富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2018


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  PHOTO
専攻科食物栄養専攻 公開特別講演会「ご飯にしよう」を開催しました

専攻科食物栄養専攻 公開特別講演会「ご飯にしよう」を開催しました

富山短期大学ボランティア講座を開催しました

富山短期大学ボランティア講座を開催しました

1年生がエコクッキングコンテストに出場しました

1年生がエコクッキングコンテストに出場しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/08/06 (月)

充実した介護実習をめざして「第2回 介護実習指導者会議」開催 [福祉学科]

 2018(平成30)年8月2日(木)、富山県民会館で平成30年度 第2回 介護実習指導者会議を開催し、県内の介護実習施設から22名の指導者の方にご参加いただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

関学科長の挨拶

 開会にあたり、関学科長が挨拶を述べてから、福祉学科教員の異動等について報告を行いました。新任の小平准教授が着任の挨拶後、司会を務めました。

 今年は、富山県「元気とやま福祉人材確保・応援プロジェクト」の介護実習連携強化応援事業の委託を受け、講演会を開催しました。
 講師に、社会福祉法人ひだまり 理事の山下 総司氏をお迎えして、「学生の個性を伸ばす実習環境創り」をテーマに講演を行っていただきました。

 学生の「やる気」を引き出すためには、指導者が自信を持って物事の根拠やデータを知り、わかるように伝えることが大切であること。
 現実の考え方や慣習にとらわれず、良い部分の意味を知って変化させることで人が育っていくこと。
 また、理想を現実にするためには、「やってみる」「観る・見る・振り返り」「しっかり伝える」「素直さと謙虚さ」の4本柱が大切であることなど、多くのスライドを使用してお話いただきました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

山下氏の講演

【参加された方々の感想】
  • 目でわかること=環境が与える影響は大きいものであると再認識しました。職員が笑顔で働ける事も重要である。それを見て学生もこの施設いいなぁと感じてもらえると思います。また、学生を育てることは、自分達を磨くことにも繋がると思いますので、努力を続けたいと思います。

  • 実習生を受け入れる、学生を育てるには、先ず施設での日常(利用者さんとの関わり、環境づくり、接遇)を見直すことが必要だと改めて思いました。実習生の方々はとてもよく見ておられるということを意識して実習指導を行っていかなくてはいけないですね。今日の講演を今後に生かしたいと思います。

  • 学生は職員と違う視点で現場を見ているので、職員や利用者様が生き生きとした明るい表情で過ごせるような環境づくりは大切だと改めて感じた。

  • 学生だけでなく新人等も育てることは、我々指導者の責任となってくる。自分たちが介護の根拠、これをなぜするのかという根拠を自分たちが理解し伝えなければと思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 
 大変暑く、お忙しい中にもかかわらず、お越しいただいた実習指導者の皆さま、誠にありがとうございました。
 学生たちのご指導、よろしくお願いいたします。

Posted   パーマリンク

18/08/03 (金)

前期末試験が始まりました [経営情報学科]

 2018(平成30)年7月31日(火)から、平成30年度前期末試験が始まりました。
 前期末試験は7月31日(火)から8月6日(月)の5日間で、前期に学習した知識やスキルがどの程度定着しているのかを評価するもので、1年生にとっては初めての期末試験です。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

7月31日(火)3限目「ITリテラシー」

 「ITリテラシー」は、コンピュータの基本的な知識、操作方法、メンテナンス方法やセキュリティなど、コンピュータを日常的に使用するために必要な基本的な能力を身につけることを目標とする授業科目です。
 学生一人ひとりが、自分のノートパソコンを使用して実践的な力を身につけます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

8月1日(水)4限目「会計学T」

 「会計学T」は、初めて簿記や会計を学ぶ学生を対象した授業科目です。初級の会計理論について全体像をつかむことを目的とし、実践に耐えうる「仕訳」の力を身につけていくことで、日商簿記検定3級の合格も目標としています。
 試験では、授業でも使用している電卓を使って問題を解いています。

 

【初めて試験を受けた1年生の様子】
・「昨日、夜遅くまで勉強した甲斐があった」と笑顔の学生
・「難しかった」と渋い顔で教室を出ていく学生
・「今日は徹夜だ」とやる気満々で早々に帰宅する学生


 約1年後の就職活動では、企業などに成績証明書を提出することになりますので、学生たちは真剣です。

 放課後に友人と復習をしたり、分からないことを先生に質問するなどして試験に備えており、8月6日(月)の試験期間が終わるまでは、しばらく緊張の日々が続きます。

Posted   パーマリンク

夏季休業のお知らせ [一般]

 富山短期大学では、以下の期間の業務を休止させていただきます。
 ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

<休業期間> 2018(平成30)年8月13日(月)〜15日(水)
          ※2018(平成30)年8月16日(木)から通常業務を行います。

資料請求について (受験生のみなさんへ)

 資料請求については、休業期間中も、メール、FAX、ハガキ、資料請求フォーム、テレメールで受付しております(電話を除く)。
 各種資料の発送については、2018(平成30)年8月16日(木)以降となりますのでご了承ください。
 ※テレメールで請求された場合は、休業期間中も対応いたします。

 資料請求につきましては、こちらのページをご覧ください。


証明書の発行について(在学生・卒業生のみなさんへ)

 各種証明書の受付は、2018(平成30)年8月16日(木)以降となりますのでご了承ください。

 各種証明書の発行については、こちらのページをご覧ください。

Posted   パーマリンク

18/08/02 (木)

富山県介護福祉士等修学資金の決定通知伝達式を行いました [福祉学科]

 富山県には、県内で福祉・介護分野への就職をめざす方を対象とし、介護福祉士等の資格取得をめざす方を対象にした介護福祉士等修学資金の貸与制度があります。
 この修学資金は、(社福)富山県社会福祉協議会が運営する富山県健康・福祉人材センターをとおして貸与されるもので、富山県内の福祉施設などで介護福祉士として5年間の業務に従事することで返還が免除となるものです。
 

画像(180x100)

伝達式の様子

 2018(平成30)年7月18日(水)、介護福祉士等修学資金の決定通知授与式を行い、宮田学長が学生たちに通知書を手渡ししました。
 今回の対象者6名は、本学入学後に申請を行って修学資金の貸与が決定した学生たちです。
 高校3年生を対象とした修学資金の内定制度を利用して本学に入学した学生5名と合わせて、今年度に高校から進学してきた学生30人のうち11人が奨学生に選ばれたことになります。
 

 超高齢社会の日本国内では、介護福祉士の養成が社会的急務となっています。そのため介護・福祉分野では、人材の養成にあたって経済的な負担が大きくならないように、さまざまな支援を行っています。

 この富山県介護福祉士等修学資金だけでなく、民間の介護保険施設による独自の「給付型修学資金」も複数ありますので、進学にかかる費用のことで迷っておられる方は、オープンキャンパスや進学相談会などで、ぜひご相談ください。

Posted   パーマリンク

チューリップテレビの番組に幼児教育学科の学生が出演します! [トピックス]

 2018(平成30)年9月29日()、チューリップテレビで放映予定の、祭りヒューマンドキュメンタリー番組「ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り 風の盆ふたつの物語(仮)」に、富山短期大学幼児教育学科の学生が出演します。

 番組では、富山市八尾町東町の優美な伝統を受け継ぐ女性たちの物語として、東町支部の女性踊り子の副リーダーとして活躍する幼児教育学科1年、佐藤百華さんのおわらにかける姿が紹介されます。
 佐藤さんは日中、本学で保育者をめざして勉学に励み、夜は地域の仲間とともに、憧れの先輩の踊りを受け継ぐべく、おわらを鍛錬しています。このような姿をドキュメントで描く感動物語です。ぜひ、ご視聴ください。

■タイトル■
ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り 風の盆ふたつの物語(仮)
■放送日時■
2018(平成30)年9月29日()13:00 チューリップテレビ 富山県内(予定)
1時間番組 (開運!なんでも鑑定団の放映後)
※BS12,東京MXで再放送あり(全国)

画像(240x240)・拡大画像(640x640)

300年以上も越中八尾で受け継がれているおわら風の盆

画像(177x240)・拡大画像(473x640)

おわらを踊る佐藤百華さん

 2018(平成30)年7月24日(火)には、本学G館学生食堂で友人と語りながら弁当を食べるようすや、授業で手遊びの発表をする場面などの取材・撮影が行われました。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

ランチ風景の撮影 = 富山短大G館学生食堂

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

おわらと学業の両立について語る佐藤さん

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

佐藤さんをよく知る、幼なじみの友人もインタビューに答えます

画像(320x205)・拡大画像(640x410)

授業のようす = E館5階講義室

 毎年、9月1日〜3日まで行われる「おわら風の盆」は、「芸術民謡」とも称されています。
 佐藤さんは、「おわらの踊りは引退するまで、完成することがない。洗練された美しい動きを磨き続けたい」と語り、夏休み中も稽古に励むそうです。
 
 地域で活躍する佐藤さんを、富山短期大学の誇りとして学生・教職員一同で応援しています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ