富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

9

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
  PHOTO
龍谷富山高校2年生の皆さんが本学を訪問されました!

龍谷富山高校2年生の皆さんが本学を訪問されました!

冷凍食品料理講習会を開催しました

冷凍食品料理講習会を開催しました

学生食堂の魅力がニュース番組で紹介されました!

学生食堂の魅力がニュース番組で紹介されました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/09/30 (金)

今月の新着図書より(2011年8、9月受入分) [図書館]

「こんなにスゴイ 日本のレスキュー隊」 菊池 雅之著 317.7-キマ
東日本大震災での消防・警察・自衛隊の対応に改めて、感謝の気持ちをもった人は多いことでしょう。 阪神淡路大震災を教訓にして誕生した東京消防庁ハイパーレスキューをはじめ、全国20の特別高度救助隊をクローズアップ。非常時に活躍する命を守る特殊車両や機材を徹底紹介した本です!

「10分でできる!手作り楽器の作り方・遊び方アイデア集」谷中 優著 357.7-タス
空き缶やビン、ペットボトル等々のゴミを含めた身の回りのものを利用し、手作りの楽器を作ってみんなで音あそび…子どもたちばかりでなく、大人たちも楽しめる手作り楽器づくりに取り組んでみませんか。

「治りませんように――べてるの家のいま」斉藤 道雄著 369.28-SA
精神障害やアルコール依存などを抱える人びとが、北海道浦河の地に共同住居と作業所〈べてるの家〉を営んで30年。精神障害を抱える自分を受け入れる生を選びとった時、見えてくる確かなもの――ユニークな治療が注目を集める〈べてるの家〉からのメッセージ。

「宮城県気仙沼発! ファイト新聞 」 ファイト新聞社著 369.3-ミ
東北地方太平洋沖地震の発生から1週間後の3月18日。避難所で暮らす小学生の呼びかけによって、「ファイト新聞」が始まりました。テレビや新聞の取材が相次ぎ、応援の手紙が全国各地から寄せられた、その創刊から1カ月半の全号を収録。子どもの持つ明るさ、エネルギー、溌剌さが伝わってくる、みんなに手にとって欲しい本です。

「コンビニのない町の義肢メーカーに届く感謝の手紙」中村 俊郎著 494.7-ナト
人口わずか500人の町、島根県の大森町にある義肢装具会社・中村ブレイスには、世界中から感謝の手紙が届いています。中村社長の仕事哲学と、お客様から届いた34通の手紙から、働くことの意義や仕事の喜びを伝えます。就活中の学生、働くことに意味を見出せない人、仕事で感動することを忘れている人、必読の書です。

「シック・マザー : 心を病んだ母親とその子どもたち」 岡田 尊司著 493.7-オタ
問題行動のある子どもは、精神的な問題を抱えるお母さんに育てられているケースがほとんどだといいます。その病態や子どもに与える影響、対処の方法について事例を交えて書かれており、どちらかというと専門職向けですが、一般の人にも役立つ内容です。

「日本人の「食欲」は世界をどう変えた?」 鈴木裕明著 611.4-スタ
マツタケ、イベリコ豚、サケなどは、日本人が注目したことにより高級食材になったり産業が興ったりして、輸出国に経済効果をもたらし、逆にマグロは、日本人が好んで食べることによって資源の枯渇が唱えられています。日本人の美食好きは、はたして世界にどんな影響を与えてきたのかを、経済アナリストが読み解きます。

「ホームレス歌人のいた冬」三山 喬著 911.16-ミタ
リーマンショックに揺れる時期に朝日歌壇に登場して入選を重ねながらも、9カ月で投稿の絶えた公田耕一氏。あの冬、注目を集めた「ホームレス歌人」は、いま、どうしているのでしょう?謎の投稿歌人の正体と、その後の消息を追うノンフィクション。

「こだまでしょうか、いいえ、誰でも。―金子みすヾ詩集選」金子みすヾ著 911.58-カミ
ACジャパンのCM、「こだまでしょうか、いいえ、誰でも」という言葉で一躍話題になった女流詩人金子みすゞの詩集です。西條八十に「若き童謡詩人の巨星」と賞賛されながらも、26歳の若さでこの世を去った彼女の遺した512編の作品の中から、百篇を精選。

Posted   パーマリンク

11/09/29 (木)

付属みどり野幼稚園で教育実習Tの担任実習を行いました [幼児教育学科]

画像(180x135)・拡大画像(410x308)

園児を見守る学生たち

 2011(平成23)年9月、幼児教育学科1年生が、付属みどり野幼稚園で、担任実習を行いました。今回は、6月〜7月に観察実習を行って学んだことを生かして、今度は担任として保育を実践しました。

 みどり野幼稚園は、10月初頭に運動会をひかえているため、運動会の準備や指導も実習の中に入ってきます。
 行事を前にする子どもたちの姿をしっかり捉えようと、真剣なまなざしで子どもたちと保育者を見つめます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

計画の立案中

 観察実習から時間が経ち、子どもたちの姿も大きく変化したため、実習生たちも子どもたちの姿をつかむことに真剣です。
 最終日には、自分たちが担任教諭として、クラス運営を行います。グループで担当するとはいえ、子どもたちの姿をしっかりつかみ、実情に合わせた計画・援助をする必要があります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

反省会の様子

 短大に入学して初めて経験する指導案を、グループで試行錯誤しながら仕上げていきます。
 そのため、担任教諭が参加する前から真剣に活発に反省会を行います。今日の保育の改善点はどこなのかを振り返り、明日子どもたちが元気に楽しく活動できるよう、シミュレーションもします。

 グループで助け合いながら、みどり野幼稚園の先生方に助けていただきながら、さらには、子どもたちの力も借りながら、4グループに分かれての担任実習を、今年も全員無事に終了しました。
 最終日の反省会では、緊張しながらやりきった達成感と、子どもたちの生きる力の強さ、指導してくださった先生方の愛情に感極まって涙、涙の学生たちですが、ここで自分たちの保育者への思いを新たにして、短大の後期授業に臨みます。

Posted   パーマリンク

11/09/28 (水)

平成23年度全国保育士養成セミナー・全国保育士養成協議会第50回研究大会を開催しました [幼児教育学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

受付会場の様子

 2011(平成23)年9月7日(水)〜9日(金)、本学 幼児教育学科が担当校として、富山国際大学子ども育成学部と協力し、平成23年度全国保育士養成セミナー・全国保育士養成協議会第50回研究大会を開催しました。

 会場の富山市の富山県民会館と富山国際会議場には、全国の保育士養成校から過去最多の1,166名の参加者を迎え、本学と富山国際大学の学生もスタッフとして大会運営に尽力しました。また、研究大会にもこれまで最多の222件の研究発表が行われました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講演の様子

 初日の基調講演には、白梅学園大学学長の汐見稔幸先生をお迎えし、「子ども・子育て新システム時代の保育者養成」について講演いただきました。

 また、記念講演には、富山型デイサービスこのゆびとーまれ理事長の惣万佳代子先生が、「あったか地域の大家族─富山型デイサービスの18年」という演題で講演されました。

 第2日目の午前は、愛知東邦大学の矢藤誠慈郎先生がコーディネーターとして、「保育者養成校教員の責務と資質─子どもの健やかな育ちのために」のテーマでシンポジウムを行いました。
 シンポジストには、黒部市三日市保育所長の岩井恵澄先生、NPO法人びーのびーの理事長の奥山千鶴子先生、小田原女子短期大学学長の小沼肇先生をお迎えして、養成校教員のあるべき姿、養成校間の連携や地域の子育てとの関連などについて議論しました。

 次いで、東北福祉大学学長補佐の渡辺信英先生が、今年3月11日(金)に発生した東日本大震災に関する報告をされました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

情報交換会の様子

 午後には、分科会を実施しました。15のグループに分かれ、それぞれのテーマで活発な議論が交わされました。

 夜は、ANAクラウンプラザホテルで、情報交換会を行いました。
 富山の豊かな山海の幸を使った料理に舌鼓を打ち、全国的に有名な「おわら風の盆」の抒情豊かな胡弓の調べと踊りを披露される中、参加者の情報交換と交流が深められていました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ポスター発表会場の様子

 最終日の研究大会の運営は、主に富山国際大学子ども育成学部が担当しました。

 過去最多の222件の研究発表が行われ、ポスター発表会場は熱気に包まれました。
  最後に全国保育士養成協議会 常務理事の大嶋恭二先生が「保育士養成校を取り巻く現状と課題」について報告され、今年度のセミナー研究大会は盛会のうちに閉会しました。

 全国の参加者から、大きな大会を円滑に運営した本学園や、そのサポートを行った学生たちの働きぶりや態度に、感謝やお褒めの言葉をいただきました。

Posted   パーマリンク

11/09/27 (火)

1年生の研修旅行を実施しました [食物栄養学科]

 2011(平成23)年9月13日(火)〜15日(木)の日程で、食物栄養学科1年生が名古屋方面へ2泊3日の研修旅行に行きました。
 この研修は、食の知識や理解を深めるため毎年9月に実施しているものです。

画像(180x135)

食品サンプル作成中

 1日目は、名古屋に向う途中、岐阜県の郡上八幡で町並み散策と食品サンプルの製作体験を行いました。

 好天に恵まれ、郡上八幡のきれいな町並みをガイドの方の説明を聞きながら、興味深く歩きました。
 また、「サンプルビレッジいわさき」で食品サンプル製作体験を行いました。慣れないロウを使っての製作体験でしたが、野菜や揚げ物などのサンプルを作成することができました。

画像(180x135)

 名古屋市への移動後、ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋で厨房を見学させていただきました。
 夕食には、その厨房で作られたコース料理を、テーブルマナー講座を受けながら、じっくりと味わいました。

画像(180x135)

キューピー挙母工場入り口壁画

 2日目は、「キューピー挙母工場」と「八丁味噌の郷」の見学を行い、その後は自由行動でした。

 「キューピー挙母工場」では、マヨネーズの製造過程、衛生管理や危機管理などについて、詳しく説明をしていただきました。

画像(180x135)

八丁味噌の郷 カクキューにて

 「八丁味噌の郷」では味噌の資料館を見学し、日本人になじみが深い調味料である味噌にまつわる歴史や資料などで学んだ後、味噌の試食もさせていただきました。

 味噌の勉強に関連して、この日の昼食は「大正庵釜春本店」で味噌煮込みうどんをいただきました。

画像(180x135)

 最終日は、「ノリタケの森・クラフトセンター」で数々の美しい陶磁器や製作過程を見学した後、「矢尾彦本店」で名古屋名物ひつまぶしを昼食にいただきました。
 食後には、富山への帰路に就き、短大到着後に解散して研修旅行を終えました。

Posted   パーマリンク

11/09/26 (月)

学科内のFD研修会を実施しました [経営情報学科]

画像(180x135)

 2011(平成23)年9月21日(水)、経営情報学科の教員による学科独自のFD研修会を実施しました。
 多様な大学入試と少子化に直面している大学教育の課題のひとつに、教育の質を保障することが挙げられ、専任教員の意識改革が不可欠となっています。

画像(180x135)

 今回の研修会は、本学科の目的である「職業人の育成」をめざすために学科が行わなければならない方針を再度、教員間で再確認すると同時に、各自の授業の教授方法や教育方針を共有するために開催したものです。

 1年次前期に開講している「教養演習T」(必修科目)をテーマとして、各教員が現状の取り組みと今後の課題を報告・検討しました。

画像(180x135)

 報告では、普段見ることが少ない他の教員が取り組んでいる内容に耳を傾けていました。
 なお、本学科の教養演習Tは、2年間の短期大学で学習するために不可欠な「読み」「書き」「発表」を重点的に学ぶ時間として設けられています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ