富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2013


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  PHOTO
志貴野高校2年生の皆さんが本学を訪問されました

志貴野高校2年生の皆さんが本学を訪問されました

付属みどり野幼稚園で卒業演奏会を開催しました【午前の部】

付属みどり野幼稚園で卒業演奏会を開催しました【午前の部】

2013トミタン ボランティア日記(6/29、30)

2013トミタン ボランティア日記(6/29、30)

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

13/10/08 (火)

専攻科1年生の学外研修を実施しました [専攻科食物栄養専攻]

 2013(平成25)年9月24日(火)〜25日(水)にかけて、専攻科食物栄養専攻1年生の学外研修を実施しました。

画像(180x135)

 本学専攻科では、1年次に日本におけるトップレベルの管理栄養士業務や施設を見学することで、将来の管理栄養士像をより明確にすることを目的に研修を行っています。

 今回の研修では、(独)国立健康・栄養研究所、女子栄養大学 栄養クリニックおよび森永製菓 鶴見工場を見学しました。

画像(180x135)

 (独)国立健康・栄養研究所では、研究所紹介のDVDを拝見してから、各部署を案内していただき、研究内容に関しての説明を受けました。

画像(180x120)

 女子栄養大学 栄養クリニックでは、隣接する女子栄養大学短期大学部の施設見学後、クリニックで業務内容の説明を受けました。

画像(180x135)

 森永製菓鶴見工場では、施設紹介DVDを見せていただいてから工場内へ移動し、小枝、ハイチュウ、ダースといった人気製品の生産ラインを見学しました。

 本研修では、研究所、クリニック、そして食品工場という様々な分野で活躍する管理栄養士の業務を見学することができました。
 学生にとっては、広い視野で将来を見据えるための機会となったものと考えています。

Posted   パーマリンク

13/10/07 (月)

平成26年度 特別入試の出願結果(10/7最終) [入試情報]

 2013(平成25)年9月30日(月)から、平成26年度 特別入試(社会人・学卒者等・外国人留学生)の出願受付を開始し、10月4日(金)に締め切りました。本入試の出願結果をお知らせします。

 出願期間:2013(平成25)年9月30日(月)〜10月4日(金)

 ■特別入試(社会人・学卒者等、外国人留学生)

特別入試 募集人員 申込者数 面談者数 出願者数
社会人・学卒者等 若干名 5名 5名 4名
外国人留学生 若干名 0名 0名 0名

 ●特別入試の詳細は、記事「8月19日から平成26年度 特別入試の申込受付を開始します」をご覧ください。

Posted   パーマリンク

13/10/04 (金)

経営情報学科1年生の選手が空手ワールドカップに出場します! [学務課]

画像(118x180)・拡大画像(423x640)

蹴り技が原さんの得意技

 経営情報学科1年生の原ひかりさんが、10月12日(土)と13日(日)にチリのアントファガスタで開催される、空手のワールドカップに出場します。

 原さんは、小学1年生から空手を始め、6月30日(日)に行われた全日本ウエイト制空手道選手権大会の女子軽量級で優勝し、ワールドカップの出場権を得ました。

 昨年の全日本ウエイト制空手道選手権大会では準優勝で、ワールドカップの出場権を惜しくも逃しましたが、今年ついに栄冠を掴みました!

画像(180x135)

授与の様子

 2013(平成25)年10月3日(木)に中島学長が、原さんに激励金を授与しました。

 中島学長は、「力を出し切ることで、結果はついてきます。頑張ってください。期待しています」と激励の言葉を述べ、
 原さんは、「国内で試合をするのとはまた違った大変さもありますが、自分の得意な蹴り技を活かして、自分のペースで勝ち進めていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。」と大会への抱負を述べました。


 富山短期大学の誇りとして学生、教職員・学生一同が応援しています。

Posted   パーマリンク

富山短期大学 2013 福祉・介護フォーラム開催のご案内 [福祉学科]

 2013(平成25)年11月2日(土)、富山国際学園 創立50周年記念 第18回福祉学科公開セミナーとして「2013 福祉・介護フォーラム」を富山市婦中ふれあい館で開催します。

 「介護福祉の明日を語る」をテーマに、「認知症になっても安心してくらしていくために 〜ここまで可能になった生き方・支え方〜」という演題で、永田久美子先生(認知症介護研究・研修東京センター研究部 部長)の基調講演をはじめ、シンポジウムを催します。

 参加を希望される方は、10月25日(金)までにFAXまたはメールなどでお申し込みください。(参加費無料)

画像(127x180)・拡大画像(452x640)
PDFファイル(18739KB)

(18739KB)

 詳細は、左のアイコンをクリックして、PDFファイルをご覧ください。




XLSファイル(19KB)

(19KB)

申し込み書 (23KB)
 申し込み書は左のエクセルファイルをご利用ください。

【お問い合わせ・申し込み先】
  富山短期大学 福祉学科
  〒930-0193 富山市願海寺水口444
  電話:076-436-5182
  FAX:076-436-0133
  e-mail:fukushi@toyama-c.ac.jp(件名に「2013 福祉・介護フォーラム」とご記入ください)

Posted   パーマリンク

今月の新着図書より(2013年9月受入分) [図書館]

「不格好経営―チームDeNAの挑戦」 南場 智子著 007.3-ナト
マッキンゼーのコンサルタントを経てDeNAを興した南場智子氏によるDeNAの奮闘の記録。創業時の失態や資金集めの苦労、成長過程での七転八倒など、ネット界に新風を巻き起こしたDeNAの素顔を明らかにします。

「日本の決断」 櫻井 よしこ著 304-サヨ
日本人のための真の憲法とは何か、尖閣諸島を中国から守り抜く方策は何か、国防軍創設が急がれる理由とは。歪んだ歴史認識を掲げ反日に燃える韓国、無法を繰り返す北朝鮮…避けては通れぬ国家的問題に対し、日本はいかに考え、いかなる「決断」を下すべきかが述べられています。

「保育現場と養成校のコラボレーション! 実習生指導サポートブック」 開 仁志著 376.1-ヒヒ
保育士の専門性が求められ、保育実習教育の強化が図られている中、保育の質を高め、保育士や実習生も共にスキルアップしていく保育現場と養成校が協働する保育実習のあり方について考えます。

「デジタルカメラによる天体写真の写し方―基礎からわかるきれいに撮れる」中西 昭雄著 442.7−NA
 スナップ写真のように、ただシャッターを押すだけでは取れない天体写真。本書では、デジタル一眼レフカメラによる天体写真の撮影方法を解説しています。天体写真にチャレンジしたい方へ。

「医療と看護の質を向上させる認知症ステージアプローチ入門」 長平原 佐斗司著  493.7-HI
プライマリケア医をはじめとする地域で認知症にかかわる専門職が、認知症患者とその家族に出会い、診断時から、軽度、中等度、重度、末期に至る長い期間継続的にかかわり、看取りのときまで支援し続ける方法を解説します。

「必ず来る!大震災を生き抜くための食事学 3.11東日本大震災あのとき、ほんとうに食べたかったもの」 石川 伸一著 498.59-イシ 
 近い将来必ず来る大震災!何をどう備えれば私たちは生き抜けるのでしょう?食品学・栄養学の研究者による、災害時の食事についての本。3.11東日本大震災を経験した著者が説く、イザという時に命をつなぐための食事学です。

「ここまでわかったPM2.5本当の恐怖―謎の物質を科学する」 井上 浩義著 519.3-イヒ
春先、話題になったPM2.5ですが、中国からの大気汚染だけではなく、私たちの身の回りに常に存在しているものなのです。目に見えず、臭いもしませんが、いったん体内に入ると、じわじわと細胞や器官を蝕むといいます。長年、PM2.5の人体への影響を研究してきた著者が謎の物体の正体と危険性を警告します!

「きたかぜとたいよう」 蜂飼 耳著 山福 朱実 絵 E-ヤア
 現代詩人最大の注目株、蜂飼耳による新しいイソップ絵本。北風と太陽が、旅人の洋服を脱がそうと競争します。北風が力いっぱい風を吹いて洋服を飛ばそうとしますが、うまくいきません。つづいて太陽がさんさんと照らすと…。

「となりのトトロ」
宮崎駿監督作品。仲良し姉妹・サツキとメイが都会から田舎の一軒家に引っ越してから出会った“もののけ”とよばれる不思議な生き物「トトロ」との心温まるふれあいを描いたファンタジーストーリー。
※ メディアルームで視聴できます。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ