富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2014


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  PHOTO
岐阜県立吉城高校のPTAの皆さんが訪問されました

岐阜県立吉城高校のPTAの皆さんが訪問されました

平成25年度 卒業演奏会を開催します

平成25年度 卒業演奏会を開催します

経営情報学科のココが自慢!

経営情報学科のココが自慢!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/07/23 (水)

信州大学 経済学部の編入学試験に合格しました! [経営情報学科]

画像(180x140)・拡大画像(640x500)

選択可能な短大卒業時の進路

 経営情報学科の2年生が 信州大学 経済学部 の3年次編入試験に合格し、来春に進学することが決定しました。

 短期大学の卒業後の進路は、就職以外にも国公立大学をはじめとする四年制大学の3年次編入などの選択肢もあります。
 そのため編入学を希望する学生には、経営学特講、経済学特講、英語リーディング特講など編入学に主眼を置いたカリキュラムも用意しています。

 例年、信州大学のほか、地元の富山大学や近隣の新潟大学などの国立大学や、高崎経済大学などの公立大学の編入学試験を受験し、合格をしたうえで3年次に編入学しています。

3年次編入学とは
 短期大学や高等専門学校の卒業生などが四年制大学の3年次に進学する制度です。
 編入学試験は、大学ごとに試験日程が異なるため、国立大学を3〜4つ受験することも可能であり、試験科目も専門科目と英語に加えて面接などのように、比較的科目数が少ないことが特徴です。

 信州大学に編入学することになった学生のコメントは次のとおりです。

Q1|なぜ、編入学をめざすようになったのですか。

 経営情報学科に入学後、経済学の基礎分野の学習を通じて、現代社会における政府規模や社会保障のあり方について疑問を抱くようになりました。講義で取り組んだレポートや卒業論文の構想を考えていくうちに、より深く学習したいと思い編入学受験を志しました。

Q2|どのような受験問題でしたか。

 私が受験した信州大学 経済学部の試験は事前に課せられた課題に取り組み、それに関する面接で合否が決まります。本年度は、「待機児童と女性の社会進出」に関する課題が出題されました。

Q3|課題に取り組む過程で苦労したことは何ですか。

 幸いにも本学には幼児教育学科が併設されており、幼児教育の経験がある先生方の現場での体験談を聞くことができました。この助言をベースに、経済学の観点からアプローチしましたが子育てと就業、および企業側の協力体制とのバランスをどのように図るべきかについて苦労しました。

Q4|受験を通じて思い出に残っていることを教えてください。

 日々の勉強と並行して課題に取り組んだ数か月間は、心身ともに負担が大きく苦労しましたが、友人や先生方が全面的に協力してくれました。特に面接指導に関しては、毎日遅い時間まで先生方に指導していただきました。
 今回の経験を経て、知識の幅が広まったことに加えて、多方面から物事を考えられるようになりました。来春からは信州大学で新たな生活が始まりますが、純粋に学びたいという姿勢を忘れずに頑張っていきたいと思います。

Posted   パーマリンク

14/07/22 (火)

「第19回楽しい福祉セミナー」開催のご案内 [福祉学科]

 福祉学科では、「第19回 楽しい福祉セミナー」を 2014(平成26)年8月24日(日)、オープンキャンパスパートVに併せて開催します。

 今年は「介護イノベーション!あなたのイメージを塗り変える、介護現場のスーパーテクニック」のテーマで、福祉分野だけでなく、日常生活においても役立つ内容を準備しています。

■開 催 日 : 2014(平成26)年8月24日(日)
■時   間 : 13:30 〜 15:30(受付13:00〜)
■会   場 : D館3階 D303教室
■対   象 : 高校生(学年を問いません)
■参 加 費 : 無 料
■参加申込締切 : 8月11日(月)

 多数の方々の参加をお待ちしております。

PDFファイル(77KB)

(77KB)

 詳細は、左のアイコンをクリックし、PDFファイルをご覧ください。

PDFファイル(56KB)

(56KB)

 セミナー申込書は左のPDFファイルをご利用ください。

 セミナーに関するご質問などは、下記までお願いします。

【問い合わせ先】
 〈担当〉関・焼田
  時間:月曜〜金曜 9:00〜17:00
  電話:076-436-5182(直)
  FAX :076-436-0133
  E-mail:fukushi@toyama-c.ac.jp(件名に「楽しい福祉セミナー」とご記入ください)

Posted   パーマリンク

14/07/21 (月)

2014トミタン ボランティア日記(6/29) [ボランティア活動]

画像(180x119)

笑顔で応対します

■富山サンダーバーズ(vs信濃グランセローズ)■

日時: 2014(平成26)年6月29日(日)
場所: 富山県高岡市営城光寺野球場
主催: 富山サンダーバーズ
参加: 福祉学科 1年生 9名




画像(180x119)・拡大画像(640x425)

コミュニケーションも大切です

【活動内容】
・チケットもぎり
・資料仕分け
・ファウルボール時の警告音鳴らし
・片付け、お見送り


【成果(気づきや学び)】
・初めてのスポーツボランティアでしたが、野球に親しんでいる地域の方々とたくさん関わることができ、スポーツが地域にもたらす活気を肌で感じることができました。

・自分の与えられた担当をきっちりこなしたうえで、自分で仕事を見つけて動くこともできました。

・指示された仕事を行いながら、野球を観戦できることが、富山サンダーバーズでのボランティア活動の醍醐味だと思います。とても充実した日になったので良かったです。



【課題や反省】
・チケットもぎり、ファウルボール、資料仕分けの業務を20分のローテーションで行いましたが、時間を忘れていたりして穴を開けてしまったところがありました。時間に気を配るうえでも、腕時計を持参した方が良いと感じました。

・時間前に余裕を持って行動することができず、遅れてしまうことがあったので、早めの行動を心がけるべきでした。

Posted   パーマリンク

14/07/19 (土)

2014トミタン ボランティア日記(6/28.29) [ボランティア活動]

画像(180x134)

サンフォルテサフェステバル2014

■サンフォルテサフェステバル2014■
日時: 2014(平成26)年6月28日(土)・29日(日)
場所: 富山県民共生センター「サンフォルテ」
主催: 富山県民共生センター「サンフォルテ」
参加: 食物栄養学科 1年生 2名
経営情報学科 1年生 5名
福祉学科 1年生 5名



画像(180x134)

女性のチャレンジショップ

【活動内容】
・講演会会場誘導
・終演後の会場整備
・「シネマ上映」の受付
・アンケート回収
・会場の机、椅子などの片付け

【成果(気づきや学び)】
 早めに行きイベント全体を見て回りました。会場は人で溢れんばかりで、上映会もほぼ満席でした。
 受付では、笑顔で対応することに心がけました。スタッフの方々が予約名簿チェックをしっかりされていて、迷っているお客様を受付に案内しました。
 アンケート回収時は、お客様の動きが多様でした。ホールに出てから記入される方も多く、鉛筆を渡したり、アンケート内容を理解いただくために声に出して読み上げてたりと、気配りに努めました。
 わからないことは、スタッフの方に聞いてから動くというルールを再確認できる機会となりました。

 椅子の撤去等も、スタッフの行動を見て行動できたと思います。他の人と協力する大切さを改めて学びました。

【課題や反省点】
 催し物を聞かれましたが、答えることができませんでした。当日のイベントを把握するためにパンフレットをもらって、確認しておけば良かったです。

 イベントパンフレットで事前に学習しておけば良かったです。スタンプラリーになっていることを理解できていなかったため、スタンプの対応に戸惑ってしまいました。

 もっと積極的に行動するべきでした。効率よく動くことができれば、物事がスムーズに進められることが理解できました。


【サンフォルテフェステバルボランティア担当者さまより】

 6月28日、29日のサンフォルテフェスティバルは、おかげ様で盛況のうちに幕を下ろすことができました。
 初日は、ホール催しの受付や座席案内に協力いただき、車いすのお客様や高齢のお客様が多い中、笑顔で丁寧に接してくださる姿が大変印象的でした。
 2日目は、片付けなど力仕事もお手伝いいただいたのですが、1時間の予定が30分で終わってしまう程の活躍で、本当に助かりました。
 毎年、富山短大のボランティアさんのおかげで、お客様からも満足をいただけているところです。誠にありがとうございました。

【レポート担当の先生より】

 ボランティア活動お疲れさまでした。笑顔で丁寧にボランティアができていたということで、大変良かったです。
 参加者の皆さんなりに、いろいろな気づきや反省点があったようです。準備や段取りが不十分で、思ったようにうまくいかなかった人は、今回のことを参考にして次回のボランティアに活かしていってください。


Posted   パーマリンク

14/07/18 (金)

授業紹介:「児童文化」−射水市大島絵本館へ出かけました− [幼児教育学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「どろんこあそび」を絵本で体験

 2014(平成26)年7月17日(木)、幼児教育学科1年生が、「児童文化」の授業の一環で、射水市大島絵本館を訪れました。
 
 この授業の目的は、学生一人一人が、国内外の優れた絵本やその原画に接し、絵本への理解と認識を深め、保育者としての資質を高めることにあります。

 1階のライブラリーは、お気に入りの絵本を読みふけることができる空間です。1万冊以上の絵本の中から、各々がお気に入りを探し出し、絵本の魅力をじっくりと味わいながら、「私の絵本リスト」を作りました。

 2階のワークショップではキットを利用してのミニ絵本作りなどを体験しました。幼児にとっての絵本制作の魅力を探ることや、保育者の立場からの配慮や援助を考えることを目的とした取り組みです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

いつまでも居たくなる絵本ギャラリー

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「私の絵本リスト」を作っています

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

お気に入りの1冊に出合いました

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

パペットが飛び出す「しかけ絵本」


 
 地階のシアターでは絵本ビデオの上映を鑑賞しました。会場の入口にはビデオと同じ題名の絵本が展示されており、同じ題名の作品でありながら、まったく異なる児童文化財(※)のそれぞれの魅力を味わうことができます。
 また、今春に行われた「手づくり絵本コンクール」優秀作品の展示もあり、学生たちは大いに刺激を受けたようです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

飛び出す「しかけ絵本」を作っています

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

口がパクパク動く 「おしゃべり動物絵本」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

うずまきにカットした紙が「バラの花」に変身

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ミニ絵本作りにすっかり夢中です


 
 原画に出会って感動したり、シアターで絵本のイメージがさらに豊かになったり、手軽な絵本作りを体験したりと、まさに絵本ざんまいの1日でした。幼児教育を学ぶ学生たちにとって、絵本の世界を広げる貴重な体験となりました。

 このように、幼児教育学科では、体験を通しての気づきを重視した授業内容および課外活動を大切にしています。
 

児童文化財とは
 「子どもの健全な心身の発達に深いかかわりをもつ有形無形のもの、技術、活動などの総称」
 (「演習 児童文化 保育内容としての実践と展開」 小川 清実:編 萌文書林)から引用

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ