富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2013


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  PHOTO
1年生 基礎実習に向けて特別講義を受けました-

1年生 基礎実習に向けて特別講義を受けました-

連載#01 リアルタイム×経営情報学科

連載#01 リアルタイム×経営情報学科

2014トミタン ボランティア日記(10/13)

2014トミタン ボランティア日記(10/13)

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

13/11/12 (火)

富山県警察サイバーボランティア「一日サイバーポリス」に任命されました! [ボランティア活動]

画像(180x135)

任命式

 2013(平成25年)10月12日(土)、富山県警察と一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が共同して実施するサイバー犯罪抑止キャンペーンが高岡市のイオンモール高岡で開催されました。

 本学経営情報学科2年生の鈴木さん、杉本さん、高稲さんが「1日サイバーポリス」に任命され、活動を行いました。

画像(180x135)

代表して高稲さんがあいさつしました

 任命式では、中木高岡警察署長が3人に任命書を手渡しました。
 続いて、「1日サイバーポリス」を代表して高稲さんが「県民がサイバー犯罪に遭わないよう注意を呼びかけます。」とあいさつしました。

 警察の制服を着用した3人は、富山県警サイバー犯罪対策室員の方々とともに、店内でチラシ配布などの啓発活動を行いました。

画像(180x114)

たくさんのお客様さお越しになりました

【「1日サイバーポリス」 3名の感想】

 今回のイベントでは家族連れが多く見られ、自分の身の回りの犯罪や危険について考えてもらう良いきっかけになったものと思います。自分自身も展示を見たり説明を受けることで、改めて犯罪について考える機会になりました。(鈴木さん)

画像(180x120)

立山くんと

 実際に海賊版の商品を目にして、改めてそういうものを買ってしまわないよう気をつけようと思いました。(杉本さん)

 婦人警官の制服を着用していたため、言動や立ち振る舞いに気を配りながら責任を持ってサイバーポリスの任務を遂行できました。(高稲さん)

Posted   パーマリンク

13/11/11 (月)

授業紹介:栄養学各論実習(担当:山岸講師) [食物栄養学科]

画像(180x135)

実習風景

 栄養学各論実習では、妊娠期から高齢期まで、人の一生にかかる「食」を考えていきます。

 先日、「妊娠期後半期の食事」をテーマに調理実習を行いました。健康な母体を維持し、元気な赤ちゃんを出産するために、どんな栄養素が必要か、どのような調理法が食べやすいのかを学びます。

画像(180x135)

妊娠期後半期の食事

 実習した献立は、「里芋ごはん」、「豚肉の甘酢かけ」、「あさりと切り干し大根の煮物」、「すまし汁」、「柿」です。

 妊娠期には貧血になりやすいことから、貧血を予防するために、”鉄”を多く含むあさりを使用しました。また、整腸作用のある食物繊維をとるために、里芋や切り干し大根を使用してあります。

Posted   パーマリンク

13/11/08 (金)

第57回富山県青年議会本会議に学生2名参加しました [学務課]

画像(180x126)

富山県議会議事堂 本会議場にて

 2013年(平成25年)10月31日(木)、第57回富山県青年議会本会議が開催されました。

 青年議会は、「青年の県政に対する関心を高めその意見を県政に反映させる、また民主政治に対する理解と正しい関わり方の学習の場とする」ことを目的として、昭和32年から57回続いている歴史があるものです。

画像(180x127)

鈴木議員と高稲議員

 本学からは、経営情報学科2年の鈴木志穂さんと高稲夏希さんが議員として参加しました。
 7月12日(金)に開会式が行われ、その後、鈴木議員は教育警務委員会、高稲議員は経済建設委員会に所属し、2回の合同学習会や委員会別の行政へのヒアリングや学習会を重ねて、本会議に臨みました。

画像(180x122)

落ち着いた口調で質問する高稲さん

 本会議では5つある委員会からそれぞれ代表質問と一般質問が行われ、高稲さんが、経済建設委員会の代表として石井知事に代表質問を行い、石井知事からご答弁いただきました。
 石井知事の横で緊張しながらも、落ち着いて堂々と質問する高稲さんの姿は議員そのものでした。

 議会を終えた2人の学びは次のとおりです。

画像(180x124)

知事の答弁を聞く鈴木さん(前列左)

 鈴木志穂さん(教育警務委員会)
 当初は軽い気持ちで参加した青年議会の活動だったが、常任委員会を重ねる中で、県議会議員ではなく、「青年議員」だからこそできることをやりたいと思うようになった。
 今回の青年議会参加を通し、興味をもつことの大切さを実感した。興味を持たなければ通り過ぎることでも、興味を持って立ち止まって考えることで見えてくるものがあると感じた。色々なことに興味を持って、視野を広げていきたいと思う。

 高稲夏希さん(経済建設委員会)
 県政について、知らないことが多くあり、最初は戸惑ったが、学習会を重ねていくことにより、少なからずは知識がついたのではないか。
 さらに、様々な方とのコミュニケーションを重ねることで普段聞くことができない話を伺うことができたため、視野を広げることができた。また、人との繋がりの大切さを実感した。
 10月31日の本議会では代表質問をする機会を与えていただき、とても緊張したが、堂々と発表することができた。滅多にない貴重な体験を、今後の社会生活に活かしていきたい。

 議員として参加した2人には、今回の名誉ある経験を活かしていってほしいと思います。

Posted   パーマリンク

13/11/07 (木)

2013トミタン ボランティア日記(10/11) [ボランティア活動]

■NPO法人プラスワン こどもサポートハウスおむすび■

日時: 2013(平成25)年10月11日(金)
場所: NPO法人プラスワン こどもサポートハウスおむすび
主催: NPO法人プラスワン こどもサポートハウスおむすび


画像(180x135)

今日はよろしくおねがいします

投稿: 食物栄養学科 1年生 
■活動内容■
 障害のある子供たちのサポートを行いました。

■成果(気づきや学び)■
 始まる前は、支援しなければならないことがたくさんあるのではないかと心配していましたが、自分にできることをいくつも見つけられたので、安心して活動することができました。

■課題や反省点■
 子どもたちに自分からあまり話しかけることができなかったけれど、逆にたくさん話しかけてきてくれて嬉しかったです。次回、ボランティアに参加するときは、自分から積極的にかかわっていきたいです。


画像(180x135)

おいしいおやつができました!

投稿: 食物栄養学科 1年生
■活動内容■
 障害のある子どもたちと一緒にお話しをしたり、お菓子を作ったりしました。

■成果(気づきや学び)■
 普段、障害のある子どもたちと接する機会があまりないため、うちとけるまでに時間がかかりました。

■課題や反省点■
 子どもたちが、どんなことができて、どんなことができないのかが分からなかったので、ただ見守ることしかできなかったと思います。
 次のボランティアの機会には、もっと子どもたちとコミュニケーションをとれるように行動していきたいです。

Posted   パーマリンク

13/11/06 (水)

公開講座「富山の魅力、再発見 Part 1」の開催について [学務課]

画像(127x180)・拡大画像(428x604)

公開講座ポスター

 2013(平成25)年11月から、富山国際学園創立50周年記念 2013富山短期大学公開講座を開催します。

 今年度は、学園創立と本学開学50周年を記念して「富山の魅力、再発見」のテーマで本学の知の財産を結集し、県民の皆様に富山の魅力を再発見・再認識していただく内容を企画しました。
 また、本講座は、9月に竣工したばかりの新校舎で実施します。ぜひ、多くの方々に受講いただき、生きる力となるものの再発見と本学の新たな魅力を体験していただきたいと願っております。

【講座内容】
 11月30日(土) 9:40〜12:15

 「子育てのいま・未来」 幼児教育学科教授 宮田 徹

 子ども・家庭を取り巻く環境の変化に伴い、子どもを産み育てにくい社会・子どもが健やかに育ちにくい社会になったと言われます。みんなの力で子育ち・子育てを支える富山のコミュニティづくりについて考えます。


 「ホタルイカの肝脂肪予防作用」 食物栄養学科教授 竹内 弘幸

 富山短期大学の研究グループが、ホタルイカの脂肪肝改善効果を、動物実験で初めて実証しました。マスコミなどでも大きく取りあげられたこの研究結果をわかりやすくお話しします。
 

 12月7日(土) 9:40〜12:15

 「矢口 新と富山女短」 経営情報学科教授 安達 哲夫

 昭和27年から41年までの三次に亘る富山県総合教育計画では、矢口 新の「主体的な行動力を形成する産業教育」思想が色濃く反映されています。昭和38年創立の富山女子短期大学にも、同様の理念が貫かれています。


 「富山の福祉を切り拓いた女性たち」 福祉学科教授 西井 啓子、准教授 石橋 郁子、准教授 井上 理絵

 富山県の印象を変えたのは、実は富山県の女性たちです。今日、全国各地でみられる在宅福祉や地域福祉のパイオニアとなった富山の女性3人を紹介します。女性が切り拓いた福祉のかたちを実感できる講座です。

PDFファイル(818KB)

公開講座ポスター (818KB)

 左のPDFファイル(ポスター)もご覧ください。




【申し込み・問い合わせ先】
 富山短期大学 生涯学習センター
 電話:076-436-5176(直通)
 E-mail:gakusyu@toyama-c.ac.jp

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ