富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

3

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  PHOTO
卒業研究実験『運動負荷と味覚感受性の関係』を実施しました

卒業研究実験『運動負荷と味覚感受性の関係』を実施しました

 2009トミタン ボランティア日記 (5/24)

2009トミタン ボランティア日記 (5/24)

富山いずみ高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

富山いずみ高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/03/31 (月)

(株)カターレ富山との広告協賛契約の締結について [入試・広報センター]

画像(315x320)・拡大画像(631x640)

 2014(平成26)年3月31日(金)、学校法人富山国際学園 富山短期大学は、株式会社カターレ富山と広告協賛(スポンサー)契約を締結いたしました。

 カターレ富山のサポーターの一員として本学の学生・教職員一同も声援を送り、地域スポーツへの支援を行うとともに、富山県の活性化に貢献して参ります。
 

【地域スポーツを通じて富山県を活性化!】

 富山国際学園 創立50周年スローガンである「夢を育み、地域とともに」のもと、いっそう富山県の活性化に努めていきたいと考えております。
 今回、スポーツを通じて地域貢献を行うにあたり、Jリーグで活躍する「カターレ富山」と協賛広告契約を締結し、支援していくことになりました。

 今後、カターレ富山を応援することでチームの運営をバックアップするとともに、青少年の健全な育成、スポーツの振興などに貢献して参ります。

画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x213)・拡大画像(640x427)

Posted   パーマリンク

幼児教育学科の就職内定率が100% に達しました [幼児教育学科]

画像(180x135)

学科長から卒業証書を受け取りました

 2014(平成26)年3月14日(金)の本学卒業式の時点で幼児教育学科2年生の就職内定率が100%に達しました。
 就職内定者の全員が保育専門職です。

 また、2014(平成26)年3月に卒業した幼児教育学科2年生のうち、公務員採用試験(保育士)に10名が合格し、4月から各自治体に正規採用されます。

 今年度の就職状況の特徴は、以下の3点です。

■ほとんどの学生が希望の就職先に内定したこと
■公務員保育職は、富山市、高岡市、砺波市、滑川市など、各自治体の採用試験に合格したこと
■就職希望者の100%が、保育専門職に就いたこと

 このような就職活動の成果を支えるのは、次の要因であると考えています。

■県内のほとんどの幼稚園・保育所で卒業生が活躍し、大きなネットワークができていること
■県内の幼稚園・保育所の本学科に対する評価が非常に高く、保育職の求人数が多いこと
■1年次からの実習及び事前事後指導、就職ガイダンス、先輩と語る会などの充実した指導によって、学生に早い段階から専門職意識と就職に対する心構えができていること

 来年度も、全ての学生が就職を決定するために、教職員が一丸となって、学生一人ひとりの希望や適性を考慮しながら進路支援に力を入れていきます。

画像(180x119)

感動の卒業式

画像(180x119)

4月からは笑顔が素敵な保育者になります


Posted   パーマリンク

14/03/28 (金)

バスツアーの皆さんが本学を訪問されました [入試・広報センター]

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

本学の概要説明

 2014(平成26)年3月27日(木)、県内の高校生45名がバスツアーで本学を訪問されました。

 本学の概要説明を行った後、保育・幼児教育コース、経理・簿記コース、情報・IT・マルチメディアコース、福祉コースに分かれて体験授業を受講してもらいました。

【体験授業の様子】

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

幼児教育学科:音楽とともに絵本の世界へ

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

経営情報学科:簿記・会計の仕事について


画像(180x119)・拡大画像(640x425)

経営情報学科:Webページデザインに挑戦

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

福祉学科:コミュニケーション型ロボットパロを囲んで


【ランチタイム】

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

 新しい学生ホールで、お弁当を食べていただきました。
 皆さん、食事をとりながら、今日の体験授業について話題がはずんでいる様子でした。





【参加者の感想】

・富山短大の楽しさが伝わり、自分もいっしょに学びたいと思いました。オープンキャンパスに、ぜひ参加したいです。
・保育・幼児教育コースの授業を受けました。「ふとんが吹っ飛んだー」の手遊び体験がとても楽しく、リラックスして授業を聴くことができました。
・経理・簿記コースは、パワーポイントを使った説明がとてもわかりやすかったです。
・Webページデザイン基礎講座を体験して、ぜひ進学したいと思いました。
・「介護ロボット」の講義を聴いて、自分が思っていたロボットとは、違っていて驚きました。福祉について、いろいろ学べてよかったです。

【トミタンといっしょ】

画像(180x119)・拡大画像(640x425)
画像(180x119)・拡大画像(640x425)

Posted   パーマリンク

14/03/26 (水)

大好評!「中学校への出前講座」 [福祉学科]

画像(180x119)

講座を行う石橋准教授と福祉学科卒業生

 2014(平成26)年2月5日(水)、今年度最後となる4校目の「中学校への出前講座」を実施しました。

 昨年度も実施した、富山市の奥田中学、和合中学、そして氷見市の灘浦中学の3校に加えて、今回新たに富山市立城山中学校での開催が実現しました。

画像(180x119)

パワーポイントでわかりやすく授業

 今回は、石橋准教授が講座を担当し、「思いを共有できる人になろう」のテーマで、中学1年生の計3クラスを対象にコミュニケーション技術の授業をクラスごとに行いました。
 中学1年生にもわかりやすいように、講義と演習を交えた内容の授業を行い、好評を得ることができました。

画像(180x119)

介護現場での体験談も交えました

 また、昨年度の福祉学科卒業生1名を補助スタッフとして招き、教員と生徒とのつなぎ役として活躍してもらいました。社会人となって1年目でしたが、上手に演習を進めてくれました。

画像(180x119)

たくさんの感想をいただきました

 福祉の現場で働く卒業生を毎年呼んで協力してもらっているのには理由があります。
 介護福祉分野における将来のリーダー養成をめざす卒後教育としても、これらの講座を位置づけているからです。

【受講した中学生の感想】
「絵を描き、質問をしながらコミュニケーション力をつけたり、寸劇で相づち・うなずきを学んだりして、簡単に楽しくコミュニケーションについて学べました。」
「福祉に関する仕事に興味があり、やってみたいと思っていました。今回の講座を受けて、もっと関心を持つことができました。」
「人の話を聞き流すことがあったけれど、これからは相手に嬉しく思ってもらえるような相づちを返したいと思います。」
「今日の体験から、人と人との思いを大切にしたコミュニケーションをとっていきたいと思います。」
「傾聴や共感など難しい言葉もあったけれど、それは簡単に気をつけられることで、すぐにでもできそうです。」
「人の気持ちをしっかりと考えた上で話をすることが大切だとわかりました。そして、相づちで相手と共感できることがわかりました。」
「コミュニケーションの意味が、ただ単に会話をすることだけではないのだと知ることができました。」
「私は将来、人の役に立てる仕事に就きたいと思っているので、その夢にも必要なことを学べた気がします。」
「コミュニケーションについて初めて学びました。共感したりうなずいたりするのもコミュニケーションの一つだと知りました。」
「目を見て相づちをしてきちんと聞くと、話す人も聴く人も両方がいい気持ちになるのではと思いました。」

Posted   パーマリンク

14/03/25 (火)

雑誌リサイクルフェアを開催しました [図書館]

 2014(平成26)年3月17日(月)と18日(火)の2日間、本学付属図書館において保存年限の過ぎた雑誌のリサイクルフェアを実施し、12種類の一般雑誌のバックナンバーと付録を学生の皆さんに提供しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

本を確認する学生たち

 学生たちは、記事内容を確認しながらお目当ての雑誌を手にしていました。
 中には、全冊なくなる雑誌もあり、たくさんの雑誌を利用者の方に還元することができました。今後も毎年実施していく予定にしています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

会場の様子

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

雑誌の付録

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ