富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
「介護福祉士を目指すみなさんへ」特別講義開催

「介護福祉士を目指すみなさんへ」特別講義開催

学外研修 in 高山 を実施しました!!

学外研修 in 高山 を実施しました!!

「介護福祉士養成科 職業訓練受講生」の募集について

「介護福祉士養成科 職業訓練受講生」の募集について

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

16/07/14 (木)

授業紹介:「造形表現U」スライムをつくってあそぼう! [幼児教育学科]

 幼児教育学科2年生「保育内容(造形表現U)」 中山里美 准教授 担当では、幅広い造形表現活動を通して、幼児が生き生きと参加できる題材の工夫や展開方法、適切な援助や働きかけについて学んでいます。
 今回は、2016(平成28)年7月6日(水)に実施した「スライムをつくろう!スライムであそぼう!」の授業風景を紹介します。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

さまざまな色や形の変化、感触を楽しみました(^o^)

【スライムの作り方】
■材料
・ホウ砂(ほうしゃ)大さじ4+水6ℓ
・せんたく糊(PVA)
・食紅またはポスターカラー
◎ポスターカラーを使うと→不透明色のスライム
◎食紅を使うと→透明色のスライム 

■手順
・ホウ砂+水は1時間くらい前に溶かしておく。
≪プラスチックコップの場合≫
1.食紅を入れる(1cmくらい)
2.ホウ砂+水を入れる(3分の1くらい)
3.せんたく糊を作りたいスライムの量だけ入れ、箸で混ぜる
4.手に取り、すり合わせる(手の温度が高い方が、スライム同士がくっつきやすい)

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

材料を混ぜ合わせてスライム制作中

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

どこまで伸びるかな?

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

スライムで風船づくり

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

友達と大きさや色をくらべっこ


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

こんなに大きくなったよ!

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

うすーく伸ばして遊んでみました


【学生の感想】
■プラスチックのコップだったので、スライムが固まっていく過程が見られてよかった。
■スライムのもちもちとした感触が、とても面白かった。
■スライムは可塑性があり、力の加え方次第で伸びたり細くなったりして、楽しい教材だと思った。
■スライムをストローでふくらませたのは初めてだったので、風船ができたときは嬉しかった。
■できたスライムを友達と見せ合ったり、遊びを共有したりすることができた。
■スライムに触れてみて、子どもたちもきっと好きな感触だろうと思ったので、保育の場で実践してみたい。

Posted   パーマリンク

本学で合同企業説明会を開催しました [就職支援センター]

 2016(平成28)年7月9日(土)の午後から、本学で富山県中小企業家同友会主催による合同企業説明会を開催しました。同友会に加盟する企業19社と大手企業を含むその他の企業8社の合わせて27の企業に参加いただきました。

 参加いただきました企業の担当者の中には、昨年度本学を卒業した卒業生や、わざわざ東京から駆けつけてくださった方もおり、参加した学生に対して、熱心に説明していただきました。
 学生は、45名の本学学生に加えて、その他の大学・専門学校からも就職活動中の来春卒業予定者が数多く参加しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

まずは面接カードを記入。

画像(180x134)・拡大画像(214x160)

真剣に説明を聞く学生たち


 参加した学生たちは、接虚奥的に企業の説明を聞き、採用試験を受ける準備を進めており、自分の将来を見据え、真剣に各ブースをまわっていました。

Posted   パーマリンク

16/07/13 (水)

ボランティア日記〜フェステバルでの会場誘導など(6/25)〜 [ボランティア活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

入りやすいようにドアを開け誘導します

 2016(平成28)年6月25日(土)、サンフォルテフェステバルに経営情報学科の3名がボランティアとして参加しました。

 活動内容は、来場者の席への案内、質問応答、アンケート回収です。
 
 業務の合間に基調講演(講師:古市 憲寿氏 少子化ジャーナリスト:白河 桃子氏の対談)の聴講やシネマ「パレードへようこそ」も鑑賞させていただきました。
 

参加学生の声
・自分で考えて行動することができた。

・講演の開始時刻やアンケートの内容を少しでも頭に入れて来席者の質問に答えたと思う。

・もう少しお客様の考えていることを読み取り、何が困っているかを考えれば良かった。

Posted   パーマリンク

16/07/12 (火)

インターンシップ直前、マナー講座を実施 [経営情報学科]

画像(180x127)・拡大画像(640x452)

インターンシップ参加学生の推移

 経営情報学科では卒業後の就業に向け、@ビジネス実務教育、Aキャリア支援教育、Bインターンシップによる「三位一体のキャリア教育」を充実させています。このうちインターンシップへの参加を強く推奨しており、近年は就業意識の向上と共に全国的に見ても高い参加率を維持しています。今年度の1年生も90%を超える学生が参加予定です。
 インターンシップへの参加意義は就業意欲を高めるだけではなく体験を通じて得た知識をもとに、職業選択の不一致を防止する役割も担います。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

座学から実学への準備に努めています

 今回は夏季休暇中に実施のインターンシップを目前に控え、キャリア教育の一貫として株式会社よしともコミュニケーションズから講師をお招きし、マナー講座を実施しました。
 実習期間中は受け入れ企業・団体の関係者は一人の社会人として接してきます。その際、どのような言動が望ましいのか、これまでの学習を踏まえて学生相互で確認し合いました。

 株式会社リクルートキャリアの統計によれば、今春卒業した大学生のうち約40%がインターンシップに参加しています。本学科では毎年、90%近い学生が参加しており、高い就業意識を抱く学生が互いにキャリア形成を図ることのできる環境が整っています。この取り組みが高い就職決定率の一要因です。

画像(180x84)・拡大画像(640x299)

第一印象や言葉遣いについて学びました

大学での学びや在学生の活躍・取り組みを紹介するオープンキャンパス パートUは、7月16日(土)に開催されます。どうぞお越しください。

Posted   パーマリンク

保育実習に向けて先輩から後輩へアドバイス [幼児教育学科]

 2016(平成28)年7月11日(月)、保育実習連絡会を開催しました。
 この連絡会は、保育実習指導の一環として、幼児教育学科の1、2年生が地域別の15グループに分かれ、保育実習を終えた2年生が、これから実習を控えている1年生に対して、体験談や経験に基づくアドバイスをするという形式で行いました。

 1年生は今後の実習に向けて、心構えや目標をもてるように、2年生は自らの実習を省みて1年生に整理して伝えることを通して、自己課題の明確化につなげることをねらいとしています。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

まずは自己紹介で子どもたちの心をつかもう!

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

会話がはずみます

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

たのしい手遊びをみんなでやってみよう!

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

2年生から手作り教材の紹介

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

コミュニケーションのツールとして


 当日は、各会場でさまざまな質問や、質問に対するアドバイス・コメント、手作り教材の紹介などがありました。
 1年生は今後の実習に活かそうと、メモをとったり、積極的に質問をして、先輩の話に真剣に耳を傾けていました。このように、富山短期大学幼児教育学科では、先輩から後輩へ実習に向けた大切な事柄が受け継がれています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ