富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2018


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  PHOTO
【美術鑑賞】ファンタジー・メルヘンの世界を楽しむ−富山県立近代美術館−

【美術鑑賞】ファンタジー・メルヘンの世界を楽しむ−富山県立近代美術館−

開学48周年を迎えました

開学48周年を迎えました

富山県こどもみらい館から学ぶ

富山県こどもみらい館から学ぶ

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/08/09 (木)

専任教育職員(介護福祉士分野)の募集について [トピックス]

 このたび、学校法人富山国際学園では、以下の条件で富山短期大学の専任教育職員の募集を行います。

【介護福祉士分野】

■採用人数
 教授、准教授、または専任講師 1名

■勤務形態
 常勤(任期なし、本学の規程により3ヶ月の試用期間あり)

■担当予定科目
【介護系科目】
 発達と老化の理解、認知症ケア論、障害者ケア論、介護過程、介護実習・指導 など
【ゼミナール系科目】
 教養演習、総合的研究 など

■採用予定日
 2019(平成31)年 4月 1日

■応募期限
 2018(平成30)年 9月28日(金)【必着】

■応募詳細
 科学技術振興機構のJrec-in Portalに記載してありますので、以下のサイトをご参照ください。
 Jrec-in Portal | 健康福祉学科 教授、准教授、または講師[社会科学-社会学]の公募について

Posted   パーマリンク

18/08/08 (水)

富山短期大学アクションプラン レビューの更新について [トピックス]

PDFファイル(1102KB)

アクションプラン・レビュー 2017 (1102KB)

 2015年から2017年を計画期間として基本目標を掲げた「富山短期大学アクションプラン(2015〜2017)」のレビューを更新しました。
 左のアイコンをクリックしてPDFファイルをご覧ください。

 アクションプランの詳細については、記事:「富山短期大学アクションプランを策定しました」をご覧ください。

Posted   パーマリンク

18/08/07 (火)

図書館開館時間変更のお知らせ [図書館]

 富山短期大学付属図書館の閉館時間が下記のとおり通常と異なります。ご注意ください。

■2018年(平成30年)8月7日(火)〜9月25日
 夏季休業のため、17:00で閉館します。

Posted   パーマリンク

介護福祉士実務者研修科 第2回指導者研修を行いました [福祉学科]

 2018(平成30)年8月2日(木)13:30から、本学の介護実習室で、介護福祉士実務者研修科の指導者16名に対する第2回指導者研修を行いました。

 実務者研修科の指導者は、受講生に演習課題すべてにおいて模擬実技が求められます。
 各グループで一つひとつの動作や言葉かけを確認しながら、決められた演習課題の実技の学習に真剣に取り組んでいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 
 実務者研修科の受講者18名は、10月末から始まるスクーリングに向けて、e-ラーニングを活用して自宅学習に取り組んでいます。
 スクーリングは5日間の日程で、介護過程の展開と介護実技演習があります。最終日には、演習課題の中から1つを出題して、実技評価を行うことになっています。

Posted   パーマリンク

18/08/06 (月)

充実した介護実習をめざして「第2回 介護実習指導者会議」開催 [福祉学科]

 2018(平成30)年8月2日(木)、富山県民会館で平成30年度 第2回 介護実習指導者会議を開催し、県内の介護実習施設から22名の指導者の方にご参加いただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

関学科長の挨拶

 開会にあたり、関学科長が挨拶を述べてから、福祉学科教員の異動等について報告を行いました。新任の小平准教授が着任の挨拶後、司会を務めました。

 今年は、富山県「元気とやま福祉人材確保・応援プロジェクト」の介護実習連携強化応援事業の委託を受け、講演会を開催しました。
 講師に、社会福祉法人ひだまり 理事の山下 総司氏をお迎えして、「学生の個性を伸ばす実習環境創り」をテーマに講演を行っていただきました。

 学生の「やる気」を引き出すためには、指導者が自信を持って物事の根拠やデータを知り、わかるように伝えることが大切であること。
 現実の考え方や慣習にとらわれず、良い部分の意味を知って変化させることで人が育っていくこと。
 また、理想を現実にするためには、「やってみる」「観る・見る・振り返り」「しっかり伝える」「素直さと謙虚さ」の4本柱が大切であることなど、多くのスライドを使用してお話いただきました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

山下氏の講演

【参加された方々の感想】
  • 目でわかること=環境が与える影響は大きいものであると再認識しました。職員が笑顔で働ける事も重要である。それを見て学生もこの施設いいなぁと感じてもらえると思います。また、学生を育てることは、自分達を磨くことにも繋がると思いますので、努力を続けたいと思います。

  • 実習生を受け入れる、学生を育てるには、先ず施設での日常(利用者さんとの関わり、環境づくり、接遇)を見直すことが必要だと改めて思いました。実習生の方々はとてもよく見ておられるということを意識して実習指導を行っていかなくてはいけないですね。今日の講演を今後に生かしたいと思います。

  • 学生は職員と違う視点で現場を見ているので、職員や利用者様が生き生きとした明るい表情で過ごせるような環境づくりは大切だと改めて感じた。

  • 学生だけでなく新人等も育てることは、我々指導者の責任となってくる。自分たちが介護の根拠、これをなぜするのかという根拠を自分たちが理解し伝えなければと思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 
 大変暑く、お忙しい中にもかかわらず、お越しいただいた実習指導者の皆さま、誠にありがとうございました。
 学生たちのご指導、よろしくお願いいたします。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ