富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
「先輩から後輩へ」進路ガイダンス開催!

「先輩から後輩へ」進路ガイダンス開催!

臨床栄養学の公開授業を開催しました

臨床栄養学の公開授業を開催しました

富山国際学園創立50周年記念公開講座「富山の魅力、再発見Part 1」を開催しました

富山国際学園創立50周年記念公開講座「富山の魅力、再発見Part 1」を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/07/27 (金)

NGT48 中井りかさんが介護の仕事の魅力を紹介! [福祉学科]

 2018(平成30)年7月6日(金)、(株)北日本新聞が発行するタブロイド紙「Future Vol.6」が富山県内の中学3年生や高校生を対象に配布されました。
 芸人の牧野ステテコさんが表紙で、新聞紙の半分のサイズになっています。

 webun記事:「「フューチャー」6号発行 本社の高校生向けフリーペーパー 文系理系の情報満載」
 (記事全文を読むためには、webun会員登録とログインが必要です)
 

 富山県厚生部が推進する「元気とやま福祉人材確保応援プロジェクト事業」で、平成30年度に「富山県内の中学3年生や高校生を対象に介護の仕事の魅力を紹介する」という事業を計画したもので、掲載紙として「Future」が選ばれました。

 事業推進のため、北日本新聞社が行う該当紙面の制作には、富山県介護福祉士会の会長校として事務局を担う本学福祉学科が全面的にサポートを行いました。
 介護・福祉分野の資格や仕事のこと、給付型修学資金や特徴的な職場の紹介も掲載しています。

【ページ内容】
「中井りかの福祉のお仕事repo」
 富山県出身で、NGT48に所属する中井りかさんが、4人の若手の介護福祉士へのインタビュー形式で、介護の仕事の魅力を紹介しています。

 中学校や高校では、1学期の終業式当日に配付された学校もあると伺っています。
 ぜひ、多くの生徒さんたちに手にとって見ていただき、進路を考える上での参考にしてください。

Posted   パーマリンク

18/07/26 (木)

「生活支援技術T」初めての技術試験に向けて頑張っています! [福祉学科]

 1年生は、2018(平成30)年7月27日(金)に実施する生活支援技術Tの技術試験に向けて、毎日授業が始まる前と放課後に自主練習を行っています。

 技術試験の課題は、78歳の誕生日を迎えた方がお祝いの会に参加するために、上着を着て車いすで出かけるというシチュエーションで支援を行うことを想定した内容です。

画像(146x180)・拡大画像(212x260)

実習室を使った自主練習の様子

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

チェックリストを確認しながら練習

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

笑顔を引き出すことも大切です


 
【学生の言葉】


・友達と一緒にチェックリストの内容と照らして、できていること、できていないことを確認しながら練習しています。

・デモンストレーションを見た時には、簡単にできそうに思いましたが、実践してみるととても難しいことが分かりました。

・立ち上がりが難しいです。まだ分からないことがいっぱいあるので、しっかり練習したいと思います。


 学生たちが、練習にの成果を発揮して、全員が良い点数で合格してくれることを願っています。

Posted   パーマリンク

福祉学科のオープンキャンパス パート2 [福祉学科]

 2018(平成30)年7月14日(土)13:30 から、オープンキャンパス パート2を開催しました。
 当日学科紹介や模擬授業の様子を紹介します。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2年生による学科説明

 最初に、関学科長が「これからの社会で輝くための福祉の学び」の題で、来年度から健康福祉学科へと名称変更になる学科の特長を説明しました。

 次に、「健康福祉学科でかなえる将来の夢」というタイトルで、学生の目線で見た学科の紹介しました。紹介した学生は、介護福祉士資格を持った医療事務職をめざしており、介護・福祉分野をとりまく様々な分野で活躍できる人材になれるように、学生生活を送っていることをお話ししました。

 続いて、今年度から始まるインタラクティブ(対話型)入試の説明を行ってから、模擬授業を体験してもらいました。


1. なるほどね!試してわかる「楽ちん技」(石橋教授)
 介護分野の模擬授業です。きつい仕事と思われがちな介護職ですが、きちんと「技」を繰り出せば、利用者に不快な思いをさせることなく介護ができます。
 「楽ちん」にサポートをできるような介護方法を体験してもらいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

2. 相談援助の基本の「キ」、家族関係図と自己覚知のワーク(関教授・学科長)
 ソーシャルワークで重要なことは、援助対象の家族の状況を知ること、援助者自身が能力と限界を把握して相談援助をすることです。
 今回は、相談援助の入門編をワーク形式で実施しました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

3. 医療事務の入り口 〜診察券をデザインしよう(吉牟田准教授)
 病院やクリニックにかかると、診察券をもらいます。診察券はいざという時に病院に連絡や休診日を確認したりするときに必要な大事な情報が載っています。
 参加者の皆さんには、パソコンを使用して必要な情報を掲載したオリジナルデザインの診察券を作成してもらいました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

診察券デザイン中

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

オリジナル診察券


 模擬授業体験の後は、在学生による「学科ツアー」と個別相談会を行いました。
 最初は、参加者の方と学生たち全員が緊張している感じでしたが、だんだんと会話も弾みはじめ、終盤は笑い声が絶えない様子でした。

 また、保護者の方々からも熱心にご相談をいただき、あっという間にオープンキャンパスが終了となりました!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

以下参加高校生の感想をご紹介します!

・学科内のいろいろな場所を見て、話を聞くことができたのでよかったです。
・実習記録の例や卒業の編入学・就職についてもくわしく理解することができました。
・学生の方の入試の時の体験談など、受験に向けてとても参考になりました。
・パソコンなどの機器が充実していたのが意外でした。
・面接や小論文が苦手なので、インタラクティブ入試にすごく関心をもちました。

 次回のオープンキャンパスは、2018(平成30)年8月25日(土)です。 皆さんのお越しをお待ちしています!
 学科の催しを楽しみにしていてくださいね。

Posted   パーマリンク

18/07/25 (水)

平成30年度 生命保険協会 介護福祉士養成奨学生に選定されました! [福祉学科]

 2018(平成30)年7月10日(火) 10:30から、本学の大会議室で「平成30年度 生命保険協会 介護福祉士養成奨学生決定通知伝達式」が行われました。

 今年度の奨学生には、本学を含めて県内介護福祉士養成校から3名が選出されました。
 選出された3名を代表して、本学福祉学科2年 中山萌花さんが富山県生命保険協会会長の伊藤 博様から決定通知証が授与されました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 奨学生の中山萌花さんは、「これまで福祉学科を卒業した幾人もの先輩が、生命保険協会の奨学金を糧に介護現場へと羽ばたいていったと聞き、自分も後に続き後輩たちの見本になりたい」と抱負を述べ、介護福祉士国家試験の合格をめざして、日々勉学に励むことや奨学生決定のお礼を伝えました。

 また、決定通知証の授与を受けて、宮田学長が列席された富山県生命保険協会の方々に感謝の言葉を述べました。

Posted   パーマリンク

18/07/24 (火)

ボランティア日記 〜サンフォルテわくわくジュニアセミナーの手伝い〜 [ボランティア活動]

 2018(平成30)年7月14日(土)、食物栄養学科の学生2名と幼児教育学科の学生2名が、富山県民共生センター サンフォルテ(富山市)「わくわくジュニアセミナー」の手伝いをしました。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

会場整備、誘導、資料配布など

 小学3〜6年生の子供たちが60名程と保護者の方が参加されていました。
 
 人形を使って心臓マッサージの体験をしたり、手回し発電機を使った実験がありみんなとても盛り上がっていました。
 
 セミナーの最後には、スーパーボールと竹串、ストローを使ったストローロケットの工作があり、子どもたちの作業のサポートを行いました。

参加学生の声
・違う学校や異なる学年同士が協力している姿を見て、普段通っている学校以外での活動は、子どもたちにとって良い経験になっているんだなと思いました。
・保護者の方がいなくても自分たちで考えて行動できている様子は、子どもたちが自立に向かっている証拠だと感じました。

 
 子どもたち一人ひとりがすごく楽しんでいる様子だったので、うれしい気持ちでボランティア活動を終えることができたようです。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ