら食事や日用品が原因かも知れません。

「LRT-次世代型路面電車とまちづくり-」宇都宮 浄人・服部 重敬 共著 681.8−ウキ
 LRT(ライト・レール・トランジット)。次世代型路面電車と訳され、全国的にも導入・検討を進める自治体が増えています。歴史的経緯から特徴、まちづくりと経済効果、市民意識の重要性などを解説しています。もちろん、富山ライトレール「ポートラム」も取り上げられていますよ。

「苦役列車」西村賢太 著 913.6-ニケ
 友もなく、女もなく、一杯のコップ酒を心の慰めに、その日暮らしの港湾労働で生計を立てている十九歳の貫太。或る日彼の生活に変化が訪れたのですが…。昭和の終わりの青春に渦巻く孤独と窮乏、労働と因業を渾身の筆で描き尽くす表題作と「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」を収録。第144回芥川賞受賞。

「へんしんクイズ」あきやま ただし 著 E−アタ
 ベルトは飛べる? ご老人のお名前は? クイズを出しながら、関連することばを何度もとなえると、そのことばが答えに早変わり。思わぬことばのへんしんに大笑いしてしまいます。読み聞かせにも最適な楽しいことばあそび絵本「へんしんシリーズ」。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ