富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

4

2015


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
専攻科2年生の特別研究発表会を行いました

専攻科2年生の特別研究発表会を行いました

2年生の学外研修を実施しました

2年生の学外研修を実施しました

大学祭を開催しました!

大学祭を開催しました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/04/28 (火)

平成27年3月卒業生就職率100%&元気に活躍中! [福祉学科]

 2015(平成27)年3月に、福祉学科18期生45名が卒業し、4月からは就職希望者全員が介護現場に専門職として働いています。
 
 4月24日(金)には、卒業生4人が届いたばかりの介護福祉士登録証を手に訪ねてきてくれました。勤務して1か月ですが、就職した当初は緊張もあり、実習中のようだったと話してくれました。先輩スタッフから教わること、覚えなければならないことなどいくつもあるようですが、仕事をする楽しさも伝えてくれました。
 また、初めての給料をもらったことの嬉しさが社会人としての自覚を高めると同時に、専門職としての自信につながっていることが伝わってきました。

 新人らしくはつらつとした4人の様子が、華やかな季節とぴったりマッチし、輝いて感じられました。

Posted   パーマリンク

15/04/27 (月)

授業紹介:「音楽T‐1」ピアノレッスン等がスタート! [幼児教育学科]

 幼児教育学科1年生の前期に開講している演習科目「音楽T-1」の授業風景を紹介します。

画像(180x133)・拡大画像(640x475)

難波純子 講師(専門:幼児の表現)

 2015(平成27)年4月10日(金)、初回授業では「ピアノ実技についてのアンケート」を実施し、習熟度別にグループ分けをしました。
 
 この授業は、専任教員1名と非常勤講師4名の合わせて5名の教員が担当しており、学生一人ひとりの経験に合わせて、保育に必要な音楽の基礎技能を培うことを目標としています。
 第2週の4月17日(金)からは、いよいよグループ別に歌唱や器楽(ピアノ)の授業が始まりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ていねいな習熟度別レッスン

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

先生の伴奏に合わせて、表情豊かに…

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

まずはキーボードに慣れよう

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「ちょうちょう」になりきって歌います


 ピアノ実技について、短大入学時のアンケートでは、初心者と経験者の割合が、毎年ほぼ半分ずつ程度です。
 1年次のレッスンでは、「お花がわらった」「小鳥のうた」「こいのぼり」「たなばたさま」など、季節や行事などにまつわる課題曲が毎週あります。こうした、課題曲は授業時間以外での予習・復習が大切です。
 
 授業開始前や放課後には、キーボード室とレッスン室を開放しているので、自習に取り組む学生の姿も多く見られます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ピアノは予習・復習が大切!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

手あそびで豊かな表現力を身につけよう


 また、この授業ではピアノレッスンだけでなく、保育の場を想定した「手あそび」や「あそびうた」も取り入れています。
 音楽の楽しさにふれながら、学生自身が表現する喜びを体験することで、保育者として子どもの豊かな感性を育んでいけることを願っています。

Posted   パーマリンク

15/04/24 (金)

生活支援技術V“タブレット端末”で授業 [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今日の授業の概要説明

 2015(平成27)年4月14日(火)から、本年度の「生活支援技術V」の授業が始まりました。これは、介護に関する基本的な技術を身につけるための授業です。
 従来は教員のデモストレーションを見た後に実技を行っていましたが、今年度は「根拠を自ら考え、拡げ、確かな技術の獲得」をテーマに、授業改善に取り組んでいます。

 第1回目の様子をご紹介します。

 この日の単元は「移動」です。本時のねらいは3つです。
1.寝返り、起き上がり、そして座位までの一連の動作を、根拠を押さえて、安全・安楽に実施することができる。
2.動かした後の気分や姿勢の確認等、利用者の状態観察ができる。
3.実施者の動きを撮影し、客観的に見ることで、動作の確認ができる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

タブレットを使用して動作を撮影

 私たちは、排泄のためトイレに行ったり、食事をするため食堂や台所へ移動したり、旅行や買い物に移動したりと、日々いろいろな目的のために移動を行っています。「移動」は単にA地点からB地点に位置を移すことではなく、
「何らかの生活行為のため」と「自分らしい生活を継続するため」の二面性を持つ、生活の基本となる行為です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ポイントをしっかり押さえよう!

 本授業では、まず『寝返り→起き上がり→座る(座位姿勢)』という一連の動作を学生が実施し、その動作を撮影しました。実技の実施後、それぞれの取り組みを大型液晶のタッチパネルに映し出し、各グループで振り返ることで、確実な技術を根拠とともに理解できるようにしました。
 チェック項目は全部で22あり、それぞれ「できたか」「できなかったか」、「適切に行われていたか」「安全・安楽に行われていたか」を意見交換しました。
 グループ評価の後、全体に対して教員がポイントを説明しました。

■授業後の感想
・デジタル機器を使用して授業をするのはとても良いと思いました。授業の効率化が図れるし、実技中の様子を客観的に見ることができました。「ここがうまいね」とみんなで動画を見ながらの意見交換にもつながりました。
・実施の様子を撮影するのは初めてだったけれど、細かいところも見返すことができていいと思いました。映像を見ることで1年次に学習したことを思い出したし、意見交換をとおしてメンバーから貴重な意見をもらうこともできました。
・実施中は、記録者と撮影者だけしか見れない部分も、ビデオに撮ることでみんなが確認でき、自分自身も思っていた以上に反省点を見つけることができました。

Posted   パーマリンク

15/04/22 (水)

平成27年度教養科目講座「現代社会と人間」が始まりました [学務課]

 2015(平成27年)4月15日(水)から、平成27年度 教養科目「現代社会と人間」の講義が始まりました。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

講義の説明をする松居・大崎先生

 
 本講義は、全学科の受講希望者を対象に、総合的短期大学である本学の特徴を生かして、人間の生活を総合的に学び、幅広い視野と豊かな人間性を図ることを目的として、毎年開講しています。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

学生を前に講義をする中島学長

 初回は、学長の中島恭一を講師として、「学び続け、そして挑戦を」という演題で、自身の経験を交えながら学び続けること、そしてさまざまな課題に挑戦することの大切さについて話しました。
 
 講義では、学びについての先人の教えや、高校までと短大での学びの姿勢の違いを説明した後、学びの場は至る所にあり、大学での学びを生涯への学びにつなげていくことの大切さを学生たちに説明していました。

 最後に、学生たちに向けて「あきらめずに、挑戦(チャレンジ)する気概を持ち続けよう」というエールが伝えられました。

 終了後の学生のアンケートでは、

「日々の学生生活では、ただ授業を受けるのではなく、常に学ぶとは何か?ということを考えながら、1日1日無駄にすることのないようにしていきたい」
「今後の学習意欲を刺激される内容で、今後2年間一生懸命頑張っていきたいと改めて思った」

 などの意見が数多く寄せられました。

 今年度の本講義は、4月から6月にかけて、毎週水曜日5限目に、全8回(学外講師3回を含む)開講する予定です。
 外部講師には、あいの風とやま鉄道(株)社長・市井正之氏、オフィスアヴァンセ代表・土屋佳瑞氏、(有)苗加製作所社長・苗加康孝氏を予定しています。


続きを読む

Posted   パーマリンク

15/04/21 (火)

平成27年3月卒業生の就職決定率は100%を達成! [就職支援センター]

全学科(4学科・専攻科)の就職決定率が100%!!

 日本銀行が4月に公表した地域経済報告(さくらリポート)で、北陸・東海・近畿三地域の景気判断を引き上げました。このように、富山県の2014年度は、景気回復感を背景に企業の採用意欲が高まり、学生の売り手市場となりました。
 その結果、平成26年度(平成27年3月卒業)の本学学生の内定獲得も例年より早く推移し、就職率が8年ぶりに全学科100%となりました。

学      科 内 定 率 (%)
食 物 栄 養     100
幼 児 教 育     100
経 営 情 報     100
福      祉     100
本 学 平 均     100
専  攻  科 内 定 率 (%)
食物栄養専攻     100

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ