富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

9

2014


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
  PHOTO
第25回全国大学女子野球選手権大会に出場しました

第25回全国大学女子野球選手権大会に出場しました

第53回卒業式の挙行と卒業パーティの開催について

第53回卒業式の挙行と卒業パーティの開催について

2014トミタン ボランティア日記(7/6)

2014トミタン ボランティア日記(7/6)

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/09/19 (金)

「絵本ランド2014」に出演し会場を盛り上げました! [幼児教育学科]

 2014(平成26)年9月13日()と14()の両日、富山市婦中町のファボーレでとやま元気ワールド絵本ランド2014が開催されました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

造形表現グループ制作の大型絵本

 会場では、子どもたちに夢を伝えるさまざまな絵本の展示や、歌手のライブなどが繰り広げられ、たくさんの親子連れが訪れていました。
 
 本学からは13日()に、幼児教育学科2年生8名、1年生7名の合わせて15名が、手遊びと「手づくりしかけ大型絵本」の読み聞かせを行い、14日()には、2年生9名、1年生4名の13名が、手遊びと「パネルシアター」を披露し、親子の絆を深められるような空間づくりの一端を担いました。

 初日、1年生7名は、付属幼稚園での実習経験などを活かして「動物フリフリ」「かみなりどんがやってきた」「ふとんがふっとんだ」の手遊びを行いました。
 会場の子どもたちと一体になって、歌あり、手拍子ありで盛り上がりました。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

会場には続々とお客さまが集まります

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

子どもたちも学生の動きに合わせています


 
 2年生の造形表現ゼミ8名(指導教員: 中山里美 准教授 )は、手づくりしかけ大型絵本「まいちゃんのおつかい」を上演しました。
 おばあさんにプレゼントする花束をつくる場面では、会場に来てくれた可愛いお客さんに手伝ってもらい、すてきなブーケに仕上がりました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

お話の世界に入りこむ子どもたち

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

会場のお友達も出てきてくれました


 
 2日目は、初日と別のメンバーが演目を披露しました。まずはじめに、あおむしの人形を使って「はらぺこあおむし」の大型絵本を歌入りで紹介し、子どもたちを物語の世界へいざないました。
 続いて1、2年生が手遊びを行い、会場の子どもたちは学生の動きに合わせて体を動かし、笑顔を見せていました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

「はらぺこあおむし」 大型絵本

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

あそび歌で一体感に包まれる会場


 
 最後に、2年生の音楽表現ゼミ9名(指導教員: 難波純子 講師 )は、自作のパネルシアター「たろうの大冒険」を披露しました。
 話の中で、波の音や雨の音など手作り楽器を用いて表現すると、子どもたちは真剣な表情で聞き入っていました。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

パネルシアター「たろうの大冒険」

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

大盛況の太陽の広場


 
 来場してくださったお客さまに楽しんでいただき、たくさんの笑顔に出会えたことが、何よりも素晴らしい経験となりました。この経験は、保育の仕事にたずさわることをめざしている学生たちにとって、きっと大きな糧になることでしょう。

 なお、このとやま元気ワールド絵本ランド2014で、本学学生が会場の子どもたちと手遊びを楽しんでいる場面が、2014(平成26)年9月15日()の富山新聞に大きく掲載されました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

そろいのトミタン・エプロン姿で

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

1年生グループの「動物フリフリ」


画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「かみなりどんがやってきた」

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

手づくり楽器の紹介


Posted   パーマリンク

14/09/18 (木)

開学記念日による休業とWebページ閲覧停止のお知らせ [10月1日(水)] [一般]

 2014(平成26)年10月1日(水)は、富山短期大学 開学記念日のため、全学休業となります。授業や事務室の業務等は実施しませんので、ご了承ください。

 
 なお、同日の休業に伴い、ネットワーク機器の各種メンテナンスを実施しますのでサーバ機器を停止します。

 2014(平成26)年 10月 1日 (水) 9:30 〜 13:00

 前述の時間帯は、次のサービスが停止いたします。あらかじめご了承ください。


  • 本学Webページの閲覧

  • 本学の電子メール受信

Posted   パーマリンク

14/09/17 (水)

蔵書点検を実施しました [図書館]

 2014(平成26)年9月1日(月)から9月10日(水)まで、今年度の蔵書点検を行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

読み取り作業をする学生

 蔵書点検は、図書館で所蔵している図書の所在を確認・点検する大事な作業です。10万冊強の所蔵資料のバーコードを1冊ずつ読み取る大変な作業ですが、今年は、経営情報学科1年生4人がボランティアで作業をお手伝いしてくれたため、予定より早く終了することができました。

 期間中は、資料の利用等ができず、ご迷惑をおかけしました。ご協力ありがとうございました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted   パーマリンク

14/09/16 (火)

トミタンのラッピングバスを運行します! [一般]

 2014(平成26)年9月から、富山地方鉄道の路線バスでトミタンをあしらったラッピングバスを運行します!
 この記事では、ラッピングバスの製作場面の取材の様子をお届けします。


画像(320x213)・拡大画像(640x427)

 

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

 このラッピングバスは、各学科の広報担当の教職員が学生の意見を採り入れながら色や模様を考えてデザインを決定したものです。

 富山短期大学の名称をPRすることに加えて、イメージキャラクターであるトミタンの可愛らしさを、多くの方々に知っていただくことにも重点を置いたデザインになっています。
 

 ラッピング作業は、9月16日(火)の午前中から行われました。
 作業された方々は、事前に印刷されていたラミネート加工済の印刷シールを真剣な表情で車体に貼り合わせておられました。

画像(135x90)・拡大画像(640x427)
画像(135x90)・拡大画像(640x427)
画像(135x90)・拡大画像(640x427)

画像(135x90)・拡大画像(640x427)
画像(135x90)・拡大画像(640x427)
画像(135x90)・拡大画像(640x427)

 バスの車体や窓の枠に合わせてカッターで整えたり、シールをドライヤーを使って伸ばしたりという作業を丁寧に行われており、作業が終了した頃には日が沈む時間になっていました。
 

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

 今後、富山地方鉄道の路線バスが運行している富山県内の経路を走ることになっています。

 このバスを利用された方、見かけた方々に「ほほえみ」と「幸せな気持ち」が届きますように。

Posted   パーマリンク

14/09/12 (金)

2年生の学外研修を実施しました [経営情報学科]

 2014(平成26)年9月9日(火)〜10日(水)、大阪府・兵庫県で経営情報学科2年生の学外研修を実施しました。
 1泊2日の日程で見学した学生の目に、西日本を代表する都市は、どのように映ったでしょうか。

画像(320x126)

晴天に恵まれた二日間でした

画像(180x134)

多様な製品を扱う明治製菓

 初日は大阪府・高槻市にある明治製菓(大阪工場)と、兵庫県・伊丹市にあるキューピー(伊丹工場)を見学しました。いずれも私たちの生活に馴染み深い商品を製造する企業です。
 工場見学では各企業の成り立ちから経営理念、商品開発にかける情熱などを学びました。また、徹底した製品管理を経て私たちのもとに届く過程を知りました。

画像(135x180)

USJでは話題のアトラクションを楽しみました

 その後、宿泊先の京阪ユニバーサルタワーで、上方落語の寄席「天満天神繁昌亭」支配人・恩田雅和様に講演いただきました。
 上方落語を大阪で始めた際の苦労や工夫などを交え、地域の発展に貢献してきた経緯などを中心としたお話は大変興味深いものでした。

 2日目は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(通称USJ)の教育プログラムにしたがい、施設の見学と実際にアトラクションを体験しました。
 毎年、来場者を満足させる演出や接客応対など、最高のサービスの裏には多くの工夫があることを学んだようです。

 卒業まで約半年となり、良い思い出づくりができたことに加え、視野を広げ、人間性を育むことができた研修となったものと思います。

<関連記事>
2013(平成25)年度の学外研修
2012(平成24)年度の学外研修
2011(平成23)年度の学外研修
2010(平成22)年度の学外研修
2009(平成21)年度の学外研修

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ