富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2014


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  PHOTO
「RUN伴(ランとも)2017富山」に参加しました

「RUN伴(ランとも)2017富山」に参加しました

インターンシップ発表会を開催しました

インターンシップ発表会を開催しました

星槎国際高校の皆さんが本学を訪問されました

星槎国際高校の皆さんが本学を訪問されました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/07/11 (金)

2年生から1年生へ−保育実習連絡会を実施しました− [幼児教育学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

1、2年生がわきあいあいと語ります

 2014(平成26)年7月10日(木)、保育実習連絡会を開催しました。
 この連絡会は、保育実習指導の一環として、幼児教育学科の1、2年生が地域別の13グループに分かれ、保育実習と教育実習Tを終えた2年生が、これから実習を控えている1年生に対して、体験談や経験に基づくアドバイスをするという形式で行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2年生から手づくり教材の紹介

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

真剣にメモをとる1年生

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

実習体験を熱く語る2年生

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

会話が盛り上がるグループ


 当日は、各会場でさまざまな質問や、それに対するアドバイスやコメントがありました。ここでは、その一部を紹介します。

Q. 実習に向けて知っておいた方が良いことは?
A. 子どもたちの間で流行しているアニメなどに、日頃からアンテナをはっておき、興味や関心を探っておく。

Q. 実習日誌や指導案について
A. 日誌や指導案など帰宅してから書くが、実習中は体力を使うので、疲れて寝てしまわないうちに、帰宅後すぐ書類に取り組むと良い。また、考察は感想にならないよう気をつけること。

Q. 手遊びについて

A. 給食や間食の前後など、実習生に手遊びをお願いされることがよくあるので、その場で頼まれてもサッとできるよう、レパートリーを増やしておくと良い。
「ミックスジュース」や「○○○サイダー」などが盛り上がり、オススメ。

Q. 実習開始までに準備しておいた方がよい物は?

A. スケッチブックやエプロンなどを利用した自己紹介グッズや、子どもたちの視覚に訴えるペープサート(紙人形劇)、パネルシアター、紙芝居などの教材をたくさん作っておくと、今後のさまざまな実習や、保育の場に就職した際にも役立つ。

Q. 子どもとのかかわり方で気をつけることは?

A. 3歳以上児のケンカについては、実習生が入り込みすぎず、子ども同士で解決できるよう見守ることが大切。

 1年生は今後の実習に活かそうと、メモをとったり、積極的に質問をしたりして、先輩の話に真剣に耳を傾けていました。
 このように、幼児教育学科では、先輩から後輩へ大切なことが受け継がれています。

Posted   パーマリンク

龍谷富山高校2年生の皆さんが本学を訪問されました [入試・広報センター]

 2014(平成26)年7月11日(金)、龍谷富山高等学校の2年生41名と教員1名が本学を訪問されました。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

 はじめに、入試・広報センターの副センター長である小西准教授が本学の概要を説明しました。

 続いて、学校選びのポイントとして、みなさんに「将来なりたい自分を想像して、今、自分に何が欠けているかを考えてみて下さい。そして、その欠けている部分を補ってくれる分野に気づき、学校を選択していくのが近道と考えます。」とお話しました。

 その後、食物栄養学科と経営情報学科の説明を聞いていただきました。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

食物栄養学科の説明

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

経営情報学科の説明


 それから、2グループに分かれて、幼児教育学科、福祉学科の見学をしてもらいました。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

幼児教育学科の説明

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

福祉学科の説明


【トミタンと記念撮影】

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

トミタンといっしょ1

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

トミタンといっしょ2


■参加者の感想

・施設が、とても充実していて驚きが多かったです。
・自分の学びたいことを学ぶことができると思いました。県内で進学するなら、富山短大を受験しようと思いました。
・生徒が中心になって企画する行事があって、とてもいいなと思いました。

Posted   パーマリンク

学生会が第1回美化運動を実施しました [学務課]

画像(180x135)

呼びかけに応じた学生たち

 2014(平成26)年7月1日(火)、3日(木)、8日(火)の3日間、本学の学生会が主催する第1回美化運動を行いました。3日間で約80人の学生が参加し、学内の廊下清掃、構内や学校周辺のごみ拾いなどを行いました。


【参加した学生の感想】

「暑くて大変だったけど充実した3日間だった」
「清掃活動を通じ、先輩や友人と交流することができた」
「みんなで協力しながらゴミを拾うことで、学校がきれいになり気持ちよかった。」

画像(180x135)

溝の中も…

画像(180x135)

ピカピカにします!

画像(180x135)

けっこう汚れてますよ

画像(180x122)

ゴミ袋にいっぱい拾います

画像(180x135)

小さなゴミも見逃しません


 学生会では、美化運動を通して学内の環境美化に努め、美化意識の向上をめざしていきたいと思います。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

Posted   パーマリンク

14/07/10 (木)

「第42回 幼児教育研究会」を開催しました −シンポジウム&講演編− [幼児教育学科]

画像(180x119)

コーディネーター : 小芝 隆 副学長

 2014(平成26)年6月21日(土)、「保育内容を見つめ直す −子育て支援と保育内容−」をテーマに開催した第42回 幼児教育研究会の中から、午前の部:部門別研修B(シンポジウム)と、午後の部:講演の様子を紹介します。

●午前の部、部門別研修A:和太鼓の様子はこちらをご覧ください。


●部門B シンポジウム
「子育て支援と保育内容 −保育所・幼稚園での実践を基に−」

【シンポジスト】
・高野 睦美 氏(黒部市役所こども支援課)
・舟竹 亮 氏(高岡市立川原保育園 保育士)
・青山 仁(富山短期大学付属みどり野幼稚園 園長)
・梅本 恵(富山短期大学幼児教育学科 講師)
【コーディネーター】
・小芝 隆(富山短期大学 副学長、幼児教育学科 教授)




画像(142x180)・拡大画像(506x640)

高野氏による4コマまんが通信

 保育所・幼稚園在園児の保護者が支援対象となる場合、保育を通しての子どもの姿や保育の意図及び内容について、保護者と保育者との共通理解を図ることが重要となります。
 このような保育内容と子育て支援の関係について、4名のシンポジストが、それぞれの立場から保育所・幼稚園における実践紹介を通して、考察を深めていきました。

 高野 睦美 氏からは、保護者向けに、保育所での出来事を4コマまんがにして子どもの姿を伝える支援についての紹介がありました。

 舟竹 亮 氏からは、男性保育士・家庭支援カウンセラー・幼稚園に子どもを預ける保護者という3つの立場(視点)から保護者支援についてのお話がありました。

 青山 仁 園長は、子どもを中心に据えた子育て支援の必要性について述べました。

 梅本 恵 講師は、実際の保育内容を共有する取り組みとして、保護者を巻き込んだ保育内容づくりの事例紹介を行いました。

画像(180x119)

高野 睦美 氏

画像(180x119)

舟竹 亮 氏

画像(180x127)

青山 仁 園長

画像(180x119)

梅本 恵 講師


画像(180x68)

シンポジストの4名

画像(180x119)

熱心に資料を見ながら聴き入る参加者


【参加者の感想】
■保育の現場を知っている方だからこその話を面白く聞くことができ、タメになった。
■保育内容の充実が子育て支援に直結していることが痛切に感じられた。
■各園での保育の進め方や保育者の思いを理解することができて良かった。
■それぞれのシンポジストの方の特徴ある意見を聞き、自分自身の振り返りができた。
■日頃の保育を振り返り、今後、保育士としてのスキルアップの必要性を感じた。


【午後の部】

画像(180x120)

講師:柏女(かしわめ)教授

●講演
「保育者の専門性を生かした保護者支援−保育相談支援」

講師:柏女 霊峰 氏(淑徳大学教授)

 児童家庭福祉学を専門にされている柏女先生をお招きし、保育者の専門性を生かした保護者支援として、保育相談支援と保育や相談援助、カウンセリングなどとの関係について、ご講演いただきました。

 多くの資料を基に、実践的な子育て支援の事例などをまじえてのお話があり、参加者のみなさんは、メモをとりながら熱心に聴き入っていました。

画像(180x120)

講演会場の様子

画像(180x119)

実践的な事例をまじえて


【参加者の感想】
■改めて、保護者の思いに寄り添い、具体的な対応をとっていくことが大切だと感じた。
■普段行っている保育や、保護者とのかかわりを定義づけて教えていただいた。実践と理論の両面を考えて保育をする意欲、動機づけにすることができた。
■専門性を生かした保護者支援を、改めて大切なことであると思った。
■保育相談支援について、具体的にわかりやすく、体系化した形で説明していただき、とても勉強になった。今後、意識して支援していくことができるように思う。


Posted   パーマリンク

14/07/09 (水)

八尾高校3年生の皆さんが本学を訪問されました [入試・広報センター]

 2014(平成26)年7月9日(水)、八尾高等学校の3年生21名と教員2名が本学を訪問されました。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

 はじめに、入試・広報センターの副センター長である加納准教授が、本学の概要を説明しました。
続いて、本学の集中的な学びについて紹介しました。

 
 その後、生徒のみなさんには、模擬授業を受けていただきました。

 食物栄養学科では、守田教授による「水について」の講義でした。水には、様々な種類があり、今回は硬度の違う水の飲み比べを体験していただきました。
 それから、食物栄養学科の授業で使用する実験室や調理実習室などを見学しました。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

食物栄養学科の模擬授業

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

食物栄養学科の見学


 
 福祉学科では、松居講師による「時代の移り変わりと介護の変化」についてお話しました。介護現場で使われているアザラシ型ロボットのパロや人形型のカボちゃんを使っての授業では、目を輝かせている様子でした。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

福祉学科の模擬授業

画像(180x120)

福祉学科の見学


 
 また、見学後には本学の学生ホールでカラフルランチを召し上がっていただきました。

画像(180x120)

いただきます!

画像(180x120)

いただきます!


【参加者の感想】

・施設がとてもきれいで、入学したら毎日が楽しそうだなと思いました。
・オープンキャンパスにも参加して、他の授業も体験してみたいです。
・学食のカラフルランチにデザートがついていて、おいしかったです。

【トミタンと記念撮影】

画像(180x120)

トミタンといっしょ


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ