富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2014


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
ボランティア日記〜稲刈り・ハサがけ in南砺市利賀村〜

ボランティア日記〜稲刈り・ハサがけ in南砺市利賀村〜

富山市10名をはじめ公務員保育士採用試験に計15名合格!

富山市10名をはじめ公務員保育士採用試験に計15名合格!

「学長と語る会」を開催しました

「学長と語る会」を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/08/04 (月)

授業紹介:「教育心理学(担当:山川講師)」 [食物栄養学科]

 富山短期大学 食物栄養学科では、「栄養士」の免許だけではなく、小学校や中学校で子どもたちに食育を行う「栄養教諭」の免許を取得することができます。取得を希望する学生は、卒業に必要な授業科目の単位に加えて、単位取得が必要であり、そのひとつに「教育心理学」の授業があります。

 これは、「先生」という立場で子どもたちに直接関わり、物事を教えることになる際に重要になる、人間の心のしくみや働き、また、その発達のプロセスを理解することが必要になってくるためです。

 具体的な授業内容としては、人間の学習がどのように進んで行くのか、知能や人格はどのように発達するのか、教育の成果を評価する方法、教師と子どもの関係など、いろいろなテーマで幅広く学んでいきます。
 

画像(180x135)

 今回の授業では、「さまざまな障害児の理解と特別支援教育」というテーマで、さまざまな障害の特徴と、それに対する援助の方法を学び、「障害を持つ子どもに、教師としてどのように関わるべきか」を考えてもらいました。

 この授業をとおして学ぶことは、将来、「栄養教諭」として児童・生徒に関わる時だけでなく、自分の子どもを育てる時にも活かしてもらいたいと考えています。

Posted   パーマリンク

14/08/01 (金)

茶道部が「七夕茶会」を開催しました [学務課]

画像(180x119)

七夕茶会

 2014(平成26)年7月19日(土)、富山短期大学E館1階ラウンジで、昨年度の卒業生を招待して七夕茶会を開催しました。
 
 茶道部では毎年この時期に、七夕にちなんで卒業生を招いて茶会を開いています。

画像(180x119)

久しぶりの再会

 今年は、卒業生に加えて、本学名誉教授で長年にわたって食物栄養学科で指導されていた石塚先生にもご参加いただき、楽しく話をしながらお茶やお菓子、昼食を召し上がっていただきました。

 今年は1年生が6名、そのうち初めての茶会の雰囲気に緊張している部員もいましたが、アットホームな雰囲気での茶会となりました。

画像(180x119)

緊張しました

 茶道部は10月18日(土)に行われる大学祭でもお茶会を開催します。多数の方々のお越しをお待ちしています。

Posted   パーマリンク

今月の新着図書より(2014年7月受入分) [図書館]

「困っている人のためのアイデアとプレゼンの本」 福里 真一著 336.1-フシ
BOSS「宇宙人ジョーンズ」トヨタ「こども店長」「ReBORN」ENEOS「エネゴリくん」ジョージア「明日があるさ」etc.人気CMを生み出したプランナーによる超・肩の力がぬけた仕事術。どんな仕事にも通じる大切なポイントが満載です。

「運命の子 トリソミー: 短命という定めの男の子を授かった家族の物語」 松永 正訓著 493.9-マタ
染色体の異常「トリソミー」の乳児及びその家族と、著者の松永医師の出会いから現在までが丁寧に描かれ、出生前診断の是非が問われる中、「命を選ぼうとする考え方」に本著は大きな一石を投じています。2013年度 第20回小学館ノンフィクション大賞の大賞受賞作品。

「障害のある人たちの口腔のケア」 栗木 みゆき著 497.9-クミ
口腔のケアは口臭の改善やむし歯予防はもちろん、 マッサージなどの刺激で口の機能を高め、誤嚥性肺炎の予防につながるもの。お口の構造やはたらき、病気といった基礎知識から、障害によるトラブルへの対応や注意点、口腔マッサージを、イラストと写真をあわせてわかりやすく解説します。

「トコトンやさしい 3Dプリンタの本」 佐野 義幸他著 501.8-ト
インターネットの広がりと、3Dプリンタなどがもたらす「3Dプリンティング技術」により、モノづくりの世界に新たな革命が起きようとしています。本書ではその歴史、役割から特徴、使い方まで、やさしく紹介します。

「おいしい穀物の科学」 井上 直人著616.1-イナ
おいしいコメとは、何?日本人は、なぜコメが好きなの?コムギは、なぜパンにして食べるの?ソバは、なぜ麺にして食べるの?トウモロコシは、どうして世界一の穀物になったの?誰もが毎日食べている、おいしい穀物を、わかりやすく解説します。

「想像ラジオ」 いとう せいこう著 913.6-イセ
耳を澄ませば、彼らの声が聞こえるはず。ヒロシマ、ナガサキ、トウキョウ、コウベ、トウホク…。生者と死者の新たな関係を描いた世界文学の誕生。紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス! 2014」第1位。

「へいわってすてきだね」 安里 有生詩 長谷川 義史絵E-ハヨ
 2013年、沖縄県「平和の詩」最優秀賞受賞作品。慰霊の日の式典で、作者の6歳の少年が朗読する凛々しい姿が報道され、全国で大きな反響を呼びました。そして長谷川義史が、与那国島の安里有生を訪れて描きあげた絵本です。沖縄発、平和へのメッセージ。

Posted   パーマリンク

14/07/31 (木)

オープンキャンパス パートUで質問いただいた内容について回答します! [入試・広報センター]

 ★オープンキャンパス パートUを開催しました!の記事へ

 2014(平成26)年7月12日(土)13:30から開催したオープンキャンパス パートUに多数の方にご参加いただき、本当にありがとうございました。

 本記事では、アンケートに、ご意見や質問をお書きいただいた内容について回答します。 
 ご参加いただくことができなかった方は、次回以降のオープンキャンパスに参加される際の参考にしてください。


【ご意見・質問と回答】

Q.オープンキャンパスの回数を増やしてほしい。
Q.学校行事と重なって来れない人がいたので、開催日時を分けてほしい。
A.現在は、6月から10月にかけて毎月1回のペースでオープンキャンパスを開催しております。現在、同月に複数回の開催は行っておりませんが、各回ごとに趣向を凝らした内容でお迎えしておりますので、7月のパートUにお越しいただけなかった方には、ぜひ8月にお越しいただきたいと考えております。
 本学のオープンキャンパス日程にどうしてもご都合がつかない方には、個別に個別の学内見学や相談には応じております。希望される方は、入試・広報センターにお問い合わせください。

 なお、アンケートの結果から、学校行事等と重なってお越しいただけない方も大勢いらしたようで、大変残念に思っております。頂戴したご意見は、今年度の反映は難しいのですが、来年度以降の日程を検討する際の参考とさせていただきます。

 
Q.入試について。
Q.推薦入試で合格するコツ。
A.本学は、推薦入試に合格して入学される方が多いので、ここでは推薦入試について回答します。

 本学の推薦入試は、受験生が高校等で頑張ってきたことを評価して選考を行っています。選考方法は、全学科共通で130点程度を満点として実施し、選考方法と配点は次のとおりです。

 1.書類審査(調査書の評定平均を点数化) 50点
 2.書類審査(活動実績の内容を点数化) 20点程度
 3.小論文(資料提示形式) 50点
 4.面接 10点

 推薦入試の場合、例年10月の下旬頃から出願受付を開始しますが、受験生が出願書類を郵送した時点で配点130点程度のうちの70点程度の点数は既に決まっていることになります。特に前述の「1.」は、高校1年から3年生等の1学期または前期終了時点の評定平均値を点数化しますので、期末試験が終わった時点で、この点数は決定していることになります。

 ですので、オープンキャンパス パートU以降にできることは、配点60点分の前述「3.」と「4.」の対策です。中でも、小論文は50点と全体から見た比重は大きいので、これを重点的に行うことが、夏休み以降の対策ポイントと言えます。
 まずは、本学で発行している過去問題集「入試ガイド」で出題の傾向を確認してください。

 また、9月27日(土)に開催する「入試説明会」では、小論文対策講座を実施する予定の学科もあります。詳しくは、オープンキャンパス パートVの開催後に「入試説明会」のプログラムをブログ記事でお知らせします。
 
 

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

スタッフTシャツの学生たち

 疑問・質問に対する回答は、相談コーナーの教職員だけでなく、学生たちも受付していますよ!特に、黄色のスタッフTシャツを着用している学生たちには、遠慮なくどんどん質問をしてくださいね。


 前述の回答のほか、これまでにお答えした過去の質問や回答については、以下のページでご覧ください。

 ★オープンキャンパス パートTで質問いただいた内容について回答します!の記事へ(2014年)

 ★オープンキャンパス パートVで質問いただいた内容について回答します!の記事へ(2013年)
 ★オープンキャンパス パートUで質問いただいた内容について回答します!の記事へ(2013年)
 ★オープンキャンパス パートTで質問いただいた内容について回答します!の記事へ(2013年)

 ★オープンキャンパス パートVで質問いただいた内容について回答します!の記事へ(2012年)
 ★オープンキャンパス パートUで質問いただいた内容について回答します!の記事へ(2012年)
 ★オープンキャンパス パートTで質問いただいた内容について回答します!の記事へ(2012年)



Posted   パーマリンク

14/07/30 (水)

「トミタン スイーツ・ラボ」の試食会を開催しました [食物栄養学科]

画像(180x120)

 今年度から、食物栄養学科では「トミタン スイーツ・ラボ」という、学生がお菓子作りを楽しみながら研究・創作していく活動を始めました。

 ラボでは、学生たちが創作したスイーツをイベントで配布したり、実際に商品化することを目標にしており、初めて創作したスイーツは、地元富山県で生産される食材を使った「赤米のアイス」と「スイカのシャーベット」です。

 2014(平成26)年7月9日(水)に、富山短期大学内で試食会を開催し、そこではスイカのシャーベットの上に赤米のアイスを乗せたものに、昆布を練り込んだ生地を焼いた棒状プレッツェルを添えて提供しました。
 アイスもシャーベットもとても優しい色合いと味で、試食会の参加者からは「すごくおいしい」、「優しい味がする」、「色もきれい」などの感想が寄せられました。

 このアイスとシャーベットは、この夏に魚津市で開催される第28回全日本大学女子野球選手権大会で配布することになっています。

 今後も、学生たちが独創的でおいしいスイーツをどんどん創作していくことを期待しています。

画像(180x120)
画像(180x120)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ