富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

3

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
学生ボランティア交流会で意見交換

学生ボランティア交流会で意見交換

【ご案内】7月2日(日)学生たちが絵本ランドに出演します

【ご案内】7月2日(日)学生たちが絵本ランドに出演します

介護実習報告会を行いました

介護実習報告会を行いました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/03/08 (木)

食物栄養学科卒業研究発表会を開催しました [食物栄養学科]

画像(180x117)・拡大画像(314x205)

 2018(平成30)年2月28日(水)に平成29年度食物栄養学科卒業研究発表会を開催しました。 2年後期に履修をする卒業研究は、実験系、調査系の各テーマについて7名までのグループで研究を行う科目です。今年度も2年生が、グループに分かれて取り組んだ9テーマについて、発表を行いました。
 1年生も聴講しており、来年度取り組むことになる卒業研究に向けて、先輩たちの発表を熱心に聞き、質問をしていました。
 なお今回発表された研究テーマは以下の通りです(発表順)

1.糖代謝能に対するトランス脂肪酸摂取の影響
2.「乳和食」料理に牛乳を使用することの検討
3.O2郎と活動量計による代謝エネルギー量の測定
4.主食における食形態の違いおよびとろみ調整食品の添加が食後血糖上昇におよぼす影響
5.食形態およびとろみ調整食品の添加が食後血糖上昇におよぼす影響
6.富山県内の校外実習先における食品ロスの実態
7.短大生におけるのコンビニ利用 ―食品を中心にして―
8.短大生における食生活に関する研究
9.バイオアートにおける寒天培地の表現ツールとしての有用性

 2年生のみなさん、お疲れさまでした。みなさんが卒業研究で学んだことを、就職後あるいは進学後に生かし、活躍することを願っています。

Posted   パーマリンク

18/03/06 (火)

富山北部高校1年生の皆さんが本学を訪問されました [入試・広報センター]

■富山短期大学へようこそ

 2018(平成30)年3月2日(金)、富山北部高校くすり・バイオ科の1年生と教員合わせて42名の皆さんが本学を訪問されました。

画像(320x139)・拡大画像(640x279)

大型モニターがドーンとお出迎え!ようこそ!

画像(180x128)・拡大画像(640x456)

 はじめに、入試・広報センターの小西副センター長が本学の説明を行いました。
 短期大学と専門学校の違いや、進路の柔軟性・学費の軽減といった短期大学へ進学するメリットについて詳しく説明しました。また、今のうちから自分のやりたいことや将来の自分について考えておくことの重要性についてお話しました。

 次に、食物栄養学科ならびに経営情報学科の特長について、各学科の教員が説明しました。
 栄養士や図書館司書など県内唯一の学びを開講している点やそれぞれの学科で修得できる資格、就職について詳しくお話しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

経営情報学科の説明


画像(180x134)・拡大画像(640x479)

食物栄養学科の説明


 その後、福祉学科と幼児教育学科の施設を見学しました。福祉学科の講義では、電動ベッドや車椅子といった実際に福祉の現場で使用している福祉用具だけでなく、大画面のマルチスクリーンやタブレット端末といった最新機器を使用した講義を展開しています。さらに、本学福祉学科の大きな特長である「3つの学び」についても説明し、幅広い福祉分野の人材の養成をめざして社会福祉や福祉ビジネスといった分野の学びも深めることができることをお話しました。

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

福祉学科の説明


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学科概要でさらに詳しく紹介!


 幼児教育学科では、学生が普段の講義や実習で使用している教室を見ていただきました。電子ピアノがたくさん並んだキーボード室や個人レッスン室といった学科特有の施設だけでなく、季節をイメージして学生が授業で制作した壁面装飾など、学科での学びにも触れていただくことができたのではないかと思います。

画像(180x121)・拡大画像(640x431)

廊下には学生が作成した新聞が


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

小児保健実習室にはこんなものも♪


【トミタンと記念撮影】

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

トミタンといっしょ


【参加者の感想】
・教養と専門的な学びをしっかりと勉強できるところが良いと思った。
・施設が充実していて、専門の学習に役立つと思った。
・就職率が高く、勉強できる環境が整っていると思った。

■インフォメーション
 本学では、高校生の方はもちろん、保護者の方も対象に、見学会を随時開催しております。
 個別申込みのほかに、学校単位でのPTA活動の一環としての施設見学会や学食体験など、さまざまなご要望にもお応えいたします。ぜひ、本学にお越しいただき、自慢の学生と学び舎をご覧いただきたいと思います。

【お問い合わせ先】
富山短期大学入試・広報センター
TEL:076-436-5160 FAX:076-436-0133
E-Mail:nyushi@toyama-c.ac.jp

Posted   パーマリンク

18/03/05 (月)

雑誌リサイクルフェアのお知らせ [図書館]

 2018(平成30)年3月5日(月)〜16日(金)まで、呉羽キャンパスの学生を対象に保存年限を過ぎた一般雑誌をお譲りします。


 【日時】 3月5日(月)〜16日(金)9:00〜17:00
 【場所】 図書館カウンター前
 【譲渡冊数】 1人5冊まで
 【譲渡対象】 学生(富山短期大学、富山国際大学子ども育成学部)
         教職員


Posted   パーマリンク

18/03/01 (木)

入学前セミナーを開催しました [福祉学科]

 2018(平成30)年2月19日(月)9時30分から入学前セミナーを開催しました。福祉学科では、昨年度からAO入試・推薦入試・自己推薦入試の合格者を対象に入学前セミナーを実施しています。これは、入学後から始まる講義をスムーズに受けることができるようイメージと関心を持ってもらうことや、入学後の生活への不安を解消することがねらいとなっています。
 当日は、入学予定者の皆さんが元気に参加してくれました。グループに分かれて行った懇談では、「通学時の服装は?」「実習は大変なのか?」などの相談が寄せられていました。

 福祉学科では、2016(平成28)年度入学生より介護福祉の学びをベースに、社会福祉や福祉ビジネスも学ぶことのできるカリキュラムを導入しています。これにより、介護分野の知識・技術に加え、相談援助(ソーシャルワーク)ビジネス実務についても幅広く学び多様な進路選択をすることが可能になっています。

画像(320x227)・拡大画像(640x454)

 入学時はまだ3つの分野に分かれることはありませんが、1年次後期からは進路志望を確認したうえで、それぞれの選択科目を履修していくことになります。

 次に会うのは入学式となります。教職員一同、心待ちにしています。

Posted   パーマリンク

18/02/28 (水)

TOYAMAハッピーライフ学生ミーティング [ボランティア活動]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

イオンモール高岡

 2018(平成30)年2月18日(日)に、イオンモール高岡で開催された「TOYAMAハッピーライフフェスティバル」に幼児教育学科2年の学生が参加しました。

PDFファイル(520KB)

ハッピーライフフェスティバル (520KB)

 昨年11月から、県内大学・短期大学・専門学校の学生たちが集まって、少子化対策について話し合い、解決策を提案する「TOYAMAハッピーライフ学生ミーティング」がスタートしています。

 富山県の結婚、子育てについて、何回もミーティングを重ね、自分たちの考えをまとめ上げ、集大成のこの日、みんなで発表しました。

参加学生の声
 富山県では結婚や子育てに関する様々な施策を行っていることを知りました。また、富山県は災害も少なく働きやすい環境が整っていて、住みよさも全国でトップクラスということも知りました。しかし、その情報をあまり知られていないということが現状にあると感じたので、若者目線でどのように発信していけば良いのかを話し合い企画しました。話し合いを進めるうちにどんどんいいアイディアがでて、やはり対象者の目線で考えることが大切だと学びました。
 当日は、プレパパプレママ体験コーナーを担当させていただきました。子どもたちの参加も多く、小さなパパママのようで微笑ましかったです。またスリングの使い方も習い、私自身も勉強になりました。約4カ月の集大成として、結婚・子育てっていいなと思ってもらえるようなステージになったのではないかと感じます。私もこのボランティアに参加してハッピーな気持ちになりました。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

真ん中のふたりです

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

子育て施策の紹介

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

プレパパプレママ体験コーナーを担当しました


 とやまの未来、自分の未来について、同世代の学生たちと一緒に考える機会となりました。

※富山県内の若者に向けて、結婚、妊娠・出産、子育ての喜びを伝えることを目的とした富山県が行っている「TOYAMAハッピーライフキャンペーン2017」事業の一環です。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ