富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

1

2014


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  PHOTO
スイーツラボと校外実習生によるパネル発表を行いました

スイーツラボと校外実習生によるパネル発表を行いました

2008オープンキャンパスパートU(8/23土)詳細決定!

2008オープンキャンパスパートU(8/23土)詳細決定!

富山北部高校2年生の皆さんが本学を訪問されました

富山北部高校2年生の皆さんが本学を訪問されました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/01/14 (火)

総合実習報告会を開催しました [福祉学科]

 2013(平成25年)年12月26日(木)、2年生の総合実習報告会を開催しました。

 2年生は、最後の実習となる「総合実習」を、11月29日(金)で終了しました。個々に取り組んだ自己課題がどのように達成できたか、また、さまざまな利用者の暮らしと多様な介護サービスの実際についての学びを報告集にまとめ「総合実習」報告会で発表しました。

画像(180x135)

発表の様子

 実習施設である特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、小規模多機能型居宅介護、グループホームから10名の指導者の方々にもご参加いただき、2年生が実習で体験できた内容や気づきについてあたたかい助言や意見を頂戴しました。

 2年生の発表を聞いた1年生は、2月から始まる「計画実習」に向け、具体的な介護の実践を聞き、積極的に意見や感想を述べていました。

「総合実習」報告会に参加しての感想
☆1年生から☆
 今回の報告会で学んだことがたくさんありました。グループホームや小規模多機能型居宅介護、富山型デイサービスには行ったことがなく、それぞれの介護サービスの特徴が分かりました。発表の中で、「家族らしい一面」や「介護者のペースになりがちであるが、利用者のペースを大事にする」というところが、とても印象深く心に残りました。

☆2年生から☆
 「総合実習」の報告会を終えて、他者の実習の学びを聞き、改めて「介護とは」を考えてみる機会になりました。5回の実習をとおして、利用者との関わりや介護福祉士としての役割について自分の心の中に変化を感じています。これからは、介護福祉士のやりがいと魅力を社会に伝え、これまでの学びを介護福祉士として働いていく自分の糧にしていきたいと思います
 
 どの施設でも、個別ケアに必要なコミュニケーションや利用者との関わり、地域との連携に工夫を凝らしていることが分かりました。
 今回、印象に残ったのは、「無理に何かをするのではなく、何もしない時間も必要」という言葉です。「退屈そうだから・・」ではなく「リラックスしておられる時間かも」という判断も大切だと感じました。

Posted   パーマリンク

14/01/10 (金)

平成26年度一般T期入試等の出願状況(1/10現在) [入試情報]

 2014(平成26)年1月8日(水)から、平成26年度 一般T期入試等の出願受付を行っています。
 出願期間:2014(平成26)年1月8日(水)〜1月21日(火)

 ・一般T期入試
 ・専攻科食物栄養専攻入試(第3次)

 2014(平成26)年1月10日(金)17:00現在の出願状況をお知らせします。

■ 一般T期入試
学 科 [入学定員] 募集人員 出願者数
食物栄養学科 [80] 24 5名
幼児教育学科 [80] 23 2名
経営情報学科 [100] 30 0名
福 祉 学 科 [70] 15 1名
合  計 [330] 92 8名
■ 専攻科食物栄養専攻入試(第3次)
専攻科
食物栄養専攻
[入学定員] 募集人員 出願者数
入試(第3次) [15] 1 1名

 次回は、2014(平成26)年1月14日(火)17:00現在の出願状況をお伝えする予定です。

 平成26年度 一般T期入試および専攻科食物栄養専攻入試(第3次)の出願受付については、記事「1月8日から平成26年度 一般T期・専攻科入試(第3次)の出願受付を開始します」をご覧ください。

Posted   パーマリンク

2013トミタン ボランティア日記(12/21) [ボランティア活動]

画像(180x117)

富山駅前マリエ6階富山県赤十字血液センター

日時: 2013(平成25)年12月21日(土)
場所: 富山駅前マリエ6階
主催: 富山県赤十字血液センター
投稿: 経営情報学科 1年生


■活動内容■
・献血後の粗品出し
・お菓子の補充

■成果(気づきや学び)■
 思っていたよりも献血に来る人が多くて驚きましたが、もっと大勢の方が来場される日も多いそうです。
 献血のお礼の粗品を、間違えないように何度も確認をしてから慎重にお渡しすることができました。
 大学に入ってから初めてのボランティアだったので緊張しましたが、献血ルームの方々が優しく丁寧に教えてくださって、自分の仕事をしっかりこなすことができました。
 今度は、自分が献血するために訪れたいと思います。

■課題や反省点■
 粗品を渡すときに緊張してしまい、少し早口で話してしまいました。もっと丁寧に話せばよかったと思います。

Posted   パーマリンク

14/01/09 (木)

授業紹介:調理学実習V(担当:深井教授) [食物栄養学科]

 食物栄養学科では、1年生前期の調理学実習T・U、後期の調理学実習Vが必修科目になっています。

 調理学の基礎理論を踏まえて、実際の調理実習でその過程を科学的に捉えながら、いかにおいしく作るかを学びます。そして、味つけや盛り付けなどにも心配りをして、日本料理の基礎から応用技術を身につけたうえで、日本の行事食、西洋料理、中国料理の実習を行っています。

 また、外部講師を招いての講習会の開催にも力を入れており、12月には3回の講習会を行いました。

画像(180x135)

海老の背わた取りは大変

 まず、日本料理では富山県調理師会会長の利光登氏を講師にお招きして、”晩秋の一献”をテーマに「鮭腹子飯(イクラご飯)」「薯用かぶら蒸し」、「蓬薐草の玉子焼き」の3品を作りました。

 初めて生筋子を42〜45度位の湯でほぐしてバラバラにする作業を教えていただいたり、かぶらの蒸し物や玉子焼き作りの奥深さを体感することで、改めて料理は基本が大切であることを学びました。

画像(180x135)

でき上がり

 次に、富山県漁業協同組合連合会、富山県鮨商生活衛生同業組合、新湊漁協女性部の15名を講師にお招きして「魚料理講習会〜ふくらぎのおろし方とおつくり〜」を開催しました。

 富山県おさかな普及協議会 技術委員長 菅原 隆氏からふくらぎの3枚おろしの方法やおつくりを丁寧に教えていただきました。講師の皆さんと一緒に食べたアラ汁はとてもおいしかったです。

 講習を受講した1年生たちは、包丁になれない4月と比べて非常に上達してきています。講師の方から包丁の扱いをほめていただいた学生も、自分たちの成長を実感している様子です。

Posted   パーマリンク

14/01/08 (水)

2013トミタン ボランティア日記(12/15) [ボランティア活動]

画像(180x135)

■手をつなぐ育成会「クリスマス会」■

日時: 2013(平成25)年12月15日(日)
場所: 富山市社会福祉センター
主催: 富山市手をつなぐ育成会 みんなの青年の会
投稿: 経営情報学科 1年生女子5名

画像(180x135)

■活動内容■
 クリスマス会で参加者の活動のサポート
 (ケーキ作りのお手伝いをしたり一緒にビンゴゲーム)


■成果(気づきや学び)■

・ビンゴゲームや食事を通して、クリスマス会を楽しむことができました。参加者の方と打ち解けるには、自分から積極的に話しかけることが大切だと感じました。

・皆さん心からクリスマス会を楽しんでおられました。育成会のボランティアに参加するのは2度目だったので、参加者の皆さんと積極的に会話をして、一緒にクリスマス会を楽しむことができました。

・とても楽しいクリスマス会を過ごすことができました。これからもどんどんボランティアに参加していきたいなと改めて思うことができた1日でした。

・初めはどのように接して良いのか分からず、とまどいもありましたが、お話し好きな皆さんだったので、すぐに仲良くなることができました。違う班の方も気軽に話しかけてくださって嬉しかったです。

・皆さんとてもフレンドリーで、一緒に楽しむことができました。反省点は、私がどこまでお手伝いして良いか分からず、とまどっていた部分があったことです。もっと積極的に行動すれば良かったと感じました。短い時間でしたが、学ぶことがたくさんあって、とても有意義な時間を過ごすことができました。今後もボランティア活動に積極的に参加していきたいと思っています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ