富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

1

2013


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  PHOTO
味噌についての特別講習を実施しました

味噌についての特別講習を実施しました

2年間の学びの成果を発表しました!

2年間の学びの成果を発表しました!

総合実習報告会を開催しました

総合実習報告会を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

13/01/09 (水)

日本ビジネス実務学会で学生が最優秀賞・優秀賞を受賞しました [経営情報学科]

画像(180x135)

最優秀賞と優秀賞を受賞しました

 2013(平成25年)1月5日(土)、6日(日)の両日、日本ビジネス実務学会・中部ブロック研究会(於:名古屋経営短期大学)が開催されました。
 本研究会では、「学生プレゼンテーションコンテスト」が同時開催されており、本学の学生は毎年安定した成績を収めています。

画像(180x135)

笑顔を忘れずに堂々と発表に挑みました

 今年度、本学からは松沢美佐さんと舘磨美さん(いずれも経営情報学科・1年)が参加し、昨夏のインターンシップで得た成果をテーマに発表を行いました。
 その他に愛知県、石川県、富山県の四年制大学・短期大学から多くの学生がエントリーしていましたが、松沢さんと舘さんの報告は高く評価され、それぞれ最優秀賞優秀賞が授与されました。2名の発表概要は、次のとおりです。

松沢美佐さん
 私は、株式会社JTB中部における就業体験で、「実際に体験してみることの大切さ」と、「知識はコミュニケーションを取るための貴重な材料である」という、自分の将来にとって大切なことを学びました。今後はこの2つから、物事を積極的に体験し、失敗も見直して次に活かすことで成功に繋げ、自身も成長できるようにすることと、知識を増やすことで、有効なコミュニケーションを取れるように目指すべきだということを報告します。

舘磨美さん
 本報告では阪神化成工業株式会社の生産管理課での就業体験を通して、同社の高品質な製品とお客様からの信頼を支える要因を考察する。この要因として次の3つが挙げられる。1つ目は安全衛生を管理する厳しい規則であり、就業体験を開始した当初に実感することができた。2つ目は従業員一人一人が役割の中で責任を持つこと、3つ目はお客様のことを考え工夫することで、これらは就業体験の振り返りから導出した。

画像(180x135)

授賞式の様子

 なお、評価基準は@説得力、A印象、B内容、Cコミュニケーション力、D機械操作など多岐にわたります。
 回を重ねるごとに視野の広いテーマが扱われるようになり、各大学の代表者のレベルも非常に高いものでした。その中で、高い評価を得たことは大変名誉なことです。
 受賞した2名の学生には、今回の経験を活かしてほしいと思います。


 プレゼンテーション能力を飛躍的に伸ばす指導を
全教員から受けられることが経営情報学科の魅力のひとつです。


<過去の日本ビジネス実務学会・中部ブロック研究会>
2012(平成24)年(於:岡崎女子短期大学)
2011(平成23)年(於:富山短期大学)
2010(平成22)年(於:一宮女子短期大学)

Posted   パーマリンク

13/01/08 (火)

今月の新着図書より(2012年12月受入分) [図書館]

「ソーシャルメディアを仕事に活かす本」星野 有香著 336.4-ホユ
もっと人とつながりたい、消費者の声を聞きたい、口コミで広げたい、イベントに人を集めたい、市場の反応が知りたい、ブランド力を高めたいetc。フェイスブックページファン約8,000人 ツイッターフォロワー7万人超! の人気コンサルタントがつながる力、広がる力を最大限に活かす方法をやさしく解説します。

「施設で育った子どもたちの語り」 
『施設で育った子どもたちの語り』編集委員会編 369.4-シ

 かつて児童養護施設や里親のもとで生活をした子どもが語る21の物語。虐待など壮絶な体験を経ながらも、生きる支えとなった人との確かな出会いから、自らの思いを整理し社会に発信していこうと成長するまでの魂の軌跡。全国の社会的養護当事者団体の情報も収録。子供達に関わる仕事の人や悩んでいる若者達に。

「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」 山中 伸弥著 491.1−ヤシ
ノーベル生理学・医学賞に輝いた山中伸弥・京大教授が研究人生を語った一冊。はじめて明かした、研究人生とiPS細胞のすべて。謙虚な人柄が言葉の端々からうかがえます。

「面白くて眠れなくなる人体」 坂井 建雄著 491.3-サタ
我慢したオナラはどうなる?、血管は日本列島の二倍も長い?、鼻の孔はどうして二つある?、男女をわける遺伝子のスイッチなど、身近な疑問・話題を入り口に、人体のふしぎ・奥深さがわかる一冊。人間がどのように進化して現在の体ができたのかも、解剖学の先生ならではの視点から解き明かしています。

「しっかり学べる!栄養学」 川端 輝江著 498.55-カテ
栄養学の概念やその歴史、各栄養素の役割、人体での消化吸収のしくみなど、栄養学の基本を豊富な図とイラストでていねいに解説してあります。栄養学をきちんと学びたい方、管理栄養士を目指している方におすすめの一冊です。

「ねんどでミニチュア コースターに飾る季節の小物」 岡田 ひとみ著 751.4-オヒ
お正月、ひな祭りなどなど、季節の飾りつけをコースター1枚サイズで再現。身近にある材料で、誰でも簡単に作れます! 玄関などお部屋のインテリアのほか、友達へのプレゼントにも最適。

「あっちゃんあがつく―たべものあいうえお」 
みね よう原案 E-ミヨ

あっちゃん あがつく あいすくりーむ いっちゃん いがつく いちごじゃむ…。うたって嬉しくなるようなはやし歌においしそうな絵をつけた、楽しい絵本。

Posted   パーマリンク

13/01/07 (月)

連載#09 リアルタイム×経営情報学科 [経営情報学科]

健康な身体が本を支える

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

大門信吾教授

 第9回目は、健康志向が高まる現代において、実践的な講義を展開している「健康スポーツT(担当:大門信吾教授)」の授業をレポートします。
 生活習慣病の予防には、適度な運動が不可欠とされています。実際に、大学ではどのようにその必要性を教えているのでしょうか?
 大学に入学してまで体育?という方は必見!学生と一緒に運動するアクティブな大門先生が、運動の重要性を教えます。

画像(180x152)

今日はバドミントンの実習です

 企業が求める人材のひとつに、健康管理能力が挙げられます。健康な体であり続けると、バイタリティを持って仕事に臨むことができます。若いうちに体力をつけ、実践を通して健康管理能力を養うことが肝心です。
 しかし、健康のために容易に運動を始めがちですが、継続させることは並大抵のことではありません。“健康的な行動は続かない”ということも事実です。継続のための秘訣は運動を楽しむことにありますが、20〜30歳代は運動実践が少ない年代とされています。
 若いうちから、その経験をたくさん積むことが大切ですね。

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

毎回、勝負にこだわる試合が続いています

 実際に1980年以降から現在まで、小・中学生の体力は体格の向上に伴わず、健康状態も良好とはいえない状態が続きました。
 しかし、体力に関してはここ数年間で回復傾向にあることが報告されています。これは学校や地域で地道に実践された運動の効果といえます。大学入学と同時に運動を止めてしまうのは、非常にもったいないことですね。
 授業では体育に関する理論を実践で活かすために、実技を重視した内容を展開しています。種目はテニスやバドミントン、季節に応じてゴルフやスノースポーツなども実施しています。

大門信吾教授から受験生へメッセージ
「高校まで体育が嫌いだった人も、大学でそのイメージが一新されるようお手伝いします。スポーツは自分自身の向上を楽しみながら、生涯を通して実践することが大切なのです。」

画像(240x179)・拡大画像(640x479)

新しい体育館で、新しい学びが始まります

<過去のリアルタイム×経営情報学科はこちら>
連載#08 売れる色を探せ、カラーコーディネートの極意
連載#07 会計学を学び、企業の実態を見抜け!
連載#06 豊かな表現が良い人間関係を築く
連載#05 お金の役割ってナンだ!?
連載#04 練習した分だけ上手くなれる
連載#03 コンピュータはお利口さま!
連載#02 人と人を結ぶ、経営学
連載#01 経済学は身近な学問

Posted   パーマリンク

13/01/01 (火)

年始のご挨拶 [一般]


---- 未来のドアを開けよう。 ----

画像(320x246)・拡大画像(640x492)


     ●  ●  ●  ●  ●  

地域と共に50年。
富山短期大学は、総合短大として各分野のスペシャリストの養成に邁進します。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013(平成25)年 元旦

-------------------------------------------------------------------------------
 食物栄養学科…昭和42年設置 卒業生3,756名
 幼児教育学科…昭和42年設置 卒業生3,902名
 経営情報学科…昭和57年設置 卒業生3,387名
 福 祉 学 科…平成8年設置  卒業生1,258名
 専攻科食物栄養専攻…平成17年設置 修了生66名
-------------------------------------------------------------------------------

Posted   パーマリンク

12/12/26 (水)

キャリア支援〜グループ面接対策講座 [経営情報学科]

画像(180x135)

グループのリーダーが発表しています

 2012(平成24)年12月18日(火)、第11回目となるキャリア支援講座では、グループディスカッションの対策を実施しました。
 グループワークであるこの課題は、主体性と協調性が求められます。なお、一般的に設定される役割は次の項目です。
@リーダー:全てを背負わず、全員が発言できる環境づくりに務める。
A書記:記録だけではなく、意見を述べることも必要。
Bタイムキーパー:時間管理だけではなく、意見を述べることも必要。

<グループディスカッション>
 企業が選考時に実施する「グループワーク」です。学生4〜10名で20分〜1時間を費やします。選考を通じて各自の性格や特徴、組織での役割を知ることができる一方、学生にとってはメンバー構成により結果が左右されます。ポイントは、グループ全体で成果を上げ、参加態度・発言などに工夫を凝らすことです。

画像(180x135)

グループディスカッション実施中です

 では、高い評価を得るにはどうしたらいいのでしょうか。ここで、「協調性」が試されます。例えば、以下の言動はマイナスイメージを与えてしまいます。

・個人的な攻撃をすること。
否定的な意見を述べること。
多数決で話をまとめてしまうこと。

 反対に、以下の言動はプラスイメージを与えることにつながります。

積極的に発言すること。
肯定的な意見を述べること。
・元気よく明るく、力強く発言すること。
・時間内に結論を出すこと。

 実際に4〜6人のグループに分かれ、「一緒に働きやすい人とは?」をテーマに、グループディスカッションを行いました。年明け以降、本格的な選考が始まります。年内に学んだことを、一つひとつ整理して有意義な就職活動を行ってほしいと思います。

<関連記事>
第09回 キャリア支援〜面接で好印象を残そう
第08回 キャリア支援〜就職活動、解禁目前!
第07回 キャリア支援〜内定獲得のコツ、教えます2
第06回 キャリア支援〜内定獲得のコツ、教えます
第05回 キャリア支援〜エントリーシート対策講座
第04回 キャリア支援〜自己分析講座<実践編>
第03回 キャリア支援〜筆記試験対策講座
第02回 キャリア支援〜“己”を知ること
第01回 キャリア支援〜スタートアップ講座開講

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ