富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
  PHOTO
富山県障害者スポーツ大会に1年生全員が参加しました

富山県障害者スポーツ大会に1年生全員が参加しました

幼教の絆を深めました!【学外研修1日目:新入生歓迎会編】

幼教の絆を深めました!【学外研修1日目:新入生歓迎会編】

平成21年度 幼児教育学科 卒業演奏会を開催しました

平成21年度 幼児教育学科 卒業演奏会を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/02/01 (木)

いよいよ就職活動!〜2年生から1年生へ〜 [経営情報学科]

 経営情報学科では、2018(平成30)年1月19日(金)に、これから本格的な就職活動を開始する1年生に対して、進路ガイダンス特別授業を行いました。
 まもなく卒業を迎える各ゼミナール代表と編入学代表の2年生12名に、就職活動のポイントと準備方法や編入学試験対策などの経験談を熱く語っていただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2年生からの活動報告発表

 
 この特別授業は、先輩の姿を見て1年後の自分を想像してもらうと同時に、今から何をすべきなのかを先輩の歩んできた経験から学び、これからの進路選択活動に役立ててもらおうと実施しています。
 全体に向けての活動報告では、2年生が順番に進路選択における活動で、頑張ったことや苦労した点を発表しました。集まった1年生は熱心にアドバイスを聴きながらメモを取っていました。

■2年生から1年生へのアドバイス
・就職支援センターは、これまでの先輩が書かれた報告書を閲覧することができ、企業ごとの過去問題や面接対策を知ることが出来るので積極的に活用すべき。(銀行内定)
・エントリーから内定まで3カ月かかった。焦らず自分を信じて行動したほうがいい。(製薬会社内定)
・4年生の大学生がライバルだが、臆することなく自分を売り込むべき。(情報会社内定(SE職))
・1Dayインターンシップや企業説明会などに積極的に参加し、懸命に自分を売り込むことが大切。顔を覚えてもらうくらいになるべき。(建材会社内定)
・周りの友人が次々に企業内定をいただき、心が折れそうになったが、4年制大学で学ぶ夢を諦めずに努力していくことで、必ず結果が出る。先生とマンツーマンで勉強をした英語では、TOEICのスコアが200点も上がった。(富山大学・新潟大学編入学合格)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

質問タイム!教えて☆センパイ

 その後、ゼミナールごとに分かれて、先輩に質問が出来るグループワーク勉強会を行いました。1年生は、具体的な進路指導や面接練習の様子、また卒業論文・研究対策について2年生へ活発に質問をしていました。

 いよいよ進路決定に向けて活動する時期が来ました。本学は皆さんの進路選択を心から応援し、支援していきます。明るく前向きに突き進んでいきましょう。


Posted   パーマリンク

介護福祉士国家試験に向けて壮行会を開催 [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2年生を励ます宮田学長

 2018(平成30)年1月15日(木)、現在の2年生から初めて介護福祉士養成校の学生も介護福祉士の国家試験への受験が認められたことにより、受験者32人を対象に壮行会を行いました。
 宮田学長も激励にと参加され、「緊張せず、力を出し切るように」との言葉をいただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

力を出し切ってきますと宣言

 関学科長からは、読売巨人軍の終身名誉監督である長嶋茂雄氏の言葉を引用して、「勝て、勝て、勝て」と三回、みんなを鼓舞する挨拶がありました。
 受験者を代表して、佐藤美樹さんから学長ならびに学科教員へお礼の言葉を述べています。「自分のためにも、また、富山短大の名にかけても頑張りたいと思っています」と、力強い挨拶でした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

みんなが勇気づけられたエール

 最後にサプライズで、男子学生全員によるエールが行われました。国家試験に向けて取り組んできた補講や、力試しを重ねた模擬試験のことを思い起こしながら、みんなが心を一つにした素敵な壮行会になりました。
 なお、翌日の北日本新聞でも大きく取り上げられました。

Posted   パーマリンク

今月の新着図書だより(2018年2月受入分) [図書館]

画像(126x180)・拡大画像(242x343)

「くらしに役立つ栄養学」
新出 真理 監修 913.6/ハタ

正しい栄養学の知識を親しみやすいイラストを多く使用してわかりやすく解説している。バランスのとれた食事を摂るコツ、年代別の摂るべき栄養素、生活習慣病や疲労・心の不調などを食事によって改善させる方法を探る。

画像(124x180)・拡大画像(324x468)

「食品の変敗微生物」
内藤 茂三 著 498..54/ナシ

初版の食品の変敗原因菌の挙動に加え、新たに9章、10章の2章が加わわっている。9章では、保存料や殺菌剤の使用による変敗菌の薬剤耐性化と変敗、10章では、人に感染する微生物やカビによる変敗について解説されている。

画像(128x180)・拡大画像(244x341)

「赤ちゃんの脳と心で何が起こっているの?」
リザ・エリオット 著 493.9/エリ

妊娠初期から5〜6歳児までのための「科学的」育児書の決定版と評価されている。赤ちゃんの脳と心の発達メカニズムを詳しく解説も分かりやすい。赤ちゃんの脳がどのように発達していくか科学的に解き明かした図書。

画像(123x180)・拡大画像(236x345)

「日本における保育カリキュラム」
宍戸 健夫 著 376.12/シタ

戦前から戦後にかけて、4つの保育カリキュラムの類型のもとで、どのようにしてカリキュラムの統一的な把握が可能になったのか。日本の保育カリキュラムとその発展について、歴史的な経過、変遷を体系的に学ぶことができる。

画像(122x180)・拡大画像(234x345)

「刑務所の読書クラブ」
ミキーター・ブロットマン 著 936/フミ

囚人たちは、古典文学を読んで何を思うのか。刑務所における読書クラブの活動を追う。それぞれの思いがけない視点から物語の核心へと近づいていく描写に物語を紡ぐ意味を考えさせられる。


画像(155x180)・拡大画像(243x281)

「無印用品の業務化委員会」
良品計画 著 673.7/ム

業務の基本中の基本の重要性を社員に丁寧に呼びかけ、思想と風土を根付かせてきた。その目的は、同じ会社といえども誰もが同じに働くのではなく、個々が自発的・自主的に自分の働く場所や仕事を考え、変えられる環境を整えることにある

画像(121x180)・拡大画像(230x342)

「つらい介護に、さようなら」
高橋 浩一 著 369.26/タコ

メンタルトレーニングのやり方や考え方を介護に応用させている。
第一部は、介護をする自分自身のコンディションを整える方法、介護に向き合う心構えについて解説。第二部では、介護される人との信頼関係の築き方、心の開かせ方、自信の高め方を紹介している。

画像(121x180)・拡大画像(230x340)

「品格のある英語は武器になる」
マヤ・バーダマン 著 670.9/ハマ

丁寧な英語表現」を数多く紹介している。英語を話せればそれで良いというわけではなく、きちんとした正しい英語表現とは、どのようなものか日本人が言いがちな英語表現と対比しながら紹介している。語学とは何かも考えさせられる一冊でもある。

画像(125x180)・拡大画像(200x286)

「右であれ左であれ、思想はネットでは伝わらない。」
坪内 祐三 著 914.6/ツユ

飛び交う言説に責任の所在はあるのか。「自分の言葉」を探し求めたきたかつての言論人たちのことを追う。20年以上にわたり書き継いだ、体現的「論壇」論である。

画像(124x180)・拡大画像(243x352)

「リベラルな学びの声」
マイケル・オークショット著 370.4/オマ

実利主義と成果主義に重く価値を置く現代に、リベラルな大学改革の理念とは何か、学ぶ姿勢を再考する。哲学の入門書として注目をされている。世論やマスコミに踊らされるのではなく、今一度、自分の中でもリベラルの意味を考えたいと思わせる。

Posted   パーマリンク

18/01/31 (水)

富山県介護福祉士養成校協会として県へ要望書を提出 [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

厚生部長へ要望書を手渡す宮田会長(富山短大学長)

 2018(平成30)年1月19日(金)、富山短期大学が会長校を務めている富山県介護福祉士養成校協会で、2年ぶりに富山県知事宛に要望書を提出しました。
 当日は養成校協会の4校すべての学長や学校長が出席し、県厚生部長へ要望書を手渡しするとともに、富山県の介護を担う若い世代の確保に向けて意見交換がありました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

意見交換の様子。関係部署の課長からもご出席いただきました

 県からは厚生部長をはじめ、厚生部次長、厚生企画課長、高齢福祉課長、職業能力開発課長、そして各課の担当者の方に参加いただきました。
 前回の要望事項では、介護福祉士等修学資金が今年度から高校在学中に申請から内定まで可能になるなどの成果につながっています。

今回の要望内容は、以下のとおりです。
1.中高生に対する効果的な啓発活動やキャリア教育の充実強化
2.介護福祉士等修学資金貸付制度の改善・拡充
3.介護福祉士養成に係る離職者訓練(委託訓練)事業の継続実施
4.富山県福祉人材確保対策事業の充実
 この様子は、翌日の北日本新聞と富山新聞でも取り上げられました。

 今後も、福祉人材の育成や確保を進め、質の高い介護福祉士の養成を図るために努めていきます。

Posted   パーマリンク

18/01/30 (火)

進路ガイダンスを開催しました! [経営情報学科]

 2018(平成30)年1月19日(金)、経営情報学科1年生を対象に進路ガイダンス「特別授業」を開催しました。講師に株式会社K-DIC代表取締役社長 黒田保光氏をお招きし、黒田社長の経歴や考え方、そして目標を持つことの大切さについて熱くお話いただきました。

 今回の講演会は、これから本格化する就職活動や編入学に向けた活動に向けて、「何故働くのか」を学生たちが再考することを目的としています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

講師の黒田社長

 
 黒田社長の講演の中では、プロ野球で活躍するイチロー選手の小学生時代の作文が紹介され、「夢が近づいてくると目的が変化する」ことや、何度も転職を繰り返し、自信をなくした女性がスーパーのレジ打ちの達人になり、仕事の本質に出会えたといいた事例も紹介していただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学生たちも真剣にお話を聞いています

 参加した1年生は、心に響いた言葉が出るたびに大きく頷き、また熱心にメモを取っていました。
 また講演の最後には、学生たちから黒田社長に対して、「社長は社長になる夢があったと聞きましたが、今の夢は何ですか?」「多くの海外で学んだとありましたが、私たちが見ておくべき国はどこでしょうか」など、多くの質問があり、一つひとつの質問に対して丁寧に答えていただきました。


 今回の講演会で黒田社長は、「利益を上げることを中心に仕事をしていても業績は上がらない。お客様のために今自分が出来ることを一生懸命頑張っていたら、自然に利益が上がった」とお話いただきました。働くうえでは、「自分の為ではなく相手への心配り」が大切であるということを学生たちも理解できたのではないかと思います。
 お客様の為に働ける環境が整っているかどうかを自身の目で見極め、これから始まる就職活動に望んでほしいとお話いただきました。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ