富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2011


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
インターネット出願の導入について

インターネット出願の導入について

2014トミタン ボランティア日記(8/10)

2014トミタン ボランティア日記(8/10)

第14回福祉学科公開セミナー開催

第14回福祉学科公開セミナー開催

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/07/05 (火)

今月の新着図書より(2011年6月受入分) [図書館]

「情報を読む技術」 中西 輝政著 002.7−ナテ
 世の中に氾濫する情報を、どう読み、どう活用するか。氾濫する情報のウラに隠された意図まで読み解かなければ、本当の意味で情報を活かすことになりません。◆「タダほど怖いものはない」-簡単に得られる情報の恐ろしさ ◆報道の大小で重要性を判断しない-「事なかれ主義のマスコミ」に気をつける、など実践的情報活用術。

「私家版 差別語辞典 (新潮選書)」 上原 善広著 361.8-ウヨ
 この本でとりあげられている「言葉」は、いわゆる「放送禁止用語」ばかりです。「差別する言葉」はなぜ生まれ、なぜ消えていったのか?抗議と自主規制により「消えた言語」となってしまった現状も抉(えぐ)ります。

「大学生がダマされる50の危険 (青春新書プレイブックス)」三菱総合研究所 全国大学生活協同組合連合会著 377.9−タ
 「迷惑メールを解除させる手続き」と見せかけて個人情報を取得。就職に有利という謳い文句で高額な教材を売りつける。「当選しました!」―ノセて契約に結びつけるetc。
だまされる前に!学生と親のための「安全生活」マニュアルです。

「「働きたくない」というあなたへ 」山田ズーニー著 377.9−ヤス
 「働きたくない」というあなたへ。自由や居場所はどうやって手に入れるのだろう? ネットで、空前の大反響を巻き起こした仕事論をまとめたコラム集。「働く」ことを見つめなおしてみませんか。

「新装版 食卓にあがった放射能」 高木 仁三郎著 498.54-タシ
 また、放射能ものですが・・この本はフクシマではなく、チェルノブイリの原発事故による食品汚染について書かれた本の新装版です。放射性物質の汚染が全ヨーロッパと西アジアに及んだこと、汚染が葉からか根からかの時間差、食物連鎖で濃縮されること(魚など)、汚染された食品が途上国に売られたり加工用に流通したことなど。
少しでも、放射能摂取を少なくするために必読です。

「伝わる!文章力が身につく本」 小笠原 信之著 816-オノ
 今スグ使えるちょっとした80のコツを見開き2ページで、具体例を交えて説明しているので、とてもわかりやすい構成になっています。企画書、報告書、宣伝・PR文、レポート、小論文、作文、メール、ブログが明快に書けるようになるはずです。

「真夏の方程式」 東野 圭吾著 913.6-ヒケ
 夏休みに美しい海辺の町にやってきた少年。そこで起きた事件は、事故か殺人か。少年は何をし、湯川は何に気づいてしまったのか。
 待望のガリレオシリーズ最新作です。

「エリカ 奇跡のいのち」
ルース・バンダー ジー(著) ロベルト インノチェンティ(絵) 柳田 邦男(訳) E−イロ

 ナチスドイツによって収容所に送られるユダヤ人の家族。 その貨車の換気用窓から投げ出された赤ん坊。 それが、この物語の主人公エリカです。第2次世界大戦中のドイツで奇跡的に生きのびた、ひとりの女性の物語。柳田邦男氏が初めて訳した絵本です。

「チャイルド44(新潮文庫)」(上・下) トム・ロブ・スミス著 B933-スト-1
 罪のない子どもたちが次々と惨殺されているのに、捜査することすら許されない。スターリン体制下の旧ソ連を舞台に、主人公が姿の見えない連続殺人鬼を追っていく。・・・
 著者のデビュー作にして、英国推理作家協会賞、日本でも2009年版このミステリーがすごい!の海外編第1位の作品です。

Posted   パーマリンク

11/07/04 (月)

キャリア・デザイン講座で職業研究について議論を交わしました [経営情報学科]

 2011(平成23)年6月28日(火)のキャリア・デザイン講座では、5月に課題として与えられていた「職業研究」について、同業種を希望する学生ごとにグループを組み、より詳しい職業観について考えました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

 職業研究を行う前段階として、「意思決定」についての考察を行いました。
 自覚、分析、候補、情報、選択、行動、結果というプロセスについて、それぞれを明確にすることで、合理的な選択を行うことが「意思決定」であり、これに基づいて職業研究を行う理由は、社会についての視野を広げることで自分自身の可能性を広げるために行うものです。

 知らなかった社会を知ることで、隠れていた職業に出会える可能性を高めることができます。また、業界ごとが密接に絡み合っていることで、職業選択の幅も広がります。そして、同業種の企業を比較することで、明確な志望動機を考えることができるため、就職活動の準備段階で不可欠な作業と言えます。

 さらに、より詳細な職業研究のためには、

@どのような人材が求められるか
A就くためにはどのような資質が必要か
B業界・業種の特徴は何か
C具体的な企業名を出すことができるか
D企業ごとの特徴を挙げる

 などを明確に調べることが必要になります。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

 インターネットで検索が容易になった現在、「物事の本質」を知ることは、とても難しくなったと言えます。
 この課題に対して希望する職業ごとにグループを形成して、考え抜いた結果は様々でしたが、将来の方向性について貴重な議論が交わされました。
 今週議論した内容を踏まえて、来週はいよいよ自己アピール文を書き始める予定です。

画像(240x159)・拡大画像(640x426)
画像(240x159)・拡大画像(640x426)

Posted   パーマリンク

11/07/01 (金)

北陸三県私立短期大学体育大会に出場しました [学務課]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

開会式 星稜大学講堂にて

 2011(平成23)年6月25日(土)と26日(日)の両日、第44回北陸三県私立短期大学体育大会が星稜女子短期大学で開催されました。
 この体育大会は、北陸三県の9私立短期大学間でスポーツを通して、学生の健康と体力の向上を目指し、明朗な学生生活と、学生相互の親睦を図るものです。

 本学からは、バレーボール、バスケットボール、卓球、バドミントン、ソフトテニス、テニス、ソフトボールの7競技にエントリーし、68名の選手が健闘しました。

どの種目も短い練習期間での成果を発揮し、すばらしい成績を残すことができました。

【学生の感想】
・チームみんなでまとまっての練習はあまりできませんでしたが、試合では声を掛け合い必死にプレーすることができました。
・結果はまずまずでしたが、チームのみんなで試合ができたことが楽しかったです。
・他の学校と対戦をして、高校時代の部活を思い出しました。なかなか本気で競える機会がないので、とても貴重な時間でした。

画像(180x135)

バレーボール VS富山福祉短大

画像(180x135)

バスケットボール VS金城大学短期大学部

画像(180x135)

卓球 シングルス3位入賞

画像(180x135)

バドミントン ダブルス

画像(180x135)

ソフトテニス ダブルス3位入賞

画像(180x135)

テニス 団体戦優勝

画像(180x135)

ソフトボール 試合前の気合い入れ


■成績結果
・テニス     個人戦(ダブルス)【優勝】
          団体戦       【優勝】
・卓球      個人戦(シングルス)【3位】2名
・ソフトテニス 個人戦(ダブルス)【3位】

Posted   パーマリンク

11/06/30 (木)

7月1日、2日に「キャンパスナビ 2011 みらい☆応援団」が放映されます [入試・広報センター]

 チューリップテレビ「キャンパスナビ 2011 みらい☆応援団」で本学が紹介されます!
 放映日時は次のとおりです。

 ●2011(平成23)年7月1日(金)22:48〜
 ●2011(平成23)年7月2日(土) 9:25〜(再放送)

 『「キャンパスナビ 2011 みらい☆応援団」の撮影が行われました』の記事へ

 放送終了後には、チューリップテレビ 「キャンパスナビ 2011 みらい☆応援団」Webサイトで、番組内容を視聴することができます。
 お見逃しないように、ご覧ください。 

Posted   パーマリンク

第16回楽しい福祉セミナーのご案内 [福祉学科]

 2011(平成23)年7月16日(土)の11:00から、富山短期大学 福祉学科では、第16回「楽しい福祉セミナー」を実施します。
 同日午後からは、オープンキャンパス パートUを開催しますので、午前中は楽しく福祉や介護について学んでみませんか?

 今年は「聞き手はキャッチャー!あなたのリードで進めるコミュニケーション技術」のテーマで、福祉分野だけでなく、日常生活においても役立つ内容を準備しています。

■開催日 : 2011(平成23)年7月16日(土)
■時  間 : 11:00 〜 12:30
■会  場 : 福祉棟3階 D303教室
■対  象 : 高校生(学年を問いません)
■参加費 : 無 料 ※希望者には軽食もご用意いたします。
■参加申込締切 : 2011(平成23)年7月11日(月)

 たくさんのご参加をお待ちしております。

PDFファイル(16KB)

第16回楽しい福祉セミナー (16KB)

 詳細は、左のアイコンをクリックし、PDFファイルをご覧ください。

PDFファイル(13KB)

セミナー申込書 (13KB)

 セミナー申込書は左のPDFファイルをご利用ください。

 セミナーに関するご質問は、次のお問い合わせ先にご連絡ください。


【お問い合わせ先】
  担当:関・焼田
  時間:月曜〜金曜 9:00〜17:00
  電話:076-436-5146(代)
  FAX :076-434-5294
  e-mail:fukushi@toyama-c.ac.jp

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ