富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
平成21年3月卒業予定学生の進路先状況(速報)

平成21年3月卒業予定学生の進路先状況(速報)

キャリア・デザイン 〜集団の中の自分を探そう〜

キャリア・デザイン 〜集団の中の自分を探そう〜

介護実習U 報告会行いました

介護実習U 報告会行いました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/10/17 (火)

ボランティア日記〜TOYAMA米奏動2017 [ボランティア活動]

 2017(平成29)年10月14日(土)〜15日(日)、経営情報学科に所属する1年生の有志がTOYAMA米奏動のボランティアに参加しました。主な業務は、チケット販売や食券購入者へ白米ご飯の提供、会場巡回、ワークショップの補助など多岐に渡しました。事前に開催されたボランティアスタッフ説明会を経て、概要は理解することができましたが初開催のイベントとなるため柔軟な対応が求められました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

他のボランティアスタッフと協力して準備

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

新米の季節に嬉しい白米食べ放題

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

多くの人がおかわりに来ました

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

二日間、天候にも恵まれました


 来場者の皆さんに楽しんでいただくためには、相手が何を求めているのかを読み取り適切に対応する表現コミュニケーション能力が必要となります。参加学生は今夏、県内企業へのインターンシップに参加し就業意識の向上対人関係の強化に努めてきました。その成果を発揮するいい機会となったようです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

県外からもアーティストが多数参加

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ご飯にあうおかずも多数販売


参加学生の感想

■「初めて顔を合わせたボランティアスタッフとも作業を通じて仲良くなることができた。とても楽しく、良い経験ができたのでまた挑戦したい。」
■「積極的に行動する重要性を痛感した。ボランティアスタッフであっても来場者は頼ってくるので、イベント全般の知識は事前に勉強しておかねばらなかかった。」
■「分担して作業を行うとスムーズに自分の仕事がこなせると感じた。やりがいがあり、来場者の方やスタッフの方とコミュニケーションをとるのが楽しかった。」

Posted   パーマリンク

17/10/16 (月)

学生食堂で「ガチャ飯」開催! [学務課]

 2017(平成29)年10月16日(月)〜27日(金)の平日、富山国際学園呉羽キャンパスのG館学生食堂で「ガチャ飯」を開催しています。

画像(94x135)・拡大画像(452x640)

 「ガチャ飯」は、カプセル自動販売機の中に食券が入っており、食券に書かれたランクによってメニューが変わる楽しい催しです。

 大当たりとなるAランクのローストビーフ丼をはじめ、学生たちには嬉しい人気メニューや定番メニューが揃うとともに、取り放題のサラダバーが付いてきます。ワンコイン500円でお得感たっぷりです!


【学生の感想】
・ガチャを回すのが楽しいし、何が出るか楽しみ!
・ローストビーフ丼を食べたい!出るまで毎日ガチャを回します。
・普段、ランチ以外は別料金のサラダバーが、丼ものと一緒に食べられるのが嬉しい。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

回します!

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

何が入っているかな?

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

A賞のローストビーフ丼

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

C賞から味噌かつ丼


Posted   パーマリンク

専任事務職員(栄養系実験・実習助手)の募集について [一般]

 このたび、学校法人富山国際学園では、以下の条件で専任事務職員の募集を行います。

採用人数
 1名

業務内容
 富山短期大学 食物栄養学科および専攻科食物栄養専攻での実験・実習助手業務ならびに一般事務業務。

応募資格
 短期大学卒業以上の学歴を有する方。
 普通乗用車免許を有する方。
 パソコン(ワード・エクセル等)の基本操作ができる方。
 管理栄養士の免許を取得している方(取得見込み可)。
 採用日において、満30歳以下の方(若年層の長期キャリア形成のため)。

応募期限
 2017(平成29)年11月14日(火)(必着)

応募書類(応募書類は返却いたしません)
 履歴書(写真添付、志望動機欄の記述を含む)
 職務経歴書(職歴のある方のみ)
 最終学校の成績証明書
 最終学校の卒業証明書または卒業見込証明書
 小論文(600〜800字、書式自由、テーマ:仕事への抱負)


選考方法
 書類選考のうえ、面接を11月24日(金)の夕方に行います。
 時間帯、場所等の詳しい情報は、11月17日(金)までに書類選考通過者へご連絡いたします。

郵送先および問い合わせ先
 富山国際学園 学園本部 人事採用担当宛
 〒930-0193 富山県富山市願海寺水口444
 電話:076-436-5139 
 E-mail:info@tii.ac.jp
 ※電子メールでお問い合わせの際は、件名を「専任事務職員(栄養系)応募」として送信ください。

雇用条件
契約期間 常勤(任期なし、本学の規程により3ヶ月の試用期間あり)
採用日 2018(平成30)年4月1日
勤務場所 富山短期大学(富山県富山市)
休日 土曜、日曜、 祝日および年末年始、お盆等(年間124日)
勤務時間 8:30〜17:15
休憩時間 45分間
社会保険 私学共済(健康保険・年金)、雇用保険、労災保険
交通費 実費支給(上限:55,000円)
賃金(月額) 184,800円 〜(四年制大学卒または学士の学位取得者)
164,700円 〜(短期大学卒)
年次有給休暇 20日間
その他 産前産後休暇あり
育児休暇制度あり
マイカー通勤可

Posted   パーマリンク

17/10/13 (金)

たくさんの絵本に囲まれて過ごした豊かな時間 [幼児教育学科]

 2017(平成29)年10月7日(土)、幼児教育学科1年生が、「保育内容(言葉T)」の授業の一環で、射水市大島絵本館を訪れました。
 
 この授業の目的は、
■学生一人一人が、国内外の優れた絵本やその原画に接し、絵本への理解と認識を深める
■絵本館の施設・設備を利用し、絵本の手作り体験等を通して教材研究を行い、保育者としての資質を高めること
の2点です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

お気に入りの絵本を見つけてリストを作成します

 1階のライブラリーは、お気に入りの絵本を読みふけることができる空間です。1万冊以上の絵本の中から、各々がお気に入りを探し出し、絵本の魅力をじっくりと味わいながら、「私の絵本リスト」を作りました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

どれにしようかな? = 1階ライブラリー

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

光がそそぐ居心地のよい空間で、じっくり読みこんでいます

 2階のワークショップではキットを利用してのミニ絵本作りなどを体験しました。幼児にとっての絵本制作の魅力を探ることや、保育者の立場からの配慮や援助を考えることを目的とした取り組みです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

飛び出す「しかけ絵本」制作中 = 2階ワークショップコーナー

 原画に出合って感動したり、シアターで絵本のイメージがさらに豊かになったり、手軽な絵本作りを体験したりと、絵本ざんまいの1日でした。幼児教育を学ぶ学生たちにとって、絵本の世界を広げる貴重な体験となりました。

 このように、富山短期大学幼児教育学科では、体験を通しての気づきを重視した授業内容および課外活動を大切にしています。

Posted   パーマリンク

17/10/10 (火)

学外幼稚園での教育実習を終えた2年生の報告会 [幼児教育学科]

 2017(平成29)年10月3日(火)、「教育実習U」の事後報告会を行いました。
 この報告会は、「教育実習指導」の授業の一環として、幼児教育学科の専任教員全員が担当しています。
 
 学外の幼稚園で、2017(平成29)年9月7日(木)〜9月28日(木)の期間中、実質10日間の実習を終えた幼児教育学科2年生が、10グループに分かれて実習の内容を振り返り、自己評価をした上で、今後の自己課題の確認をするという形式で行いました。

 各グループで、さまざまな学びについて意見が交わされ、時には学生同士で共感しあって、大きく頷く姿もみられました。ここでは、その一部を紹介します。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

実習で学んだことなどについて発表し、意見を交わします

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

研究室にて担当教員をまじえ、グループで報告しあう学生たち

●実習中、戸惑いや困難を感じたこと
・クラスの活動では、たくさんの人数の子どもたちの興味をひきつけ、まとめることが大変だった。
・異年齢児クラスでの製作活動では、進むペースにバラつきがあり、個々に応じた説明をするのが難しかった。
●実習中、喜びに感じたこと
・自分が立案した活動の際、子どもたちが楽しんで遊ぶ姿を見たり、「面白かった!もっとやりたい!」と言ってくれたりしたこと。
・子どもたちに共感することで、自分の思いが伝わったこと。
・「○○先生、一緒に遊ぼう!」と名前を呼んでくれて、担当クラス以外の子どもたちからもたくさん声をかけてもらえたこと。
・運動会に向けて、うまくいかないことも、最後まであきらめず頑張る子どもの姿や、成長を間近で感じられたこと。
●実習で学んだこと
・保育者間で情報を共有し、個々に合った関わり方を工夫されている姿を見て、連携が大事だと感じた。
・子どもたちと同じ目線で、気持ちに寄り添い、一人一人に合った言葉掛けをすること。
・安心、安全に配慮した環境構成を行うこと。
・活動の切り替えが難しい子どもに対しては、無理に次の活動へ誘いかける前に、子どもの気持ちを第一に考えること。
●反省点、今後の課題、後輩への助言
・子どもと一緒に遊び込むことで距離を縮められることを学んだので、今後は子どもたちが心から「楽しい!」と感じられるような遊びを提案する力を身につけたい。
・ピアノのレパートリーをもっと増やしたい。
・保育日誌の誤字脱字を指摘されたので、記録を書く際には気をつけたい。
・保育者からの指示待ちになってしまっていたので、積極的に行動したい。
・クラス全体の興味をひきつけられるような声のかけ方(トーンや抑揚)を身につけたい。
・何よりも、魅力的な笑顔を忘れないことは大切!

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ