富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

5

2011


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
南砺福野高校3年生の皆さんが本学を訪問されました

南砺福野高校3年生の皆さんが本学を訪問されました

「出町児童センター クリスマスのつどい」ボランティア活動

「出町児童センター クリスマスのつどい」ボランティア活動

小杉高校の皆さんが本学を訪問されました

小杉高校の皆さんが本学を訪問されました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/05/30 (月)

富山県障害者スポーツ大会に1年生全員が参加しました [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

開会式での誘導

 2011(平成23)年5月15日、日曜日の朝7時30分から、富山県総合運動公園陸上競技場(富山市南中田)で行われた第11回富山県障害者スポーツ大会(陸上競技会)に、福祉学科の学生48名が運営補助員として参加しました。
 

画像(180x135)

待機テント前の様子

 爽やかな五月晴れのもとで、開会式のプラカード係や式典の設営、そして選手の皆さんの種目ごとの誘導など、多くの場面で学生一人ひとりが実にはつらつと行動し、その責任を果たしていました。
 また、競技の合間には選手と楽しそうに言葉を交わしたり、競技中は大きな声で声援を送ったりする様子も見られ、学生にとってかけがえのない経験となったようです。

画像(180x135)

待機中の選手との交流

 学生の感想をいくつか紹介します。
「選手を誘導する際にコミュニケーションをとれたことが、自分の中でとても嬉しく感じました。また、選手を誘導するという責任感も、良い経験になりました。」

「聴覚障害の方とはわからずに、ずっと話しかけていました。今後は手話を体得して、誰とでもコミュニケーションがとれるようになりたいです。」

画像(180x135)

参加選手の召集の様子

「聴覚障害がある方とのコミュニケーションに戸惑いましたが、自分が覚えている手話やジェスチャーで何とか伝えようと努力してみました。以前から手話に関心がありましたが、関心がさらに深まりました。」

「選手の方が一生懸命に走ったり笑ったりしている姿を見て、今回の障害者スポーツ大会に参加できて本当に良かったと思いました。これからも、ずっとこの大会が続いてほしいです。」

画像(180x135)

視力障害の選手を誘導

「開会式で先導したのは聴覚障害の方々でした。多くは話せませんでしたが、挨拶して礼をすると皆さんが返してくれました。また、誘導したのは知的障害の方々でしたが、話しかけると身を乗り出して返答してくれました。会話も普通にできました。『障害者』というと、少なからずネガティブなイメージを抱いてしまいますが、普通の人と何も変わらない素敵な人達だと思いました。爽やかな青空の下、多くの方々と楽しい時間を共有できたことは、とても意義深く、貴重な体験になったと思います。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

選手のペースに合わせて誘導

「初めは、とても緊張しましたが、自分の仕事をしっかりとできたので良かったとほっとしています。選手の方が真剣に競技している姿にも感動しました。また、良い記録、自分の納得のいく記録がでたときの選手のみなさんの笑顔をみていると、私もとても嬉しい気持ちになりました。」
「初めてのボランティア活動で、とても緊張しました。いろいろな障害を持っている人達と出会う機会を作ってもらえた事に感謝しています。選手のみなさんの生き生きとした顔がすごく印象深かったです。」

画像(180x135)

競技役員にも確認

「私は初めて障害者の方と交流したのですが、いろんな障害の方とコミュニケーションがとれて、とてもよい経験になりました。また、選手の皆さんの必死に競技に取り組んでおられる姿を見て感動したし、勇気づけられました。障害をもっているけど笑顔を絶やさず、いきいきと輝いておられたり、緊張している私に気軽に声をかけてくださったりと、私たちと何ら変わりない方々ばかりで驚きました。来年もこの大会に参加したいし、積極的に障害者施設へ実習に行きたいと思いました。」

Posted   パーマリンク

11/05/26 (木)

訪問介護実習の特別講義を行いました [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

訪問介護の専門性を説く横田所長

 2011(平成23)年5月12日(木)15:00〜16:00、福祉棟D206教室で、6月に訪問介護実習を行う福祉学科2年生を対象に、滑川市社会福祉協議会ホームヘルパーステーションの横田れい子所長による「訪問介護実習特別講義」を開講しました。
 「訪問介護の実際」と「実習生に望むもの」をテーマに、ご自身の体験談をもとにして、具体的事例とともに紹介していただきました。また、訪問介護を取り巻く職種との連携についても、わかりやすくお話いただきました。

 学生たちは、やさしい笑顔を絶やさず話される横田所長からの講義によって、初めての在宅実習に向けての不安が期待へと大きく変わったようでした。

Posted   パーマリンク

11/05/25 (水)

平成23年度 第1回FD・SD研修会を開催しました [学務課]

 2011(平成23)年5月20日(金)、本学教職員を対象に平成23年度 第1回FD・SD研修会を開催しました。
 FD・SD研修は、教員および職員の教育・職務内容改善を目的として行っています。

 今回は、呉羽消防署の方を講師を招き、心肺蘇生法の手順や方法、AEDの取り扱い方をご指導いただきました。
 緊急時の初期対応方法の説明、デモンストレーションを行っていただいた後、教職員もデモ器と人体モデルを使って、緊急事態を想定したトレーニングを行いました。

【参加者の感想】
「人工呼吸やAEDのやり方など、年々変わっていくものもあるが、今回は最新の知識を知ることができて良い研修でした。今後も定期的に研修を受け、手順を確認していく必要性を感じました。」
「初期対応や判断方法についても教えていただき、緊急時に臆することなく行動に移すことができるのではないかと思います。」

 なお、AEDの機器は、A館学生掲示板横の廊下に設置してあります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

消防署の方からの講義

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

AEDを使ってのデモンストレーション


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

デモ器での実践練習

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

心肺蘇生の手順について講習


Posted   パーマリンク

11/05/23 (月)

学生総会と球技大会を開催しました [学務課]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学生会紹介の様子

 2011(平成23)年5月20日(金)、本学学生会が学生総会および球技大会を主催し、約700人の学生が参加しました。

【学生総会】
 「学生総会」では、学生会役員紹介、学生会年間計画、平成22年度決算報告および平成23年度予算案についての説明があり、学生の承認を得ました。

 続いて、「球技大会」を開催しました。男子はバスケットボール、女子はバドミントン、ドッヂボールの試合を行い、心地よい汗を流しながら学生相互の親睦をはかりました。


<競技結果>
■バドミントン1年        ■バドミントン2年
優勝   1-4(幼児教育)    優勝  2-3A (幼児教育)
準優勝  1-1(食物栄養)   準優勝 2-6B(経営情報)

■ドッヂボール1年       ■ドッヂボール2年
優勝   1-4B(幼児教育)  優勝   2-3A(幼児教育)
準優勝 1-3A(幼児教育)  準優勝 2-8(幼児教育)

■バスケットボール(男子1,2年)
優勝   2-6A(経営情報)
準優勝 1-3・1-4合同(幼児教育)


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

1年ドッヂボール

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

男子バスケットボール

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

白熱した試合!バドミントン

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

表彰式の様子


Posted   パーマリンク

11/05/20 (金)

呉羽山で野鳥観察をしました [幼児教育学科]

 2011(平成23)年5月12日(木)、幼児教育学科1年生が「野鳥観察の日」として富山市の呉羽山一帯の自然散策を行いました。
 この催しは、富山県が主催する愛鳥週間行事の一環であり、野鳥を中心とした自然を通して環境教育のあり方を体験するもので、今年で35年目になります。

 学生達は5班に分かれ、県野鳥観察指導員や県自然博物館ねいの里の職員の方々の解説を聞きながら、安養坊の八幡社から八ヶ山公園まで、約4kmの道のりを歩きました。
 道中では、黄色で姿かたちの美しい「キビタキ」、飛び方に特徴のある「イカル」、日本で子育てを行う渡り鳥「センダイムシクイ」、ヒヒヒヒーという鳴き声の「エナガ」など、27種類の野鳥を確認することができました。また、呉羽山に生息する鳥以外の動物や植物についての貴重なお話をうかがうことができました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ナチュラリストの方の説明に聴き入る学生

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

声のする方向をみんなで探します


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ほら、あそこにもいるよ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

最後に全員で「鳥あわせ」を行いました


 参加した学生からは、
 「鳥や植物に関する幅広い知識を得るとともに、自然の大切さや偉大さを強く感じることができた」
 「鳥の鳴き声に耳を澄ませ、充分にバーディング(野鳥観察)ができた。一日自然に触れることができて楽しかった」
 「自然やそこに住む動物達と触れ合うことによって、自然の雄大さはもちろん、生きているという実感や生命力を感じることができた」
 などの声が聞かれました。

 参加者一人ひとりが心静かに自然と触れ合い、感性を磨くことができた充実した一日でした。
 この自然との触れ合いは、学生達が幼稚園・保育所の先生として現場に立ったとき、自然の中で遊ぶことの大好きな幼児の保育に必ず生きてくる、貴重な体験となりました。このような機会を与えてくださった、県自然保護課の皆様に感謝いたします。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ