富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2013


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  PHOTO
幼児教育学科 オープンキャンパス・パートUの様子を紹介します

幼児教育学科 オープンキャンパス・パートUの様子を紹介します

委託給食会社の合同就職説明会を開催しました

委託給食会社の合同就職説明会を開催しました

南砺市で平成29年度リレー講座がスタートしました!

南砺市で平成29年度リレー講座がスタートしました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

13/11/01 (金)

福祉学科 総合的研究発表会の駐車場のお知らせ [福祉学科]

 2013(平成25)年11月6日(水)10:00から、「福祉学科総合的研究発表会」を開催します。

 当日、本学に自家用車・公用車などでお越しの方は、短大南門から構内に入っていただき、係の学生が案内する本学指定の場所に駐車してください。

PDFファイル(111KB)

案内図 (111KB)

 本学指定場所の詳細は、PDFの地図をご覧ください。
 駐車スペースは、数に限りがございます。あらかじめご了承ください。

 関連記事:平成25年度福祉学科総合的研究発表会のご案内

Posted   パーマリンク

今月の新着図書より(2013年10月受入分) [図書館]

「外科医、正露丸を斬る」 柴田 高著 289.1-シタ
 あの大幸薬品の経営者になってしまった外科医から見たビジネスの世界。正露丸の科学根拠、東証一部上場から病院の内輪話まで外科医だからわかるおもしろ話、外科医が経営者になったからこそ見える愉快な話など。

「新現代経済政策論―平等論と所得格差」 瀬野 隆, 柴田 怜他著 333-シ
 従来の経済原理だけでは解決できない問題として、注目され始めた「所得格差」。本書では、平等・不平等論を現実の各国における経済実態に投影し、そこからこの問題の具体的な課題を経済政策として論じています。

「高齢者と楽しむマジック―介護支援ボランティアに役立つ手品ベスト32」藤原 邦恭著 369.26-フク
 ビギナーも上級者も、コミュニケーションとして活用したい方も。見る人と演じる人を幸せにするマジックが満載。

「子どもの心の育ちをエピソードで描く―自己肯定感を育てる保育のために」鯨岡 峻著 376.11−クタ
 子どもの心はどのように育てられて育つのでしょうか?嬉しさ、楽しさだけでなく、不満、怒り、不安など、複雑な心が渦巻く保育の場。保育者が子どもに心を寄り添わせることで紡ぎ出したエピソードから、いまを生きる子どもたちの心の育ちの問題を考えます。

「グループ学習入門: 学びあう場づくりの技法」新井 和広, 坂倉 杏介著 377.1−アカ
 グループで課題を行うときに、困ったことはありませんか? 本書は、信頼できるグループの作り方、アイデアを引き出す技法、ITの活用法、ディベートの準備など、専攻・分野に関係なく、また学生でもすぐに使えるよう分かりやすく、“失敗しない"グループ学習のポイントを伝授します。

「ダイオウイカと深海の生物」 NHKスペシャル監修 484.7-タ
 一千年もの間“伝説の怪物"として怖れられてきた深海の偉大な王者ダイオウイカ。そんなダイオウイカをカメラでとらえた世界初のスクープ映像が2013年1月に放映され、大反響を呼びました。その姿や質感がよくわかるピンナップに加え、その生態や撮影秘話に迫るビジュアル・ブックです。

「特養ホームがえらんだお年寄りの毎日ごはん」特別養護老人ホーム諏訪の苑著 498.59-ト
 さいたま市の特養ホーム「諏訪の苑」が提供している食事メニューから選ばれた家庭でも作れるレシピ集です。出来上がりも普通に皆が美味しそうと思う定番ながら、高齢者向けに一工夫こらしてあります。高齢者向けの食事のヒントも紹介しています。

「ハイキング・ハンドブック」 村上 宣寛著 766.4-ムユ
 アメリカのロングトレイル経験と、アメリカのハイカーのメーリングリストでの議論を背景に、最新スポーツ科学、エルゴニクス、医学、被服学、住居学、栄養学等の科学的なエビデンスをもとに、ハイキングのすべてを解説。初心者から熟練者まで、安全にハイキングを楽しむための、たしかな知識とノウハウを満載!

「おふろにいれて」  せな けいこ著 E-セケ
 りゅうちゃんがおふろにはいっていると「ぼくもいれてくださいな」とどうぶつたちがおふろにやってきた。おや、はいりたいのはどうぶつだけじゃなかったみたい……。

Posted   パーマリンク

13/10/31 (木)

南砺市内3高等学校PTAの皆さんが本学を訪問されました [入試・広報センター]

■富山短期大学にようこそ

 2013(平成25)年10月31日(木)、南砺福野・南砺福光・南砺平の3高等学校から、PTAと先生合わせて13名が本学を訪問されました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

立島入試・広報センター長の説明

 まず、本学 立島入試・広報センター長が本学の概要を説明しました。
 
 地域社会と共に歩んできた50年の伝統と実績から、現在の卒業生数は2万人を超えており、就職後も職場に本学の先輩から指導いただける機会が多いことなどをお話しました。

 また、本学の就職状況は、専門職に就いている割合が高いことをお話しして、「学びの特性を生かした職業に就くことができる=夢を実現できる」短期大学であることを紹介しました。


 続いて、幼児教育学科、経営情報学科、福祉学科、食物栄養学科について詳しく説明を行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

幼児教育学科の説明

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

経営情報学科の説明


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

福祉学科の説明

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

食物栄養学科の説明


 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 それから、南砺市内の高校を卒業して本学で学んでいる各学科の学生が、富山短大を志望した理由、学生生活について、さらに、高校時代に学んでおいた方が良いと思うことをスライドや実演を交えて伝えました。

 その後、新校舎の食堂で、本日の献立のカラフルランチ昼食を昼食に召し上がっていただきました。
 保護者の方々からは、色とりどりの品にとても好評のご意見をいただきました。また、食事を通して会話もはずんでおられたようでした。

画像(180x135)

新校舎でのランチ中

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

カラフルランチ


■保護者の感想
・校舎が立派で、環境が整っていると思いました。
・南砺市内高校出身学生の話は、自分の子どもにも聴かせたかったです。
・学生のみなさんが、しっかり学んでおられる様子を伺うことができて、よかったです。

【トミタンと記念撮影】

画像(180x135)

トミタンといっしょ

Posted   パーマリンク

企業へのエントリー解禁迫る!エントリーシート対策講座を開催しました [経営情報学科]

画像(180x87)・拡大画像(563x275)

2015年3月卒業生の就職活動スケジュール(マイナビ2015より)

 2015(平成27)年3月卒業生を対象とする就職活動の第1段階となる企業へのエントリーが2013(平成25)年12月1日(日)に解禁されます。

 エントリー解禁が迫る10月29日(火)、1年生全員が履修をしている「キャリア支援講座」では、経営情報学科「エントリーシート対策講座」を実施しました。

画像(160x30)

 このキャリア支援講座は、大手就職支援サイト「マイナビ」を運営する株式会社 マイナビと連携し実施している授業です。

画像(112x180)・拡大画像(400x640)

 この講座では、企業がエントリーシートを利用する目的やエントリーシートの書き方、さらには郵送時のビジネスマナーなど、多岐にわたって説明がありました。

 企業には、数多くのエントリーシートが送られてきます。まず、それらを読む相手の目的や立場を理解をしなければ、自分のエントリーシートを充分に読んでもらうことができず、しっかりと自分をアピールできないことなど、何気なく書いてしまいそうなエントリーシートの本質的な部分にまで触れられていました。

 経営情報学科では、限られた2年間を有効に活用して学生に最大限の成長をしてもらうために、入学直後から「ビジネス実務教育」「キャリア講座」を開始し、そして1年次の夏季休業期間中に大半の学生が「インターンシップ」を実施する三位一体のキャリア教育を実施しています。

画像(320x99)・拡大画像(640x198)

経営情報学科2年間のキャリア教育の流れ

 文部科学省と厚生労働省が毎年度調査をしている大学等卒業予定者の就職内定状況調査では,平成24年度10月1日現在で短期大学卒業予定者(女子学生のみ)の就職内定率が27.4%であるのに対して、経営情報学科の来春卒業予定学生110名(編入学等の進学希望者も含む)の現在の就職内定率は64.5%です。
 これは、同年度の四年制大学の10月1日現在の就職内定率63.1%と同水準です。
 [注] 今年度の統計は11月下旬に公表予定のため、まだデータはありません。
 ただし、景気の好転により、昨年度よりも5%程度高い内定率だと民間の各種調査から推測されます。

 これは、入学直後から就職活動が始まる1年次後半までにしっかりとキャリア教育を行っていることと、卒業までの2年間でさらにキャリア教育を積み重ねていることから生まれた成果だと考えられます。
 厚生労働省:大学等卒業予定者の就職内定状況調査:結果の概要

Posted   パーマリンク

13/10/30 (水)

北陸財務局 富山財務事務所との連携講座を開催! [経営情報学科]

 経営情報学科では、北陸財務局富山財務事務所と共催で連携講座を3年前から開催しています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講師の富山財務事務所 田村 文雄氏

 通常の授業に加え、実際の経済の現場で直接業務をされている方からお話を伺うことは、学生が経済などを学び、理解する上で非常に重要な機会となっています。

 2013(平成25)年10月25日(金)には、「金融の基礎知識等について」と題で、富山財務事務所 理財課長の田村 文雄氏に講義をお願いしました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

富山財務事務所 連携講座中の様子

 北陸財務局の金融関係の仕事から始まって、金融機関の役割、様々な金融商品の種類とリスク、金融取引にまつわるトラブルや多重債務問題、セーフティネットの仕組みなど、難しく感じる金融の世界を身近なものにしてくれる講義でした。

 今年度は、決済の仕組みやお金の貸し借りに関する金融市場、金利の役割と変動要因等を学ぶ「金融論」を履修している1年生約120名を対象に、この特別講義を3回実施する予定で、最終回となる次回は、富山の経済・産業事情について講義していただく予定です。

 ※本年度の北陸財務局 富山財務事務所との連携講座
第1回: 10月11日(金) 「財政の現状等について」(阿部 修二 所長)
第2回: 10月25日(金) 「金融の基礎知識等について」(田村 文雄 理財課長)
第3回: 11月 6日(水) 「富山県内の経済情勢等について」(北村 浩一 財務課長)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ