富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

1

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
冷凍食品講習会を実施しました

冷凍食品講習会を実施しました

八尾高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

八尾高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

第14回福祉学科公開セミナー開催

第14回福祉学科公開セミナー開催

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/01/26 (木)

ボランティア日記〜ギネス世界記録に挑戦!監視員(越中万葉かるた大会)〜 [ボランティア活動]

 2017(平成29)年1月15日(日)、経営情報学科の6名と食物栄養学科の1名が、高岡古城ライオンズクラブ主催「第38回越中万葉かるた大会 ギネス世界記録に挑戦!」 のボランティアに参加しました。
 活動内容は、「同時にかるたを行う最多人数」をかけたギネス世界記録挑戦のための参加者のカウントや、ギネス公式認定員とともに監視員として記録に立ち会うことです。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

会場:高岡市福岡町のUホール

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

662人の挑戦者


参加学生の声
・私も小学生のときに、万葉かるたをしたのでとても懐かしかったです。万葉かるたを通して、越中富山の美しい風景や自然の豊かさは昔も今も変わらないなと感じました。不正もなく、無事ギネス記録に認定されて良かったです。
・歴史に基づいて小学生から大人まで楽しみつつ真剣に勝負していた。
・公正な目で見ることで全員が楽しめるということを学びました。
・ルールを守って行えば皆が楽しめるということに気づきました。
・ギネス世界記録挑戦の一連の流れを体験することができてよかった。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

地元の小中学生が参加しました


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

万葉かるたを通じて郷土の歴史や風物に親しみます

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

監視員として記録に立ち会います

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

世界記録認定おめでとうございます!


 ギネス世界記録認定おめでとうございました。越中とやまの美しい故郷の歌にふれることができた万葉かるた大会、そしてギネス世界記録挑戦という貴重な機会に立ち会うことができました。

  〜大会の様子は ギネス世界記録公式ウエブサイト で紹介されています〜

Posted   パーマリンク

図書館臨時閉館のお知らせ [図書館]

 図書館開館日カレンダーの記事へ

 富山短期大学付属図書館の開館時間が下記のとおり通常と異なります。ご注意ください。

■2017(平成29)年1月27日(金)
 平成29年度一般T期入学試験準備のため、16:00で閉館します。

Posted   パーマリンク

17/01/25 (水)

県内優良企業に多数が内定〜就職活動報告会を実施 [経営情報学科]

 2017(平成29)年1月24日(火)、1年生へのキャリア教育の一環として、2年生による就職活動報告会を実施しました。昨春、活動解禁直前に卒業生を招いて実施した就職講演会を聴講した2年生はその後、就職活動に邁進し、順調に企業・団体からの内々定を獲得しています。
 今回の報告会は、就職活動の解禁を間近に控える1年生にとって、貴重な体験報告となりました。



Q1|何を基準に企業を選びましたか?

短期大学の学習時間は2年間と短いです。その中で特に時間を費やしたことは、パソコンスキル簿記・会計学の知識です。これらを生かすことができる事務職を募集している企業を中心に、活動を進めてきました。



Q2|就職活動中、@工夫した点、A苦労した点について教えてください。

@工夫した点: 他の就活生と差をつけることです。例えば、困難な資格の取得や説明会では、積極的に人事担当者の方に質問をして、たくさんの情報を収集することに努めました。
A苦労した点: 平日は大学の講義と並行しているため、準備の時間が不足していました。時間に余裕のある長期休暇時に前倒して、準備しておけば良かったと後悔しています。



Q3|インターンシップでの体験を生かすことはできましたか。

インターンシップへの参加動機は当該企業への憧れが強かったと記憶しています。しかし、そこでの実体験から私には不向きであることを理解することができました。良くも悪くもインターンシップでの体験は生きたと思っています。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

7名の代表学生が報告に挑みました

 先輩方の実体験は身近な存在ゆえ、心強いことが理解できました。本学科の就職支援は、三位一体のキャリア教育が特色ですが、今回の報告会のように、卒業生や先輩方の協力が、伝統的に引き継がれていることも強みのひとつであるといえます。

Posted   パーマリンク

平成29年度 一般T期入試等の志願者数(1/25最終) [入試情報]

 2017(平成29)年1月5日(木)から、平成29年度 一般T期入試等の出願受付を開始し、1月24日(火)に締め切りました。
 出願期間:2017(平成29)年1月5日(木)〜1月24日(火)[必着]

 ・一般T期入試
 ・専攻科食物栄養専攻入試(第2次)

 2017(平成29)年1月24日(火)までの出願結果をお知らせします。

■ 一般T期入試

   出願期間:2017(平成29)年1月5日(木)〜1月24日(火)
学 科 [入学定員] 募集人員 出願者数
食物栄養学科 [80] 23 47名
幼児教育学科 [80] 23 49名
経営情報学科 [110] 20 41名
福 祉 学 科 [60] 12 7名
合  計 [330] 78 144名


■ 専攻科食物栄養専攻入試(第2次)

   出願期間:2017(平成29)年1月5日(木)〜1月24日(火)
専攻科
食物栄養専攻
[入学定員] 募集人員 出願者数
入試(第3次) [15] 若干名 0名

 平成29年度 一般T期入試および専攻科食物栄養専攻入試(第2次)の出願受付については、記事「1月5日から平成29年度 一般T期・大学入試センター試験利用型入試(前期)等の出願受付を開始します」をご覧ください。
 

★各学科の新着情報は、次のリンク先からご覧ください。
 ● 食物栄養学科 Webサイト
 ● 幼児教育学科 Webサイト
 ● 経営情報学科 Webサイト
 ● 福 祉 学 科 Webサイト
 ● 専攻科食物栄養専攻 Webサイト

Posted   パーマリンク

17/01/24 (火)

「南砺サテライト開設記念フォーラム」で学長が基調講演を行いました [地域連携センター]

画像(135x180)・拡大画像(343x456)

南砺サテライト開設記念フォーラム

富山国際学園・富山短期大学と南砺市は、2015(平成27)年10月27日(火)に包括連携協定を締結し、2016(平成28)年3月7日(月)には、いのくち椿館で南砺市民参加のもと初めての協定締結記念フォーラムを開催してきました。
 2016(平成28)年12月17日(土)には南砺市の新たな地域医療・福祉の拠点となる南砺市地域包括ケアセンターの竣工式があり、2017(平成29)年1月4日(水)にはセンターがついに開設しました。



画像(180x134)・拡大画像(550x412)

中島学長による基調講演

 センター内には「富山国際学園南砺サテライト」が開設され、それを記念して2017(平成29)年1月21日(土)に、中島学長の基調講演、南砺市 田中市長と学長との対談が開催されました。
 南砺市民の多くの参加があり、南砺市に向けて富山短期大学が行っている取組みの現状や連携・協力などについて紹介しました。 


【基調講演】
 「地域のために今、大学・短大ができること」  
   富山国際大学・富山短期大学学長  中島 恭一

PDFファイル(780KB)

(780KB)

【講演概要】
 富山国際学園は、北陸を代表する県内唯一の私学・総合学園であり、実務・実践教育を具体的目標にして「高い知性」「広い教養」「健全にして豊かな個性」の建学精神のもと、常に社会的ニーズに応える有益な人材の育成に努めています。

 次に富山短期大学の教育理念・目標、食物栄養学科、福祉学科、幼児教育学科・経営情報学科の各学科の特徴などを紹介しました。南砺市と富山短期大学との連携について、現状の取組みとして、食物栄養学科の校外実習先の受け入れ、高齢者向けに短大生が開発したえん下困難食の開発・普及が行われています。今後の取組みは、地域連携センターによる南砺市包括ケアセンターを活用したリレー方式による講義が3月4日から開講します。

 今後の取組み課題として、「食物栄養学科」:地域の家庭料理の普及と講習会の開催、脳トレリーダー養成による地域のボケ防止・認知症予防、「福祉学科」:家庭介護等を支援する研修など市民向け介護教室の開催、「幼児教育学科」:子育て支援事業への講師派遣や学生ボランティアの派遣、「経営情報学科」:図書館利用やパソコン利用関係の講座への講師派遣などの事項をあげました。


 今後の連携について、南砺市と富山国際学園の崇高な目標や精神の共有・融合を目指して、双方向の連携強化がますます期待されるところです。
【対談】 
 学長の基調講演後、「これからの地域づくり〜生きがいのある暮らし方」について南砺市長と学長の対談がありました。市長は、「南砺市の将来は、地域でケアし、家庭で暮らしていける町づくり、子育てや生活困窮者などにも心を配り、超高齢化社会に対応できるのは地域包括ケアしかないと考えている、その力を発揮すべき役割を地域包括ケアセンターは担っている」と話されました。また、「大学生の時に地域と係わる体験をすることは感性を磨くことになり、将来に生かしてほしい」とも語られました。

 今後は、富山国際学園の学生が、南砺市のフィールドでより多くの体験をし、自らの成長に繋げてほしいと思います。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ