富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  PHOTO
地域住民の皆さんに対して公開講座を開催しました

地域住民の皆さんに対して公開講座を開催しました

大学祭中間発表会を開催

大学祭中間発表会を開催

「平成22年度就職特別講演会」を開催しました

「平成22年度就職特別講演会」を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/07/03 (月)

滑川高校PTAの皆さんが本学を訪問されました [入試・広報センター]

■富山短期大学へようこそ

 2017(平成29)年6月26日(月)、滑川高等学校のPTAと教員合わせて23名が本学を訪問されました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

いいお天気の日でした★富山短期大学へようこそ!

 はじめに、最新の設備が整った調理実習室を見学していただきました。この調理実習室は、食物栄養学科はもちろん幼児教育学科や福祉学科の学生も講義で使用しています。
 また、食堂やコンビニが併設された学生ホールや体育館も見学していただきました。体育館では、幼児教育学科の1年生が生涯スポーツを受講しており、専門科目だけでなく、教養科目にも取り組んでいる様子を見ていただきました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

調理実習室を見学

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

体育館ではバドミントン


 その後、宮田伸朗学長より、滑川高校PTAの皆さまに、本学来校のお礼と感謝の気持ちをお伝えしました。また、入試・広報副センター長の小西准教授が本学の概要や特長について紹介しました。2年間での集中した学びに、職場実習やインターンシップなど実社会での学びが加わり、確かな技術と多くの資格・免許を取得できることを詳しくお話しました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

学長よりご挨拶


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

本学の概要説明


【参加者の感想】
・ぜひオープンキャンパスに行きたいと思った。
・今まで富山短期大学という名前だけを知っていて、何を学ぶところなのかよくわかっていなかったが、今回の機会で多くのことがわかって良かった。
・編入学をしている学生さんが思っていたより多かったので、驚いた。

【トミタンと記念撮影】

画像(180x117)・拡大画像(640x418)

トミタンといっしょ


オープンキャンパスパート2は、7月15日(土)開催!ぜひ、保護者の方もご一緒にお越しください。

■インフォメーション
 本学では、高校生の方はもちろん、保護者の方も対象に、見学会を随時開催しております。
 個別申込みのほかに、学校単位でのPTA活動の一環としての施設見学会や学食体験など、さまざまなご要望にもお応えいたします。ぜひ、本学にお越しいただき、自慢の学生と学び舎をご覧いただきたいと思います。

【お問い合わせ先】
富山短期大学入試・広報センター
TEL:076-436-5160 FAX:076-436-0133
E-Mail:nyushi@toyama-c.ac.jp

Posted   パーマリンク

今月の新着図書だより(2017年7月受入分) [図書館]

画像(100x141)

「調理科学のなぜ?」松本 仲子著 596-チ
里いもをゆでるときミョウバンを使う効果をみる、卵白の泡だて方によるスポンジケーキの膨らみの違いをみる…。食品の特性に合った調理法を確かめるために実験し、結果をもとに調理の不思議を解説した一冊。

画像(110x161)

「若者たちの食卓」外山 紀子・長谷川 智子 他著 377.9-ワ
食の写真が映し出す、若者たちの現実とは? 写真、データから若者の食生活を明らかにし、若者の自己、そして家族、格差、社会といった若者たちを取り巻く現実を、心理学・社会学・経営学などの分野を横断して読み解く。

画像(101x146)

「図書館情報学を学ぶ人のために」逸村 裕 他著 010-ト
人類の知識を本という形で今に伝える図書館。未来に伝える知識のカタチはデジタル時代にどう変容するのか。図書館情報学を「知識の伝達と共有」という視点で新たに捉え直し、その魅力を多面的に解説したまったく新しい入門書。

画像(100x146)

「『原因と結果の経済学』データから事実を見抜く思考法」中室 牧子他著 331.1-ナマ
根拠のない通説にだまされない!
「因果推論」の根底にある考えかたをわかりやすく説明。また、因果推論とデータを用いた経済学の研究結果を紹介し、その解釈=読み解きかたについても解説する。

画像(104x146)

「変容する子どもの関係」佐藤 学 他編著 370.8-イ
歴史的な転換点に立つ「教育」を根底から考えるシリーズ。混迷の中にある教育現実を内側から問い直し、教育学を専門とする研究者たちが最先端の知識で探究する。改革の希望を生み出す糸口を指し示す。

画像(101x144)

「社会福祉を学ぼうとする学生へのメッセージ」流通科学大学サービス産業学部 編 369-シ
流通科学大学の教員たちからのメッセージ。どんな「福祉観」をもって学生に対しているのか。「福祉へのいざない」をどのようにしているのか。福祉をめざし、志す動機づけとなる一冊。

画像(102x146)

「深読み!絵本『せいめいのれきし』」真鍋 真著 457-ママ
半世紀以上にわたって読み継がれてきた絵本「せいめいのれきし」。この絵本をこよなく愛し、改訂版を監修した恐竜博士が、地球が生まれてから今この瞬間まで続く、長い長い命のリレーを解説。隅ずみまで描き込まれたしかけを読み解き、最新の情報を紹介している。

画像(101x146)

「富山市議はなぜ14人も辞めたのか」チューリップテレビ取材班 318.4-ト
富山市議会から全国に波及した政務活動費問題。地方局の記者たちが、様々な圧力と闘いながら膨大な資料を分析、政務活動費の不正を暴いた。富山市議ドミノ辞職の舞台裏に迫る。

画像(100x146)

「いのちの車窓から1」星野 源著 914.6-ホケ
ドラマ、大ヒット曲。怒濤の毎日を送るなかで、著者が丁寧に描写してきたのは、周囲の人々、日常の景色、ある日のできごと…。その一編一編に鏡のように映し出されるのは、哲学、そして真意。星野源の魅力、そのすべてがわかる、誠意あふれるエッセイ集。

画像(98x94)

「ごはん」平野 恵理子作 E−ヒエ
具をごはんと一緒に炊き込んだ「たきこみごはん」、豪快に食べられる「どんぶりもの」、体が弱ったときにぴったりな「おかゆ」などおいしそうなごはんがいっぱいの絵本。

Posted   パーマリンク

17/06/30 (金)

ボランティア日記〜サンフォルテフェステバル運営補助〜 [ボランティア活動]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

展示物の移動

 2017(平成29)年6月24日(土)と25日(日)に、11名の学生が、男女共同参画社会の実現をめざしたイベント「サンフォルテフェステバル」(富山市)のお手伝いをしました。

 活動内容は、来場者の席への案内やアンケート回収などです。翌日25日には会場撤収作業を行いました。
 
 この活動は、毎年参加させていただいるサンフォルテさんでのボランティア活動です。学生の声をご紹介します。

参加学生の声
・お客様を誘導する時に、大きな声で呼びかけたり、自分から話しかけたりできてよかった。
・周囲を見て、お客様に適切な声掛けを行うのが難しかったです。
・スタッフの方々が優しく教えてくださってスムーズに行うことができました。
・ボランティアのメンバーやスタッフの人と互いに協力し合いながら、スムーズに会場の撤去作業を行うことができました。終わった後は達成感でいっぱいになりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

会場撤収(椅子の移動)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

イベント会場の片付け


続きを読む

Posted   パーマリンク

「若者発!富山の社会福祉実践事業」に採択されました [専攻科食物栄養専攻]

 青少年育成富山県民会議(富山県厚生部子ども支援課)主催による「若者発!富山の社会福祉実践事業」に下記課題が採択されました。

課題名:脳トレーニングによる認知症治療効果の検証
団体名:富山短期大学田淵研究室
代表者名:富山短期大学専攻科食物栄養専攻2年 島崎 日菜女
研究チーム:
専攻科2年生     専攻科1年生
島崎 日菜女     川並 千春
廣上 彩華      田村 麻美子
篠崎 綾        中塚 千尋
北平 早弥佳     宮本 桃子


事業概要:
 私達の研究室では、富山市内高齢者施設に入所している後期高齢認知症者を対象に、栄養療法(発芽玄米の継続的摂取)、作業療法(脳トレーニング問題のチャレンジ)、運動療法(座位を中心とした運動トレーニング)を実施している。この栄養・作業・運動の複合療法の効果は、2か月毎に実施する精神機能評価および身体機能評価されており、後期高齢認知症者においても認知症予防・改善効果が得られている。しかし、脳トレーニング単独の効果についてはわかっていない。一方、近年、脳トレーニングが認知症に治療効果があることが複数の研究で示唆されているが、いずれも短期間の調査であり、長期間の効果についてはわかっていない。 本事業では、認知症者を対象に脳トレーニングを長期間(1年間以上)継続的に実施して、定期的に精神および身体機能の変化を調べ、脳トレーニングの認知症治療効果を調べる。

Posted   パーマリンク

「若者発!富山の社会福祉実践事業}に採択されました [食物栄養学科]

 青少年育成富山県民会議(富山県厚生部子ども支援課)主催による「若者発!富山の社会福祉実践事業」に下記課題が採択されました。

課題名:元気とやまっこを育てよう! 
団体名:富山短期大学トミタンスイーツラボ
代表者名:富山短期大学食物栄養学科2年 滝澤 桜子
研究チーム:
食物栄養学科2年生
滝澤 桜子
橋爪 亜美
卒田 冴
飛島 璃星
竹島 麗奈


事業概要:
 「トミタンスイーツラボ」ではスローフードの考え方を基に、富山県の食材(小松菜、なし、ゆず等)を活用した富山短期大学オリジナルスイーツの開発を行っている。この事業では、トミタンスイーツラボの活動の一環として、子ども達に、食の楽しみや、自己有用感を高めてもらうことを目的として、以下の活動を行う予定である。@子どもの嗜好性と健康度に着目したオリジナルスイーツの開発を行うA児童福祉施設を訪問し、試食してもらいながら、野菜や食事についての食育普及活動を行う。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ