富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

12

2013


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
付属図書館を紹介します!

付属図書館を紹介します!

教育実習で子どもと楽しむ手遊びの教材づくり

教育実習で子どもと楽しむ手遊びの教材づくり

食物栄養学科 シンポジウムの開催について

食物栄養学科 シンポジウムの開催について

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

13/12/09 (月)

食物栄養学科による新校舎見学会・懇親会が開催されました [食物栄養学科]

画像(180x119)

新校舎見学会を開催しました!

 2013(平成25)年11月30日(土)の14:00から、新校舎のF館に食物栄養学科と専攻科食物栄養専攻の卒業生をお招きして、懇親会と新校舎の見学会を開催しました。

 多数の方にご参加いただき、とても和やかな時間を過ごすことができました。お子様と一緒にご参加された方々も見られ、卒業してからの時間の経過を感じました。

画像(180x119)

原田学科長の挨拶

 見学会・懇談会は、食物栄養学科長 原田教授の挨拶で幕を開けました。

画像(119x180)

田淵専攻科長の挨拶

 続いて、専攻科長 田淵教授が新校舎完成の思いを込めて挨拶を行いました。

画像(180x119)

児玉名誉教授からの祝辞

 また、名誉教授の児玉先生にも新校舎竣工の祝辞を頂戴しました。

 その後、軽食やお茶を楽しんだ後、新校舎内を見学していただきました。調理室や実験室には新しい設備が揃い、「とてもきれいだった」、「もう一回、短大で学びたい」など、さまざまな声が聞かれました。

 卒業生の皆様と楽しい時間を過ごすことができ、食物栄養学科の教職員一同にとっても、とても充実した時間となりました。

Posted   パーマリンク

13/12/06 (金)

合同授業で「運動会」を開催しました! [幼児教育学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

元気いっぱい!準備運動

 2013(平成25)年11月30日(土)、幼児教育学科1、2年生が「運動会」を行いました。
 この「運動会」は、2年次授業「保育内容(健康U)」「家庭支援論」、1年次授業「体育U」「保育内容総論」、の合同授業として実施したものです。

 2年生はこれまでの授業や実習での学びを充分に活かしながら、行事を企画・運営することに努めました。そして、学生自身の保育の技能・表現力の向上や社会性・人間性を育む有意義な機会となりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

【障害物競走】人生 山あり谷あり!

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

【親子ふれあい競技】1

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

【親子ふれあい競技】2

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

競技中のMCに挑戦!


 1年生はパラバルーン演技を創作して披露しました。さらに事後の学習でこの経験を題材に、運動会行事において保育内容が総合的に展開されることを理解していきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

1年3組 パラバルーン演技

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

笑顔がステキでしょ!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

1年4組 パラバルーン演技

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

クラスの仲間と一致団結!


 学生たちは綿密に計画を立てたつもりでも、実際には予想外の出来事が起こったり、準備不足を感じたりして、担当者間で連携することの大切さと難しさを感じることができました。

 しかし、参加者の運動能力にあわせて、楽しんで参加できる方法や環境などについて検討を重ね、楽しい気持ちになれるような司会進行を心がけたこともあり、運動が苦手な学生たちも楽しんで参加し、有意義な学生同士の交流の機会にもなりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

紅白玉入れ合戦!

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

全員参加で真剣勝負のリレー

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

勝負の後は仲良くダンス♪

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

用具の後片付けも協力して行います


【参加した学生の感想】 
●全員参加のリレーでは、1位になっても最下位になっても「うれしい!」という気持ちや「くやしい!」という感情が子どもたち一人ひとりの中に生まれ、それぞれ成長できる部分があると感じた。
●フォークダンスでは、輪になって大きく広がることにより、友達同士の顔が見えるので「楽しい」という気持ちを共有し合うことができた。
●パラバルーンは、限られた練習時間の中で、皆がそれぞれの意見を尊重し、話し合いながら、チームとしてまとまっていくことができた。
●当日、うまくいかないこともたくさんあったが、それまでのプロセスが大切ということが実感できた。
●2年生の動きを見ていて、「運動会」という行事における環境構成や、準備・後片付け、対象年齢に合ったプログラム構成など保育者として配慮すべきことがたくさんあると学んだ。

Posted   パーマリンク

13/12/05 (木)

畜産を通した食育研修に1年生が参加しました! [食物栄養学科]

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

当日のメニュー

 2013(平成25)年11月29日(土)、富山県産畜産物販売促進対策事業による「食育研修 とやまポーク・とやま牛を味わう」が開催され、「とやまのお肉を知って、美味しさを知る」のテーマで調理実習を受講しました。

 詳しい内容はとやまポーク倶楽部およびとやま牛倶楽部のWebサイトに紹介されています。

■とやまポーク倶楽部Webサイト
 1年1組の調理実習の様子
 1年2組の調理実習の様子

■とやま牛倶楽部Webサイト
 1年1組の調理実習の様子
 1年2組の調理実習の様子

 本学では今年度、調理実習の一環として食育研修「食肉についての講習会」を開催しました。さまざまな外部講師に学ぶことができることも、本学食物栄養学科の魅力の一つです。

画像(180x134)

大きなお肉も焼きました

画像(180x134)

とても丁寧にご指導いただきました


Posted   パーマリンク

2013トミタン ボランティア日記(11/16.17) [ボランティア活動]

画像(180x135)

私の班のかわいい子供たちです

■青少年育成富山県民会議【呉羽】なかよし合宿(秋の集い)■

日時: 2013(平成25)年11月16(土)17日(日)
場所: 呉羽青少年自然の家
主催: 青少年育成富山県民会議
投稿: 幼児教育学科 1年生 Kさん

画像(180x134)

心強いリーダーです

【活動内容】
 小学1〜3年生7名班のリーダーとして活動しました。


画像(180x135)

活動を見守ります

【成果(気づきや学び)】
 初めての参加だったこともあり、どのように子どもたちと関われば良いのかが分からず焦ることが多かったです。
 しかし、呉羽青少年自然の家の職員のみなさんや他のリーダーの方との反省会を通し、さまざまな関わり方やアドバイスをいただき、子どもたちにとっても、私にとっても充実した2日間になったと感じます。
 

画像(180x135)

みんなでいただきまーす

 子どもたちの成長をそばで感じることで、私自身が新しい考え方を学び、子どもと一緒に成長することができました。
 今回のボランティアは、どのように子どもと接するのかを改めて考えることができる、とても内容の濃い時間を過しました。
 学んでいることを実践できる場だと感じたので、また参加したいと思います。

■呉羽青少年自然の家 職員さまより■
 Kさんは、小学生の扱いの難しさに「初めてだからうまくいかなくてもいい。うまくいかなかったら、何度でも挑戦したらいい、と自分に言い聞かせていました。」と語ってくれました。
 他に参加したボランティアのメンバーも、彼女ほど純粋な気持ちで子どものために役立とうと努力していたか?と、振り返るきっかけになったものと思います。
 教育者としても、自分の未来を謙虚に力強く歩もうとしているKさんの姿勢に心を打たれました。
 ボランティア学生の取り組み方を見て、改めて教育の原点を学ばせていただいており、心から感謝しております。

Posted   パーマリンク

13/12/04 (水)

インターンシップで得られた気づきを共有! [経営情報学科]

 経営情報学科では、2013(平成25)年11月22日(金)に第8回インターンシップ学内発表会を開催しました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

インターンシップ学内発表会

 この発表会は、今夏に県内の63の企業・団体および中国大連でインターンシップ(就業体験)に参加した学生の中から、代表7名が、インターンシップを通じて得られた気づきや今後の課題などを発表しました。
 本学科の1年生全員が発表を聞き、気づきを共有することで、今後の学びの必要性や就業意識を一層向上させることを目的に毎年実施しています。

【発表者と発表タイトル・研修先企業・団体名】
  1. 犬嶋 愛海 :「丁寧な仕事がお客様からの信頼を得る」(株式会社JTB中部富山支店)
  2. 笹岡 志桜里:「『利用者のために』を強く感じた5日間」(富山大学附属図書館)
  3. 岩田 唯  :「『人生最高の門出』のための『本物のおもてなし』を学ぶ」
             (アイ・ケイ・ケイ株式会社 キャナルサイドララシャンス)
  4. 藤井 美咲 :「積極的に行動すること」(株式会社ボン・リブラン)
  5. 中村 麻友 :「モノづくりにおけるチームワークの重要性」(オーアイ工業株式会社)
  6. 土山 大暉 :「今の自分、理想の自分」(大連YKKジッパー社)
  7. 原 ひかり :「今必要なものとは…」 (射水ケーブルネットワーク株式会社)
画像(180x108)・拡大画像(600x360)

インターンシップ学内発表会

 発表者からは、「挨拶・コミュニケーションの重要性」「報告・連絡・相談の必要性」「お客様との信頼関係は、一つひとつの丁寧な仕事から得られる」など、それぞれが研修を通じて体験した内容が次々と報告されました。

 また、発表を聞いた学生からは、次のような感想が聞かれました。

 ● 私も挨拶の重要性を感じていた。他の学生も同様に感じているならば、社会人になる前にもう一度しっかりと毎日の挨拶を心がけたい。

 ● 仕事のやりがいの意味を改めて認識させられた。12月から始まる就職活動に向けて目標とする企業に入れるように企業研究・業界研究なども頑張りたい。


 なお、今回の発表者のうち1名は、富山県インターンシップ推進協議会が主催するインターンシップ就業体験発表会で、本学代表として発表する予定になっています。



画像(180x101)・拡大画像(606x341)

インターンシップ参加者数等の推移

 経営情報学科では、就業力の育成を目的に、「ビジネス実務教育」「キャリア講座」「インターンシップ」による三位一体のキャリア教育を展開しています。

 インターンシップは、大学で学んだ事柄を実際に実体験してみると同時に、自分の実力と社会が求める水準との差を確認することができる重要な研修です。

 今年度は、過去最多の111名が研修に臨み、それぞれの学生が自分に不足している能力や社会人になる厳しさなどを学び、その後の大学での学びにつなげています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ