富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

6

2011


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
こどものための音楽会を開催しました

こどものための音楽会を開催しました

茶道部が「七夕茶会」を開催しました

茶道部が「七夕茶会」を開催しました

魚の卸し方講習会を開催しました

魚の卸し方講習会を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/06/08 (水)

委託給食会社の合同就職説明会を開催しました [食物栄養学科]

 2011(平成23)年5月14日(土)、食物栄養学科では本学科2年生を対象に委託給食会社の合同就職説明会を開催しました。
 委託給食会社とは、病院・福祉施設・一般企業などから委託を受け給食を提供する企業のことです。

 就職説明会では、全国規模の会社と富山県内最大級の会社の計2社から人事担当者に来ていただきました。各委託給食社の概要、具体的な仕事の内容、勤務地、勤務条件、入社後の研修制度などきめ細かく説明された後、会場からの質問にも丁寧に答えてくださいました。
 学生は会社のパンフレットや求人情報を手に取りながら、熱心に聞いていました。

 本学科卒業生の多くが委託給食会社、老人福祉施設、病院、学校・保育所、食品製造会社などに就職しています。
 不況による就職難にもかかわらず、平成22年度卒業生も就職率100%を達成できました。採用いただきました会社・団体の方々に深くお礼申し上げます。

画像(180x119)
画像(180x119)

Posted   パーマリンク

11/06/07 (火)

キャリア・デザイン講座でモチベーションの要因について考えました [経営情報学科]

 2011(平成23)年5月31日(火)のキャリア・デザイン講座では、これまで自分自身が歩んできた人生について振り返る人生グラフの作成と、そこから見えるモチベーションのあり方を探索しました。
 これまでの人生はその過程で、モチベーションが高いときや低いときが存在しました。それらを可視化する人生グラフを作成する目的は、「興味・能力・価値観」が偏ることによってモチベーションの高低が決まることを見出すためにあります。
 過去を概観してモチベーションが上がったときには、何が要因になったのかを分析することが大切であり、その要因こそが、今後の就職活動や職業選択を行う際に大きなヒントになります。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

人生グラフについて

 ここでの「興味」とは、関心のある物事であり、誰かに強制されなくても主体的に行動できることを意味します。
 また、「能力」はスキルや得意なこと、「価値観」は大切にしたいことに該当します。
 これらの説明を受けた後、過去の自分自身の生き方がこれからの人生のヒントになることを念頭に置いて、過去を振り返って自分史を作成しました。自分史の作成は目標ですが、最終的な目的は上記の興味・能力・価値観を見出すことです。
これを踏まえて内発的動機を見出し、職業選択に役立てることを目指していきたいと思います。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

「興味・能力・価値観」

Posted   パーマリンク

11/06/06 (月)

日商簿記検定3級試験直前対策講座を開講しました [経営情報学科]

 2011(平成23)年5月28日(土)13:00から、富山駅前CiCビル3階の富山国際学園サテライト・オフィス「地域交流センター」で、日商簿記検定3級試験直前対策講座を実施しました。
 今回は、日商簿記検定3級の受験予定者を対象として、本学経営情報学科 加納講師が担当し、約20名が参加されました。
 開催に先立ち、本学生涯学習センター長の深井教授が開講の挨拶と公開講座の主旨を説明しました。

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

深井生涯学習センター長の挨拶

 今回は、一般の社会人から大学生までが幅広く受講し、日商簿記検定試験の人気の高さが伺えました。
 講座では、受講生が実際の日商簿記検定3級試験を想定した問題を解き、加納講師がその解説を行う流れで進行しました。

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

加納講師の講義

 また、その他にも試験日までの2週間を有効に活用するスケジュール管理、また試験会場での過ごし方に至るまで、きめ細かに指導を行い、講座終了後にも加納講師が多くの質問に答える、熱気あふれる講座となりました。

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

受講生の質疑に対応する加納講師

Posted   パーマリンク

11/06/03 (金)

授業紹介:保育内容(音楽表現U)−「声と身体表現遊び」 [幼児教育学科]

 2年生の「保育内容(音楽表現U)」(難波純子 講師 担当)では、自由で即興的な身体活動を体験する授業を行っています。この授業の目標は、豊かな身体表現性を身につけ、自身のからだの感性を磨くことです。

 授業の第5週目にあたる2011(平成23)年5月17日(火)、19日(木)に、2年3組、4組の学生たちが「声と身体表現遊び」をテーマに息遊びの演習を行いました。

 息をコントロールすることは、声を出すためにも、身体をリラックスさせるためにも大切です。そこで、まずは自分の呼吸を意識して息を届けるために、紙風船を使った息遊びをしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

息の量をコントロールして届けるのは意外と難しい

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

均等に息がかかると紙風船は宙に浮くよ! みんなで息を合わせて、「せーの!」


 次に、「仲間と息を合わせる体験」として、10人程度のグループで円になって寝転び、真ん中に置いた紙風船に向かって一斉に息を吹き、紙風船を上に持ち上げることに挑戦しました。
 紙風船が宙に浮くのは全員の力が合った時だけで、力が強すぎてもタイミングが合わなくてもうまくいかないことや、同じ分量の息を出すこと、気持ちを合わせることが大切であることを学びました。
 何度も失敗した後に20pほど宙に浮かすことができたグループは、「みんなの息がピッタリ合って一致団結し、感動した!」と、グループ意識も高まり、達成感を味わったようでした。

 また、「音は振動である」ということを身体で理解するために、二人で1個のゴム風船を持ち、お互いに様々な声を出し合い、どういう声の時にどのように振動するのか、確かめ合いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

新発見!低い声の方がビリビリ感じるよ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

口を閉じた「ん」の時は震えないね


 最後に、風船をたくさんつなぎ、声を出して振動が感じられるのは何個までか試してみました。その結果、最大7個までつないでも、声の振動が向かい側にいる相手に伝わることがわかりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

こんなにたくさんつなげても、まだ振動が伝わるよ!


 「音」や「声」を知る際に、聴覚だけではなく触覚でも感じることにより、自分や相手の声に目覚めることができた演習でした。
 自分の声を体全体で届ける体験は、単純でありながら大事なプロセスであることを学び、伝え合い、感じ合う表現の喜びを知る機会となりました。

Posted   パーマリンク

11/06/02 (木)

今月の新着図書より(2011年5月受入分) [図書館]

「日本でいちばん働きがいのある会社」 和田 彰編著 335.2-ワア 
2010年度(働きがいのある会社)としてGPTWが認定、および『日経ビジネス』(2010年3月1日号)でランキング発表した上位25社のうち、“働きがい”に関して特色ある取り組みを行なっている10社の事例を紹介。

「むすんでみよう子どもと自然―保育現場での環境教育実践ガイド」井上 美智子ほか著 376.154−ム
 保育の中の自然とのかかわりをもっと豊かにしたい。幼児期からの環境教育って何?子どもにもっと豊かな体験をしてもらいたい。体験をイベントにおわらせたくない。・・・自然とのかかわりは取り入れているけれど、もう一歩、先に進んでみたい保育者のための実践ガイドです。

「あの医学都市伝説ってホントなの?」 森田豊 著 490.4-モユ
 ストレス、美容、健康法、ハゲる、太る・・・。 気になるウワサは真実? それとも迷信? ◎各駅停車にしか乗れない病気があるってホント? ◎パーマをかけ過ぎるとハゲるってホント? ◎朝のジョギングは健康にいいってホント? ◎寝ないと太るってホント? ◎身体を洗い過ぎると臭くなるってホント? ・・・など全82項目。

「ルポ 認知症ケア最前線(岩波新書)」 佐藤 幹夫 著 493.7−サミ
 高齢になれば誰でもなる可能性がある、わたしたちのこの超高齢社会が向かい合わねばならない課題、認知症ケア。ケアを必要とする人/担う人が、地域と連携し、新たな可能性に挑み、切り拓いている日本各地の試みを、共感と確信に満ちたルポで紹介しています。

「エコデザイン」 浅井 治彦 益田 文和 編 501.8−エ
 我慢をせずに地球を守るデザインの真髄。モノづくりから暮らし方まで、かっこよくエコロジー。現役デザイナーの視点から見て重要だと思われるエコデザインの基礎知識や、手法、実例、便利な資料等をコンパクトにまとめた本。

「原発事故 残留汚染の危険性」 武田 邦彦 著 543.5−タク
 福島原子力発電所で起きた大変な事故。そもそもなぜ起きたのか、安全ではなかったのか。現場では何が起きているのか。これからどう対処していけばいいのか・・・。ブログにアクセス集中の専門家・武田邦彦氏が、「こんな非常事態だからこそ、原発問題に関する今までのタブーを表にすべきときです」と綴った衝撃の一冊。

「野菜を干せば、こんなにおいしい!―― 干し野菜 感激レシピ」小田 真規子著 596.3−オマ
 新聞、雑誌やテレビで紹介され、人気急上昇中の「干し野菜」。野菜は干すことによってうまみが凝縮され、驚くほどおいしく!水分が抜けるから、炒め物、煮物などの調理もスピーディーに。おまけに、アク抜き、下ゆでもいりません。それでも、「ちょっと面倒くさそう…」という人には、電子レンジで作る方法も紹介。

「放課後はミステリーとともに」 東川 篤哉著 913.6-ヒト
 鯉ケ窪学園高校探偵部副部長・霧ケ峰涼の周辺には、なぜか事件が多い。校舎から消えた泥棒、クラスメ-トと毒入り珈琲一族との関わり、校外学習のUFO騒動――。解決へ意気込む涼だが、ギャグが冴えるばかりで推理は発展途上。ユーモア学園推理の結末は?
「謎解きはディナーのあとで」で本屋大賞を受賞した著者の最新作です。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ