富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

6

2014


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  PHOTO
社会人への第一歩!新聞見出しから世の中を読み解く

社会人への第一歩!新聞見出しから世の中を読み解く

射水市太閤山文化祭に参加〜在宅介護班レポートより〜

射水市太閤山文化祭に参加〜在宅介護班レポートより〜

平成21年度 経営情報学科 専門演習発表会を開催しました

平成21年度 経営情報学科 専門演習発表会を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/06/30 (月)

「第42回 幼児教育研究会」を開催しました −和太鼓編− [幼児教育学科]

画像(175x180)・拡大画像(625x640)

会場はコチラです!

 2014(平成26)年6月21日(土)、「保育内容を見つめ直す −子育て支援と保育内容−」をテーマに、第42回 幼児教育研究会を本学E館・G館を会場として開催しました。

 今年度は、午前中に部門別研修として、とやま幼音の会、シンポジウムの2部門の研修を行い、午後には講演を実施して、それぞれの部門・分野から研修を深めました。本学の学生と幼稚園・保育所・大学関係者など、合わせて約350名が参加しました。

 まずは、午前の部、部門別研修の和太鼓の様子を紹介します。

【午前の部】

●部門A とやま幼音の会
「いのちが躍動する和太鼓表現活動を」
第一部「どの子も夢中になる和太鼓あそび」 第二部「楽しいワクワク和太鼓体験」
講演と実技指導:野口 操 氏(NPO法人 和太鼓教育研究所)

 野口先生は、神戸を拠点に和太鼓講師として、幼児から成人まで幅広い年齢層への指導を行っておられます。
 特に幼児への和太鼓の指導について、青年期を見通した上での「幼児期にふさわしい表現活動としての独自のプログラム」を提案、実践を続けておられます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

締太鼓でリズムを打つ、野口 操 先生

 第一部は、和太鼓の音や響きを体感して”いろいろな動き”であそぶことをねらいとして、「みんなで いちに!」「忍者小走り」「汽車ごっこ」「ドンドンステップ」など、子どもたちが心の底から自分を表したい喜びにあふれた和太鼓実践の紹介がありました。

 第二部では、和太鼓を打つことで、音や響きを体感するあそびを実際のプログラムを使って、参加者全員で楽しみながら、からだの内側からあふれ出る表現の喜びを体験しました。

 一般参加(幼稚園教諭・保育士など)と本学学生合わせて総勢120名のみなさんは、リズムに乗り始めると我を忘れて一心不乱になり、「2時間半の研修はあっという間だった」と口をそろえていました!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

太鼓のリズムに合わせて、大きな声で数を唱えながらステップをして、最後にヤー!!

画像(154x180)・拡大画像(549x640)

野口先生とサポートの吉田先生


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

締太鼓のリズムに合わせて

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

声もよく出ています!

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

バチ打ちもサマになってきました

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

表情からも楽しさがあふれています(^^♪


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

全身が躍動しています!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

野口先生のお手本に見入る参加者


画像(180x134)・拡大画像(640x479)

20台の太鼓を120名で打つと圧巻です

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

最後のポーズ!一体感がうまれました!


【参加者の感想】
■今日初めて出会った保育士の方と向かい合ってリズムをとったが、いつの間にかアイコンタクトをとって声を出し、からだが自然に躍動していることに気づいた。
■力強く打てば打つほど、からだが弾み、自分の中にあったモヤモヤしたものが、パーっと晴れた気がした。
■「どの子も夢中になる」というコンセプトが素晴らしく、園に太鼓がなくても、リズム遊びは楽しめると感じた。
■参加者全員で最後まで合わせられた時の達成感や一体感がよかった。
■内容だけでなく、講師の先生の雰囲気もとても良く、よい研修だった。


Posted   パーマリンク

オープンキャンパス パートTで質問いただいた内容について回答します! [入試・広報センター]

 ★オープンキャンパス パートTを開催しました!の記事へ

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

ご来場ありがとうございました

 2014(平成26)年6月14日(土)13:30から開催したオープンキャンパスパートTに多数の方にご参加いただき、本当にありがとうございました。

 本記事では、アンケートに、ご意見や質問をお書きいただいた内容について回答します。 
 ご参加いただくことができなかった方は、次回以降のオープンキャンパスに参加される際の参考にしてください。


【ご意見・質問と回答】

Q.午前中に開催してほしい!
Q.開始時間を早くして、時間を長くしてほしい!
A.昨年度も同様の要望をいただいており、今年度のオープンキャンパスの計画の際に検討しました。
 遠方からお越しになる方への配慮や催しを集約して行うことに加えて、高校では土曜日や日曜日に補充授業や模擬試験、各種資格・検定試験が行われていることもあり、午前よりも午後に参加しやすい方が多いのではないかという判断で、今年度も午後から開催することになりました。
 今後も改めて、開催日時を検討する際の貴重なご意見とさせていただきます。
 

Q.入試のことを知りたかったです。
Q.推薦入試について詳しく知りたかった。
A.入試のことは、平成27年度 学生募集要項学生募集要項に基づいてお話しするのですが、オープンキャンパスパートTの開催日には冊子が間に合わないため、来年度入試に関する説明は控えさせていただいておりました。
 パートU以降では、学生募集要項に基づいて説明を行う予定です。
 

画像(135x89)・拡大画像(640x426)

オープンキャンパスの様子1

画像(135x89)・拡大画像(640x426)

オープンキャンパスの様子2

画像(135x89)・拡大画像(640x426)

オープンキャンパスの様子3


 
Q.費用のことについて、詳しく知りたかったです。
Q.奨学金のことについて、もっと話してほしかった。
Q.施設見学をしたかったです。
A.学生納付金など費用に関することは、パートTでは保護者向けの説明会でお話ししていました。そして、施設見学も今回は保護者の方だけを対象に行いました。高校生等の方々は、パートTで参加する機会がなかったかもしれません。
 費用や奨学金などについて関心のある方は、保護者以外でも説明をお聞きいただけますので、パートU以降の保護者向けの説明にご参加ください。
 施設見学は、オープンキャンパスパートUとパートVでは、キャンパス探検ツアーを実施します。ツアーでは、学内の各施設や設備をひと通りご覧いただくことができますので、ぜひご参加ください。
 また、大勢の方にご参加いただいていますので、聞きたいけれど説明がなかったという内容もあるかと思います。その際は、遠慮なく相談コーナーで質問いただき、疑問を解消してから、ご帰宅いただきたいと考えております。
 

Q.授業内容をもっと詳しく知りたかった。
Q.実習風景を見たかったです。
A.オープンキャンパスパートTでは、各学科のことを知っていただくために、体験コーナーや模擬授業を実施しました。満足していただけたでしょうか?オープンキャンパスパートUとパートVでも、各学科の特色を前面に打ち出した模擬授業を行います。本学での「学び」の一端に触れてみてください。
 また、以前から実際に学生が授業や実習を受けている様子を見たいというご意見をいただいておりますが、管理・衛生面の問題や見学スペースの都合上、オープンキャンパスでは実施しておりません。オープンキャンパス以外の日にも見学を受付しておりますので、本学の授業期間であれば、実際に授業の様子をご覧いただくことができるかもしれません。ご希望の場合は、入試・広報センターにご連絡いただき、日時を調整してください。
 

画像(119x180)・拡大画像(426x640)

目印のスタッフTシャツ

 疑問・質問に対する回答は、相談コーナーの教職員だけでなく、学生たちも受付していますよ!特に、黄色のスタッフTシャツを着用している学生たちには、遠慮なくどんどん質問をしてくださいね。

【お知らせ】

 次回は「オープンキャンパス パートU」を開催します。
 日時:2014(平成26)年7月12日(土)13:30〜
 場所:富山短期大学


●事前の申し込みは不要です。お友達や保護者の方もお誘いいただき、気軽にお越しください。
 また、JR魚津、富山、高岡駅前から無料送迎バスを運行します。どうぞご利用ください。

 今後のオープンキャンパスの日程はこちらです。

Posted   パーマリンク

14/06/27 (金)

幼教オリジナル・ポロシャツができました! [幼児教育学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

元気が出るビタミン・カラー

 幼児教育学科では、これまで体操服などの指定は特にありませんでしたが、幼稚園や保育所、施設など実習に出る機会が多いこともあり、このたび2014(平成26)年度から「実習着」として、学科オリジナルのポロシャツを製作しました。

 カラーは5色あり、学生・教員それぞれ好みの色を選んで、早速、普段の授業や行事などで着用しています。
 今後の実習は、カラフルなポロシャツに身をまとって行うことになり、実習に臨む楽しみがさらにひとつ増えました!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

あなたなら、どれにする?

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学生の人気NO1は、クリーム・イエローです


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ステキでしょ(*^。^*)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

トミタンのマークがキュートです☆


Posted   パーマリンク

14/06/26 (木)

平成27年度入試の変更点について [入試情報]

 平成27年度入試の日程についての記事へ

 富山短期大学 平成27年度入試と平成26年度入試との変更点は以下のとおりです。
 なお、詳細につきましては、順次発送を予定しております「平成27年度 学生募集要項」でご確認ください。

 

推薦入試
1.対象学科:全学科
 推薦入試(公募制)に「併願制」を導入。

 平成26年度入試まで、本学の推薦入試は「専願制」だけでしたが、他大学の推薦入試等と併願できることになりました。

2.対象学科:幼児教育福祉学科
 推薦入試(公募制)に「市町村連携型(専願)」を導入。

 富山市福祉奨学金給付事業と連携して、生活保護世帯や児童養護施設から高等学校等に通学しており、福祉分野の仕事をめざす方を対象にした推薦入試を実施します。
 

自己推薦推薦入試
1.対象学科:食物栄養学科
 自己推薦入試の対象学科に食物栄養学科を追加。

 従来の経営情報学科と福祉学科を対象としていましたが、新たに食物栄養学科で高校生活等で出願条件を満たし、その内容を自己アピールできる方を対象とする「専願制」の自己推薦入試を導入します。
 

一般T期入試
1.対象学科:全学科
 一般T期入試の選択科目「数学」「生物」を学習指導要領(新課程)に対応。

 「数学」「理科」教科の学習指導要領の変更に伴い、一般T期入試の選択科目「数学」と「生物」の科目内容・範囲を次のとおり変更します。

 「数学T」→「数学T」(新課程の範囲)
 「生物T」→「生物基礎」
 

大学入試センター試験利用型入試
1.対象学科:全学科
 大学入試センター試験利用型入試の入試日程「中期」を追加。

 従来の「前期」「後期」に加えて、2月に出願から合格発表を行う「中期」日程を導入します。

2.対象学科:全学科
 大学入試センター試験利用型入試の利用可能科目の変更。

 学習指導要領(旧課程)履修者に対する経過措置として「数学」「理科」教科の旧課程科目を利用可能科目にします。

3.対象学科:経営情報学科
 大学入試センター試験利用型入試の利用可能科目の変更。

 従来は「理科」教科を利用できませんでしたが、利用可能科目に追加します。

4.対象学科:食物栄養福祉学科
 大学入試センター試験利用型入試の選考対象科目の変更。

 従来は「指定1科目(国語)」と「選択1科目(高得点の科目)」でしたが、「選択2科目(高得点の2科目)」に変更します。

5.対象学科:経営情報学科
 大学入試センター試験利用型入試(中期)および(後期)の選考対象科目の変更。

 従来の「同一教科からは高得点の1科目のみ」、「第一解答科目」の条件を解除し、全教科・科目の中から「高得点の2科目」を選考対象とします。
 

特別入試(社会人・学卒者・外国人留学生等)
1.対象学科:全学科
 特別入試(社会人・学卒者・外国人留学生等)の選考方式を変更。

 従来は、アドミッション・オフィス(AO)方式で出願前の「エントリーシート」「面談」を重視して選考を行っておりましたが、「書類審査」「面接」および「小論文経営情報学科のみ)」による総合評価方式に変更します。

2.対象学科:全学科
 特別入試(社会人・学卒者・外国人留学生等)の選考時期を変更。

 従来は、8月から9月頃にかけてエントリーの受付と面談を行い、10月頃に合否判定を行っていましたが、選考方式の変更に伴い、入試日程を変更します。

 【A日程】(12月実施):社会人・学卒者・外国人留学生等を対象
 【B日程】( 2月実施):社会人・学卒者を対象

 ※詳細は、「平成27年度 学生募集要項」でご確認ください。
   特別入試(外国人留学生)の学生募集要項を希望される方は、本学にお問い合わせください。

 

Posted   パーマリンク

14/06/25 (水)

保育実習Uに向けて模擬保育を行いました [幼児教育学科]

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

赤いエプロンは保育者役です

 幼児教育学科2年生は、2014(平成26)年6月23日(月)から7月4日(金)の10日間、保育実習Uの授業で3歳以上の幼児を対象とする保育所実習に臨んでいます。

 実習に向けて、保育内容(造形表現U)や保育実習指導U、教育実習指導などの授業時間内に、製作活動や自己紹介、パネルシアターなどをテーマにして模擬保育を行いました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

自己紹介が歌あそびになっています♪

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

スケッチブックを活用した自己紹介

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

透明シートにマジックでお絵描き

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

ちぎり絵


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

子どもたちに呼びかけながら…

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

演じながら全体を見渡すことも大切です


 
 題材の選択は適切だったか? 全体を見渡したうえでその場に応じた声の大きさや言葉がけができていたか?など、フロアからもたくさん意見を出し合い、互いに高め合いました。

 学生を前にした模擬保育と、保育の場で子どもたちを相手に実践する保育には多くの違いがありますが、実習で大いに学び、成長してキャンパスに帰ってくることを期待しています!

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ