富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

5

2015


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
1年生が石川県内で学外研修を実施しました

1年生が石川県内で学外研修を実施しました

専攻科1年生の学外研修を実施しました

専攻科1年生の学外研修を実施しました

2008トミタン ボランティア日記 (7/9)

2008トミタン ボランティア日記 (7/9)

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/05/12 (火)

授業紹介:「生涯スポーツ」バドミントン実技 [幼児教育学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

相手を思いやり、認め合うことも大切

 幼児教育学科1年生の教養科目である「生涯スポーツ」(定時コース)では、バドミントン実技の授業を行っています。
 この授業は1年前期に開講しており、週1回、クラスごとにキャンパス内の体育館で6面のコートを使って実施しています。

 バドミントンのゲームを楽しむために必要な基本技術やルールなどを学ぶと共に、体力の維持・増進練習相手との交流を通して、バドミントンを自らの生涯スポーツとして展開するのに必要な能力を養うことを目標としています。

 ここでは、2015(平成27)年5月11日(月) 3限の様子を紹介します。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大門教授(専門:体育学)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

しっかり準備運動


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ダブルスゲームのルールを学びます

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

仲間と協調して楽しんでいます


 この日から、ダブルスゲームのルールや審判方法について学び、ペアを組んでゲームを楽しみました。
 授業では、ペアやグループで活動することも多いので、声をかけ合い、クラスメイトと協調して安全に楽しく取り組むことをめざしています。

Posted   パーマリンク

15/05/11 (月)

面接試験は自己アピールの絶好の機会! [幼児教育学科]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

普段から正しい姿勢を意識しよう

 2015(平成27)年5月8日(金)、進路指導の一環として、幼児教育学科2年生を対象に「面接指導」を実施しました。

 就職活動で重視される面接試験について、マナー、質疑応答等の理解を深めるため、就職支援センターと幼児教育学科で2年生全員を対象として、4〜5人単位の模擬面接を行いました。

 面接官にハローワークの方をお招きして、グループ面接形式で、入退室の練習、質問例に対する応答を行いました。

【面接官からのアドバイス】
・質問に対する応答は、まず結論から言い、そこから理由を伝えることで、話がブレにくくなる。
エピソードは簡潔に話す。
・あせって早口にならないようにする。
・成功体験ばかりではなく、苦労した際にどのようにして乗り越えたのかというエピソードもアピールになる。
・面接官の質問の意図を理解し、的確に答える。
・「たくさんのことを学んだ」という答え方ではなく、相手がイメージしやすいように、具体的なエピソードを盛り込むと、説得力がアップする。
・グループ面接では、自分が話していない時も見られているので、油断したりソワソワしたりせず、他の人の話も聴いておくようにする。
・ドアの開閉や礼をする際は、言葉と動作を別々にわけ、1回に1つの動作を心がける。
・自信がなくなると声が小さくなってしまいがちなので、ハキハキと答えられるようにする。
・1つひとつの答えにもっと自己アピールを入れ、短大生活で学んだことや、趣味・特技などが「保育」という仕事にどう活かしていくことができるのかプラスαのところまで伝えられるようにする。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

第一印象は大事です!

 面接試験は、自己アピールの絶好の機会であることを知り、学生たちは、自分のことを他人に理解してもらえるよう、もっと自己鍛錬していく必要性を感じたようです。

このように、幼児教育学科と、就職支援センターが連携し、学生が希望する進路へ進むことができるよう、きめ細かいキャリア支援教育を行っています。

【関連記事】
●幼児教育学科の就職内定率100%!
● 2年生から1年生へのアドバイス −就職活動開始に向けて−
●富山市10名をはじめ公務員保育士採用試験に計15名合格!

Posted   パーマリンク

ボランティアパスポートスタンプを各学科に設置しました! [ボランティア活動]

画像(180x124)・拡大画像(640x443)

富山短期大学地域連携センターでは、昨年に続きボランティアパスポートを作成しました。昨年はボランティア活動に参加した学生が積極的にパスポートを利用してくれていました。

今年度は、各学科、図書館、学生ホールにもスタンプを設置し、昨年より使用がしやすくなりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

福祉学科

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

経営情報学科


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

G館学生ホール

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

図書館


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学務課

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

幼児教育学科


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

A館学生ホール

画像(180x135)

食物栄養学科・専攻科


これからも、【Webボランティア手帳での検索!】、そして【ボランティアパスポートでの記録!】

学生たちの活動をサポートしていきたいと思います。

【関連記事】

ボランティアパスポートとスタンプを作成しました

ボランティアパスポートとスタンプを学生たちが活用しています!

Posted   パーマリンク

15/05/08 (金)

付属みどり野幼稚園で教育実習が始まりました [幼児教育学科]

画像(180x135)

子どものつぶやきに耳を傾けます

 2015(平成27)年5月7日(木)から、幼児教育学科1年生が初めての実習を付属みどり野幼稚園でスタートしました。

 本実習は、「教育実習T」の授業科目で、付属幼稚園との連携協力に基づく指導を通して、幼児の発達の特徴、幼稚園教育、教師の役割などを学ぶものです。

 まずは観察実習を通して、子どもへの理解を深めることから始めます。
 第1日目は、実習生としてどのように臨めば良いのか、不安と緊張でいっぱいの学生たちです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

保育室に飾る花を摘みました

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

まずは園庭の環境整備から

画像(180x135)

子どもの遊ぶ姿を観察します

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

子どもとの距離を考えて分散します


 このような観察実習を4回実施し、その後は参加実習へとつなげていきます。参加実習では保育に参加しながら子どもとかかわっていき、子どもの姿をより深く理解できるように努めます。

 1年生の早い時期から、キャンパス内の付属幼稚園で実習することができるということは、定期的に子どもたちとふれあうことのできる環境が整っており、学習意欲をさらに高めてくれる要因の1つとなっています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

子どもの興味を探り、事実を記録します

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

保育終了後の反省会

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

担任保育者と今日の保育を振り返ります

画像(180x135)

短大に戻り、実習日誌を仕上げます


続きを読む

Posted   パーマリンク

学外研修 in 金沢 を実施しました [福祉学科]

 2015(平成27)年4月21日(火)から22日(金)にかけて、福祉学科1、2年生合同の学外研修を実施しました。
 この研修は、学科開設時から続く伝統行事であり、毎年この時期に新入生のオリエンテーションの一環として、また年度初めの親睦交流を兼ねて行っているもので、学科の学生と教員が全員参加しています。

 今回は初めて、石川県金沢市で開催しました。
 この日のために2年生は、昨年度から実行委員会を立ち上げて準備を進め、新入生に楽しく、また安心して大学生活をスタートしてもらえるよう、趣向を凝らしたプログラムを用意してきました。

画像(180x135)

小さな集落になっていて、「施設見学」というより、「町内散歩」でした。

施設見学
 1日目はまず、総合福祉施設シェア金沢の見学に向かいました。 施設には、サービス付き高齢者向け住宅、高齢者デイサービス、訪問介護ステーションなどの高齢者向けの施設・事業所に加え、障害をもつ子どもたちのための児童入所施設、そして大学生向けの住宅があります。多世代が交流し、地域コミュニティを形成することのできるユニークな施設になっていました。
 一つのコミュニティとして小さな町のようになっているので、施設見学というよりは街中の案内をしていただいたくような見学となりました。お昼ご飯は、施設内のレストランで就労支援のみなさんの作った幕の内弁当をいただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

アルパカ牧場もあります。アルパカの世話は就労支援の一環です。

画像(180x135)

施設内のギャラリーで、施設の沿革や特徴を説明していただきました。


 

画像(180x135)

自己紹介で学年を超えて一気に和やかムードに

交流プログラム
 宿泊先となる金沢市辰口のホテルに着き、開会式や交流プログラムを催しました。
 まず、1年生同士の自己紹介・アイスブレーキングから始まりました。次に1、2年生混合のグループに分かれ、お互いに自己紹介をしてから、2年生が1年生からの質問に答えながら、学生生活を送る上でのアドバイスをしました。学年の枠を超えて、和気あいあいとした時間を過ごしていました。
 その後は、グループ対抗でのゲームでさらに交流を深めました。

画像(180x135)

学年の違いを忘れて対戦

画像(180x135)

和気あいあいと交流を深めました


 

画像(180x135)

食事中も歓談を楽しみました

新入生歓迎会
 ボリューム満点の夕食後には、2年生による新入生歓迎会とビンゴゲームを催しました。
 2年生が作成したドラマの予告編仕立ての学科生活紹介ビデオを観た後、GP活動 (学生主体のボランティア活動)の紹介を行いました。また、ダンスや漫談などを披露し、新たな仲間となった1年生に歓迎の気持ちを表現していました。
 教員も、歌と手遊びの交じった全員参加のレクリエーションゲームに加わり、盛り上げに一役買いました。

画像(180x135)

GP(ボランティア)活動の紹介

画像(180x135)

レクゲームの風景です


 

画像(180x135)

兼六園は外国人観光客で賑わっていました

金沢市内見学
 2日目は、金沢市内でグループ散策を行いました。北陸新幹線開通でにぎわう金沢市で、バリアフリーやおもてなしの意識が行き届いた様子を見て回ることを課題としたものです。兼六園をはじめ、21世紀美術館、近江町市場などを見て回りました。さわやかな気候の中で、楽しく4時間の散策を終えることができました。天候に恵まれ、とても思い出に残る2日間になりました。

画像(180x135)

みんなの仲が一気に深まりました

画像(180x135)

大学生活の弾みとなった二日間でした


 
 2年間の短大生活を彩る大きなイベントの一つとして、来年度もまた新たな取り組みで、福祉学科のスタートを盛り上げていきたいと考えています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ