富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

1

2015


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
介護実習U 報告会行いました

介護実習U 報告会行いました

「新入園児のつどい」で創作オペレッタを上演しました

「新入園児のつどい」で創作オペレッタを上演しました

給食実習(校外)のオリエンテーションを開催

給食実習(校外)のオリエンテーションを開催

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/01/14 (水)

開館時間変更のお知らせ [図書館]

 図書館開館日カレンダー の記事へ

 富山短期大学付属図書館開館時間が下記の通り通常と異なります。ご注意ください。

■2015(平成27)年1月16日(金)
 大学入試センター試験の準備のため、13:30で閉館します。

 また、後期末試験に伴い、次の期間中の開館時間を19:15まで延長します。
 試験勉強などのために、ぜひご利用ください。

 【開館時間】  9:00〜19:15(図書の貸出は18:15まで
 【実施期間】 2015(平成27)年1月22日(木)〜2月2日(月)

■2015(平成27)年1月29日(木)
 一般T期入試準備のため、16:00で閉館します。

■2015(平成27)年1月30日(金)
 一般T期入試のため、休館します。

Posted   パーマリンク

15/01/13 (火)

平成27年度 一般T期入試等の入学検定料振込状況(1/13現在) [入試情報]

 2015(平成27)年1月8日(木)から、平成27年度 一般T期入試および大学入試センター試験利用型入試(前期)ならびに専攻科食物栄養専攻入試(第3次)の出願受付を行っています。

 2015(平成27)年1月13日(火)17:00現在の入学検定料振込状況をお知らせします。

■ 一般T期入試

   出願期間:2015(平成27)年1月8日(水)〜1月26日(月)
学 科 [入学定員] 募集人員 検定料振込数
食物栄養学科 [80] 22 13名
幼児教育学科 [80] 22 11名
経営情報学科 [100] 25 11名
福 祉 学 科 [70] 12 4名
合  計 [330] 81 39名


■大学入試センター試験利用型入試(前期)

   出願期間:2015(平成27)年1月8日(水)〜2月4日(水)
学 科 [入学定員] 募集人員 検定料振込数
食物栄養学科 [80] 5 5名
幼児教育学科 [80] 5 5名
経営情報学科 [100] 10 8名
福 祉 学 科 [70] 3 1名
合  計 [330] 23 19名
■ 専攻科食物栄養専攻入試(第3次)

   出願期間:2015(平成27)年1月8日(水)〜1月26日(月)
専攻科
食物栄養専攻
[入学定員] 募集人員 検定料振込数
入試(第3次) [15] 1 0名

 次回は、2015(平成27)年1月16日(金)17:00現在の入学検定料振込状況をお伝えする予定です。

 平成27年度 一般T期入試および大学入試センター試験利用型入試(前期)ならびに専攻科食物栄養専攻入試(第3次)の出願受付については、記事「1月8日から平成27年度 一般T期・大学入試センター試験利用型入試(前期)等の出願受付を開始します」をご覧ください。

Posted   パーマリンク

就職内定状況(福祉学科) [福祉学科]

 福祉学科2年生(2015年3月卒業見込み)の就職内定状況は、2015(平成27)年1月8日(木)現在、約85%となっています。
 今年度の卒業予定者44名は、進学希望者を除いたすべての学生が福祉専門職に就くことを希望しています。


1.就職希望者

1.就職希望者
就職内定先 県  内 県  外
特別養護老人ホーム 16名 1名(石川県)
介護老人保健施設 3名 -
グループホーム 5名 -
小規模多機能型介護施設 1名 -
障害者支援施設 2名 -
救護施設 1名 -
デイサービス施設 1名 -
富山型デイサービス施設 1名 -
訪問介護施設 1名 -
総合病院 1名 -
合  計 32名 1名


2.進学(編入学)希望者
編入学試験合格校 県  内 県  外
富山国際大学 子ども育成学部 5名 -


 今後も、卒業までにすべての学生が進路を決定するため、就職支援センターや学科をはじめとする教職員が一丸となって、学生一人ひとりの希望や適性を考慮しながら、キャリア支援に力をいれていきます。

Posted   パーマリンク

15/01/09 (金)

授業紹介:「食品学総論」(担当:竹内教授) [食物栄養学科]

 食物栄養学科では、栄養について幅広く学び、食をとおして人の健康に貢献できる「栄養士」を養成しています。その中で、1年の後期に「食品学総論」の講義を開講しており、栄養士資格を取得するためには、必ず修得しなければいけない科目となっています。

画像(180x135)

 「食品学総論」は、写真や図などを豊富に使用したスライドを用いて食品を自然科学の立場から見ていきます。具体的には、食品とヒトとの関わりや食品の分類、食品の成分など食品に関する基本的なことを幅広く扱っており、炭水化物・たんぱく質・脂質といった3大栄養素については、特に詳しく説明しています。

画像(180x135)

 栄養や食品を正しく理解するためには、生物や化学といった理系科目の知識は必要不可欠です。
 化学が苦手な人にとっては、「化学的」というと難しいと感じるかもしれませんが、安心してください。丁寧に解説をしていくので、「化学式なんて書けない」という人も、基本的な内容からわかりやすく学ぶことで、脂肪酸の化学構造式が、1回の講義で書けるようになります。

 また、童謡『やぎさんゆうびん』を例に出して、黒ヤギさんと白ヤギさんがお手紙を食べてしまったわけを、食品化学的に解説したりもします。

 さらには、食品の味、香り、色、物性といったことも学んでおり、身体のしくみや食物に関する科学的知識の学びを深めています。

Posted   パーマリンク

本学初!日商簿記検定1級に経営情報学科2年生が合格しました! [経営情報学科]

画像(180x122)・拡大画像(640x435)

 2014(平成26)年11月16日(日)に実施された第138回日商簿記検定で、経営情報学科の学生が1級に合格しました。

 今回合格した2年生の男子学生は、本学入学後に初めて簿記の学習を開始した初学者でしたが、見事短大在学中に合格を果たしました。

 全国の合格率は現在集計中ですが、富山商工会議所管内では7.5%でした。今年5月には、富山商工会議所常議員会の場で表彰式も予定されています。今回合格を果たした学生のコメントを紹介します。


Q1|合格を知った時の気持ちを教えてください。

 最初に1人で結果を見たときはあまり実感がわきませんでしたが、家族や先生方におめでとうと言っていただいてから喜びが込み上げてきました。

Q2|日商簿記検定1級を受験しようと思ったきっかけは何ですか。

 短大の講義で簿記・会計学に興味を持ち、日商簿記検定の最上級に挑戦しようと思いました。さらに、在学中は受かるまで勉強を続けようと考えていました。

Q3|どのような勉強をしましたか。
画像(180x120)

 過去問だけでなくテキストを何回も読み込み、基礎の部分の理解を深めることを意識しました。

 量で言うと、テキストを何周も、問題集を3〜4周、過去問(25回分)を4〜5周、予想問題(12回分)を3周ほど行いました。
 合間の時間を有効活用するように心がけ、日によって勉強方法を変えました。
 勉強時間は日によって異なりますが、8ヵ月(240日)×4時間=960時間ほどでした。

Q4|学習を行う上での注意点などはありますか。
  • 学習範囲が2級に比べて膨大であること。
  • 忘れて覚えてを繰り返すことになりますが、復習と反復を意識して、忘れていても落ち込まないこと。
  • まずは基本的な問題をしっかり押さえ、応用は基礎が出来てから着手すること。
  • お金と時間が結構かかることです。
Q5|長期にわたる勉強となりましたが、どのようにしてモチベーションを維持しましたか。

 毎日必ずこれだけはやろうという目標を決めました。例えば、テキスト100ページや過去問1回分などといった具合です。それ以上のプラスαの学習はやる気があれば行い、そうでなければテレビを見たり、ゲームをしたりなど好きな事をしました。また、合格した時の自分を想像しました。

Q6|これまでの、また今回の受験・受験勉強で、反省点はありますか。

 1回目、2回目の受験の失敗点は、単純に勉強不足、理解不足、経験不足であったことです。

 基本的な問題をしっかり押さえることができれば7割はとれるようになってはいるのですが、難しい問題に時間をとられてしまい、ケアレスミスを多くしてしまいました。
 今回1級に何とか合格はしましたが、もっと理解を深めなければならないと感じています。

Q7|メッセージをお願いします。

 合格するにはそれなりに時間を必要とするので、犠牲にしなければならないものもあります。
 しかし、時間をかけただけの達成感があり、これからの人生にも影響を与えると思います。学習するにあたって多くの困難があると思いますが、あきらめずに続けてほしいと思います。

 先生には大変お世話になりました。先生の簿記の講義がとても面白くて簿記に興味を持ち、それがきっかけで検定試験にも挑戦しようと思いました。
 試験の勉学に励んでいる時も、先生に合格した姿を見せたいという思いがモチベーションを上げることにつながりました。
 もし簿記の先生が加納先生ではなかったとしたら、ここまでできなかったと感じます。

 あと3カ月もすれば社会人として社会に出ていくわけですが、富山短大で経験したことを軸に頑張っていきたいと思います。
 約2年間ありがとうございました。そして、残りわずかですが、これからもよろしくお願いいたします。


 このように、経営情報学科では、就職活動あるいは就職後に役立つ有益な上位資格の取得指導も行っています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ