富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

9

2012


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  PHOTO
1年生が付属みどり野幼稚園で「教育実習T」を行っています

1年生が付属みどり野幼稚園で「教育実習T」を行っています

平成24年度入学生を対象とした入学前セミナーを開催しました

平成24年度入学生を対象とした入学前セミナーを開催しました

森 富山市長 講義

森 富山市長 講義

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

12/09/29 (土)

入試説明会を開催しました! [入試・広報センター]

■富山短期大学へようこそ

画像(135x101)・拡大画像(640x480)

 2012(平成24)年9月29日(土)13:30〜、2012 入試説明会を開催しました。
 高校生約250名、保護者等約100名、合わせて約350名の参加がありました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

■経営情報学科参加者の感想■

・推薦入試の配点や活動実績の点数がよく分かりました。
・小論文での評価ポイントを教えていただけたので、合格できるように書き方をしっかり対策したいと思います。
・インターンシップのことをもっと知っておきたいと思いました。

画像(135x101)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)

■福祉学科参加者の感想■

・推薦入試の出願を決めているので、今日のお話しを参考に小論文・面接対策をします。
・入試がとても不安だったのですが、今日の説明を聞いて、リラックスして臨みたいと思います。
・入試について詳しく説明していただけたので、参加して良かったです。

画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)

■食物栄養学科参加者の感想■

・パートVに続いて参加しましたが、今回は入試に特化した内容が分かり、満足できました!
・パンフレットだけでは分からなかった詳しい情報をしっかりと理解することができました。
・分からなかったことを、個別相談で詳しく教えていただけて、面接で大事なことも詳しく教えてもらえて良かったです。

画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)

■幼児教育学科参加者の感想■

・入試説明が分かりやすくて、幼児教育学科に対する思いが強くなりました!
・小論文での出題傾向を説明していただけたので、しっかり対策をしたいと思います。
・パワーポイントを使った説明が詳しく、とても分かりやすかったです。

画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)

■全体的な感想■

・学校全体が明るく、雰囲気が良い印象を受けました。
・就職や編入学などについて個別相談で聞くことができ、短大後の進路についても考えることができました。

画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)
画像(101x75)・拡大画像(640x480)

【お知らせ】
 「第49回 大学祭」で入試に関する資料の自由見学コーナーを設置します。
 また、事前予約制の「進学相談会」を開催しますので、希望される方は前日16:00までに入試・広報センターにご連絡ください。

 日時:2012(平成24)年10月27(土) 10:00〜14:00
 場所:富山短期大学
【※ 無料送迎バスは運行しませんので、ご注意ください】
【※ 大学祭は26〜28日(日)に開催します】

 問い合わせ先:nyushi@toyama-c.ac.jp

●参加された方には、本学のキャンパスグッズをプレゼント!

Posted   パーマリンク

12/09/27 (木)

今月の新着図書より(2012年9月受入分) [図書館]

「格差の世界地図」 Ben Crow and Suresh K. Lodha著 333.6-クヘ
本書では、経済、政治権力、社会、資源の利用可能性、健康・衛生、教育、環境などさまざまな視点で、多面的に、格差を比較します。格差をみることによって、グローバルな視点での世界の現状を知ることができ、日本の格差問題を国際的にも比較することができる世界地図です。

「介護と裁判――よりよい施設ケアのために」 横田 一著 369.26-ヨハ
 超高齢社会にともない介護事故、ヘルパーによる暴行・虐待事件も増加しています。本書は、裁判の判例、そして本人・家族、施設のヘルパー・運営者、行政担当者などへのインタビューから、介護保険制度や介護労働などが直面している問題の根源を描き、よりよい高齢社会への道を探ります。

「地球のごはん 世界30か国80人の“いただきます!」 ピーター メンツェル、フェイス ダルージオ著 388.8-メヒ
 世界30カ国80人の食事1日分を総摂取カロリーとともに公開。日本の力士、雅山(みやびやま)関の3500キロカロリーの食事も紹介されている。牛追いをするマサイ族の女性(800キロカロリー)から、間食の多い英国の母親(1万2300キロカロリー)まで、「食事」はその人の個性、背後にある文化や生活事情を雄弁に語ります。

「発達障害と呼ばないで」 岡田 尊司著 493.7-オタ
 近年、発達障害と診断される人の数が急増している一方で「発達障害」と診断されながら、実際は「愛着障害」であるケースが数多く見過ごされているといいます。「発達障害」と似て非なる「愛着障害」とは、いったい何なのか?本当に必要な対処とは?発達障害児をもつ保護者や関わる教員、必読の書です。

「食物アレルギーの基礎知識」 小林 陽之助監修 493.9-ホ 食物アレルギーの病態から,検査法,治療,日常生活における注意点や指導まで,保護者と園・学校関係者との“食物アレルギーの理解のかけ橋”となるよう,必要な知識が盛り込まれています。

「都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代」 速水 健朗著 673.8-ハケ
 消費社会の進展により、もはや「ショッピングモール化」とさえ言える変貌を遂げた都市。ショッピングモールが生まれた背景、その思想、歴史などを遡りながら、関連する「都市計画」「テーマパーク化」「郊外化」「公共性」「カルチャー」などについて考察します。

「鍵のない夢を見る」 辻村 深月著 913.4−ツミ
 誰もが顔見知りの小さな町で盗みを繰り返す友達のお母さん、結婚をせっつく田舎体質にうんざりしている女の周囲で続くボヤ、出会い系サイトで知り合ったDV男との逃避行――日常に倦んだ心にふと魔が差した瞬間に生まれる「犯罪」。現代の地方の姿を鋭く衝く短篇集。第147回直木賞受賞作。

「こびとづかん」 なばた としたか著 E−ナト
 みんなはコビトを見たことがありますか? 昆虫でも植物でもない不思議な生きもののこと。世の中にはいろんなコビトが生息しているんだって・・。大自然・秘密のファンタジー絵本。

【DVD】「チェブラーシカ」
 ロシア史上、最も愛される人形童話。子熊に似た架空の動物・チェブラーシカと仲間たちが繰り広げる不思議な冒険の日々を描く。「ワニのゲーナ」ほか、4つの短編を収録。
※メディアルームで視聴できます。

Posted   パーマリンク

12/09/26 (水)

第49回大学祭を開催します [学務課]

 2012(平成24)年10月26日(金)〜28日(日)の3日間、第49回大学祭を開催します。

画像(129x180)・拡大画像(462x640)

第49回 大学祭ポスター

 本年度のテーマは、「Smile 〜私たちの笑顔で幸せを届けよう〜」です。27日(土)には“学生会を探せ”、そして28日(日)には、恒例企画である“カラオケ大会”や“ミス・トミタン”など様々な企画を用意しております。
 詳しくは、学生が作成した第49回 大学祭 Webサイトを公開していますのでご覧ください。

 なお、今年は本学体育館が工事中のため、例年行っておりますコンサートについては開催いたしません。
 ポスターに記載のあるお笑いライブについては、収容人数の都合上、本学の学生のみの対象となっておりますことをご了承ください。

 大学祭期間中の10月27日(土)には、受験希望者を対象とした進学相談会を実施します。
 入試に関する資料の自由見学コーナーを設置します。
 個別相談を希望される方は、前日までに電話または電子メールなどで入試・広報センターにお申し込みください。

 また、28日(日)には、在学生の保護者を対象とした保護者懇談会を開催します。

 昨年度の様子は「第48回大学祭を開催しました! 」をご覧ください。


【問い合わせ先】
●富山短期大学 学務課
 大学祭イベント関係
 TEL:076-436-5457
 e-mail:gakusei@toyama-c.ac.jp

●富山短期大学 入試・広報センター
 TEL:076-436-5160
 e-mail:nyushi@toyama-c.ac.jp

Posted   パーマリンク

12/09/25 (火)

付属みどり野幼稚園で教育実習Tの担任実習を行いました [幼児教育学科]

 2012(平成24)年9月、幼児教育学科1年生が、付属みどり野幼稚園で担任実習を行いました。5月〜6月に行った観察実習で学んだことを生かして、今度は担任として保育を実践しました。

画像(180x135)

幼児一人ひとりの心に触れて学ぶ

画像(180x135)

泡クリームづくり


 この「教育実習T」は、1年生が初めての実習を体験するもので、キャンパス内の本学付属みどり野幼稚園で、観察・参加・部分担任実習を行います。
 ・5月〜6月に観察実習を行い、
 ・6月に参加実習があり、その前後に記録や指導案の書き方指導等を受け、
 ・9月の1ヶ月間で4つの班がそれぞれ4日間、部分担任も含む実習を経験します。

画像(180x135)

ターザンロープに挑戦する子どもたちを見守る

画像(180x135)

鬼ごっこする人よっといで〜♪


 夏休み中にいろいろな体験を経て、大きく成長した子どもたちの姿をつかもうと、実習生たちは、子どもや保育者と共に、積極的に活動します。こうして、かかわり合いの中から子どもの姿をより深く理解していきます。

 最終日には、自分たちが担任教諭として、クラス運営を行います。グループで担当するとはいえ、子どもたちの姿をしっかりとらえ、実態に基づいて計画・援助をする必要があります。

 付属幼稚園は、短大と同じキャンパスにあり、子どもたちとは、実習以外の行事でも交流できるので、先生方も含めてとても身近な存在です。2年間継続して子どもたちの成長に触れ、保育の喜びを感じることができます。

画像(180x135)

泥だんごづくり

画像(180x135)

見つめ合うまなざしで、幼児と共に育ち合う


【実習を終えた学生の学び・気づき】
・5月に観察実習をしていた頃に比べ、子どもたち(3歳児)は自分の気持ちを伝えることが上手になっており、友達との遊びが充実してきていると感じた。
・担任実習では、子どもに対する援助をどこまでしていいのか迷うことが多かったが、指導案をたてて、「子どもの姿」や「ねらい」「内容」を明確にすることで、かかわり方を深く考えることができた。
・子どもたちが頑張ったことや、自分でできたことの満足感を認め、保育者が共感することで、次の活動への意欲につながるということを学んだ。
・子どもたちが日々、成長していく姿を間近で感じることができ、より一層、「保育者になりたい」という気持ちが強くなった。

Posted   パーマリンク

12/09/24 (月)

平成24年度 福祉学科総合的研究発表会のご案内 [福祉学科]

 2年生が1年間かけて取り組んだ「総合的研究」も、いよいよ発表会を迎えます。
 今年は「富山県内の介護施設における記録の電子化の現状と課題」「介護現場における介護ロボットの認識度と導入の現状」「特別養護老人ホームにおける訪問ボランティアの実態について」など8のテーマに分かれ研究を行いました。
 ぜひ、多くの方にお越しいただき、学生たちにご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

PDFファイル(202KB)

(202KB)

日時:2012(平成24)年10月16日(火) 13:10〜15:30
場所:A-330教室
詳細につきましては、左のPDFファイルをご覧ください。

【問い合わせ先】
〈担当〉吉牟田・焼田
時間:月曜〜金曜 9:00〜17:00
電話:076-436-5182(直)
FAX :076-436-0133
E-mail:fukushi@toyama-c.ac.jp (件名に「総合的研究参加申込」とお書きください)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ