富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

1

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
公開講座「富山の魅力、再発見 Part 1」の開催について

公開講座「富山の魅力、再発見 Part 1」の開催について

福野中学校の生徒の皆さんが本学訪問されました

福野中学校の生徒の皆さんが本学訪問されました

牛乳・乳製品利用料理コンクールで本学学生が優秀賞を受賞しました

牛乳・乳製品利用料理コンクールで本学学生が優秀賞を受賞しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

16/01/04 (月)

今月の新着図書より(2016年1月受入分) [図書館]

「“ひとり出版社”という働きかた」
西山 雅子編  023.1-ヒ

自ら出版社を立ち上げた10人の、個性豊かな発想と道のり、奮闘をリアルに綴った1冊。“小商い“の一形態として注目される「ひとり出版社」を通して、働きかたのヒントを探ります。

「働くことを考えはじめたとき読む本」
有川 真由美著 159-アマ

日本の学生は、いよいよ就活という時まで、自分の職業や仕事について、よく考えてはいないのではないでしょうか。50以上の仕事・職場を経験した著者が、幸せに働く、働いて自由になる、夢をかなえるには、どんな働き方があるのかを、自らの「しくじり経験」から語ります。

「源流の記憶」
伊藤 正一著  291.4-イシ

「黒部の山賊」の著者にして、写真表現者である伊藤正一の写真集。山賊たちとの出会いから、開拓期を経て、ヘリコプターによる物資輸送が開始される“人力”時代の転換期までの黒部源流の記憶を辿ります。

「アメリカのろう者の歴史」
ダグラス・C.ベイントン他著 369.27-ア

ろう教育の到来、ろうコミュニティの誕生、手話をめぐる闘い、戦争と経済不況の時代…。アメリカにおけるろうの人びとの歴史を200点を超える写真を通して明らかにした1冊。

「その人を中心に考える介護計画」
毛利 亘著 369.26-モワ

介護職に必要な基礎知識、さらに、根拠に基づく介護、質の高い介護を目指したアセスメント、介護計画の立案、実施、評価というプロセスの介護過程を学ぶことができる1冊です。

「食育早わかり図鑑」
菅野 静ニ他著 374.9-シ

学校給食によく使われる食材33テーマと、給食指導6テーマ、合わせて39テーマを見開き単位で展開した資料集です。給食時間の5分間指導の効果的な演出のために。

「流れと要点がわかる調理学実習」
香西 みどり編著 596-ナ

調理の流れと要点を示し、献立作成と実習に関する理論やデータを豊富に説明した調理学実習のテキスト。和・洋・中の料理や介護食の調理の目的、献立構成、作り方や応用レシピが紹介されています。食材や料理にまつわる情報も。

てんとうむし幼児園で育む子どもの生きる力」
林 恵子著 376.12-ハケ

子どものワクワクがつめこまれた宝箱のような保育園がつくりたい-。そんな思いで「てんとうむし幼児園」をつくった著者の、これまでの歩みや、幼児園の様子、質の高い保育を目指すための取り組みなどが記されています。

「アクティブラーニングを取り入れた子どもの発達と音楽表現」
村上 玲子ほか編著 376.157-ア

子どもの発達に応じた音楽表現活動の意義とねらいを分かりやすく解説し、具体的な音楽表現活動の実践と援助の仕方を段階的に示したテキストです。

「ちいさなあなたへ」
アリスン・マギーぶん,ピーター・レイノルズえ E-レヒ

「あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、 その いっぽん いっぽんに キスを した」。母でいることの幸福、喜び、不安、痛み、そして子どもへの思い―母であることのすべてがつまった絵本です。

Posted   パーマリンク

16/01/01 (金)

年始のご挨拶 [一般]

目的地は、わたしのなかにある。

 

画像(320x226)・拡大画像(640x452)

●  ●  ●  ●  ●  


昨年、創立52周年を迎えました。
富山短期大学は、これからも地域にねざした総合短大として各分野のスペシャリストの養成に邁進してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016(平成28)年 元旦

-------------------------------------------------------------------------------
富山短期大学 卒業生合計 20798名
-------------------------------------------------------------------------------
 食物栄養学科…1967(昭和42)年設置 卒業生 4016名(食物栄養科含)
 幼児教育学科…1967(昭和42)年設置 卒業生 4170名(保育科、幼児教育科含)
 経営情報学科…1982(昭和57)年設置 卒業生 3744名(商経学科含)
 福 祉 学 科…1996(平成 8)年設置  卒業生 1394名
 専攻科食物栄養専攻…2005(平成17)年設置 修了生 113名
-------------------------------------------------------------------------------
 教  養  科…1963(昭和38)年設置 卒業生 1395名
 生活科学科…1971(昭和46)年設置 卒業生 2725名(家政学科含)
 文学科英文専攻…1971(昭和46)年設置 卒業生 1321名
 文学科国文専攻…1971(昭和46)年設置 卒業生 1920名
-------------------------------------------------------------------------------

Posted   パーマリンク

15/12/29 (火)

福祉学科リニューアル! (4)編入学を選んだ先輩たちA [福祉学科]

 まずは、四年制大学への編入学を経て、今は社会福祉法人 富山県社会福祉協議会で活躍している10期生から寄せてもらったコメントを紹介いたします。

1. 編入学してよかったこと
「編入学で学んだことは、『福祉=介護』だけではなく、視野が広がったこと。県外で初めて生活することで、親のありがたみや富山県の良いところの再発見につながったこと。新しい友人ができたこと。そして、『自立』について考えるきっかけになったことなどが挙げられます。」

2. 介護の学びで今の仕事に活かせていること
「介護福祉では『利用者本位』ということを学びました。これは地域福祉でも同じように『相手の思いを考えること』につながります。介護に限らず、福祉のすべてのベースであると思います。現在の職務においては、ご高齢の方や介護が必要な方と直接関わることはありませんが、介護の学びを活かしながら、住民誰もが活躍できる地域づくりに、少しでも貢献できればと頑張っています。」

3. 短大を経るメリット
「地元なので通いやすいということが、まずあげられます。そして、実習で高齢の方の方言がわかることも(笑)。
少人数のクラスのため、ほかの学生や先生ともアットホームな雰囲気で過ごせてよかったと感じています。短大での友達とは、今でも繋がりがあります。また、四年制大学へ編入学する際も、自分の目標に合った大学を選ぶ時間的余裕があることです。」

4. 福祉学科での2年間を振り返って、皆さんへ一言
「短大は2年間という限られた時間で学ぶため、朝から夕方まで授業はもちろん、長期休暇には実習で忙しいこともありますが、それだけ短期間でたくさんのことを学べるということ。授業を2年間同じクラスで受けるため、クラスみんなと仲が良くなることもいい思い出になっています。」
「2年間を富山短大で過ごした後、すぐ就職するも良し。もっと学びを深めたければ、編入学や進学などの道も容易に開けていることを、ぜひ知っておいてください。」

■関連記事
福祉学科リニューアル!(4)編入学を選んだ先輩たち@
福祉学科リニューアル!(3)ソーシャルワーク分野の学び
福祉学科リニューアル!(2)各界からのメッセージ@
福祉学科リニューアル!(1)福祉学科の学び
福祉学科が進化します!

Posted   パーマリンク

15/12/28 (月)

ボランティア日記(2015/12/20 富山市手をつなぐ育成会「クリスマス会」) [ボランティア活動]

画像(180x135)

デコレーションケーキ作り♪

■富山市手をつなぐ育成会「クリスマス会」■

日時: 2015(平成27)年12月20日(日)
場所: 富山市総合社会福祉センター
主催: 富山市手をつなぐ育成会 みんなの青年の会
参加: 食物栄養学科 1年 1名
    幼児教育学科 1年 2名

【活動内容】
ケーキづくり補助、ビンゴの補助や声かけ

画像(180x135)

「ここはこうしてみる?」

【成果(気づきや学び)】
・不安と緊張があり、初めはなかなか自分から話すことができませんでしたが、利用者さんの方から話しかけていただき、緊張が解けたくさんの方とお話することができました。ケーキ作りでもビンゴ大会でも互いに話し合い協力しながら楽しめました。利用者さんに「楽しいね!」「お姉さんおってよかったわ。」などと言ってもらえてとても嬉しかったです。
 障がいを持っておられるということを感じることなく、利用者さんと関われたことが何よりもよかったです。今回のボランティアで私の中での障がいを持っておられる方の印象がまた変わりました。

画像(180x180)

ビンゴゲーム「次の数字は!?」

・ケーキ作りでは、皆さんがやり方を分かっておられたため声をかけつつ見守る形になってしまっていたけれど、ケーキを切る時には「Yさんに切ってもらおう!」などと頼ってもらえて温かい気持ちになりました。ビンゴ大会では、お互いにビンゴカードを見せあって数字を教えあったり、どの数字が出ればビンゴになるかなどと言い合ったりして、とても楽しく活動をすることができました。
 一緒に活動をして、たくさんお話もすることができて、本当に障がいというものを感じることがあまりありませんでした。参加者の方々と関わり、多くの笑顔を見ることができ、とても楽しかったです。

・最後のコンサートは、みんなで演奏を聞いて気持ちも温かくなりました。

Posted   パーマリンク

15/12/25 (金)

福祉学科リニューアル! (4)編入学を選んだ先輩たち@ [福祉学科]

 4年間という最短期間で2つの福祉分野の国家資格(介護福祉士・社会福祉士)を取得できる道が開けるのが、四年制大学への3年次編入という「編入学」制度です。本学福祉学科での2年間でまず確実に介護福祉士を取得します。そして、卒業と同時に四年制の福祉系大学(富山国際大学子ども育成学部など)の3年次に編入して社会福祉士をめざすことで、通常の大学生活では困難にも思える国家資格のダブル取得が可能になってきます。

 福祉学科では、編入学指導の担当教員を担任とは別に置き、毎年、編入学を考えている学生を対象に、編入学説明会や「編入学 先輩と語る会」のほか、富山国際大学子ども育成学部による福祉学科単独での編入学説明会など、編入学に関しても手厚いバックアップを行っています。
 小論文の個別指導も受験対策として行うほか、合格後にはゼミの選択の相談、4年次には地元での就職相談も行っています。
 

 福祉学科では新たにソーシャルワーク分野の科目を導入し、編入学後に履修しなくてはならない科目を福祉学科でも取得できるようにしました。これによって、編入後の負担を少しでも軽減することができます。
 今後、編入学した福祉学科の卒業生が、四年制大学を卒業して今、どのように活躍しているかの一端を、シリーズで紹介してまいります。

■関連記事
福祉学科リニューアル!(3)ソーシャルワーク分野の学び
福祉学科リニューアル!(2)各界からのメッセージ@
福祉学科リニューアル!(1)福祉学科の学び
福祉学科が進化します!

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ