富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

9

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  PHOTO
中国料理勉強会をグランテラス富山で開催しました

中国料理勉強会をグランテラス富山で開催しました

「基礎実習」の特別講義を行いました

「基礎実習」の特別講義を行いました

年始のご挨拶

年始のご挨拶

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/09/01 (土)

今月の新着図書案内(2018年9月受入分) [図書館]

画像(128x180)・拡大画像(355x499)

「乳幼児期の発達と食事」 
小川 雄二・小塚 麻衣 著 376.14/オユ

乳幼児の保育に関わる方、子育て中の方におすすめの1冊です。新しくなった『保育所保育指針』の食に関する項目をポイントで解説。特大サイズ「離乳開始から移行期の食品の使い方」表付。

画像(127x180)・拡大画像(354x499)

「子どもに伝える行事食」
食べもの文化編集部 編 376.14/コ

こいのぼりごはん、七夕そうめん、シェパーズパイ、七五三お祝い膳、サンタのブーツピラフ…。子どもたちに伝えたい行事食のレシピを行事のいわれとともに紹介。イベント時のお楽しみ献立、お誕生会のケーキも掲載されている。

画像(155x180)・拡大画像(433x500)

「造形あそび」
深谷 ベルタ 著 376.156/フヘ

青山こどもの城で20年間保育士として「造形」に関わってきたベルタさんによる造形あそび本。子供達との造形活動の実践満載造形に必要なのは材料ではなく「素材」。その素材を感じること、感じるために何かのアクションを起こすこと。「体験が感性を育む」造形本。

画像(125x180)・拡大画像(347x499)

「子どもの「怒り」へのかかわり方」
野村 恵里 著 376.11/ノエ

子供はなぜ怒るのかを考え就学前の子供が自分自身の怒りの感情をコントロールする術を解説します。保育者が子供の怒りと向き合いながら「意欲」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」など非認知能力を育む土台づくりをする一冊です

画像(131x180)・拡大画像(365x499)

「かんがえる子ども」 
安野 光雅 著 914.6/アミ

50年以上にわたって、数々の驚きにみちた絵本を描いてきた、安野 光雅。日本を代表する世界的画家が、あふれる情報や人の意見に惑わされずに生きるにはどうすればよいかを自由な発想で綴る、「考えるヒント」がつまった痛快なエッセイです。

画像(125x180)・拡大画像(128x184)

「ごみ収集という仕事」
藤井 誠一郎 著 518.5/フセ

若手研究者が新宿区内で9カ月にわたってごみ収集を体験。清掃という仕事の奥深さ、日があたらない場所で真摯に働く職員の姿、歌舞伎町や新宿二丁目のごみ事情、民間委託の問題点、そして本来の地方自治のあり方について論じる。

画像(129x180)・拡大画像(359x499)

「セーヌ川の書店主」
ニーナ・ゲオルゲ 著 943.7/ケニ

人々に本を"処方"する書店主の船はパリを飛び出しプロヴァンスを目指す。あのひとの人生を見届けるため。そして自分の人生を取り戻すため。世界150万人が涙した哀しくも優しい、喪失と再生の物語。37か国で累計150万部突破の世界的ベストセラー!

画像(120x180)・拡大画像(127x190)

「ヤングケアラー」
澁谷 智子 著 369/シト

18歳未満の子どもや若者が家族の介護を行わねばならない状況を論じた一冊。高齢社会を迎える中、子どもや若者と介護の関係は、目を向けるべきテーマだ。本書は、調査の結果や当事者の声、そして海外のケースなどを踏まえ、今後の取り組みを考える一冊。

画像(124x180)・拡大画像(345x499)

「あいまいさを引きうけて」
清水 眞砂子 著 914.6/シマ

児童文学者・「ゲド戦記」などの翻訳家のエッセイ集。児童文学に描かれた子ども像、乙骨淑子をめぐる鶴見俊輔との対話、「ゲド戦記」の作者ル=グウィンへの追悼文など収録。『本の虫ではないのだけれど』『不器用な日々』に続く第3集。

画像(150x180)・拡大画像(418x500)

「世界を変えた本」
マイケル・コリンズ神父他 著 020.2/セ

精巧な中世の彩飾写本、最初のメディア革命ともいえる世界初の印刷本、人間の宇宙観を転換させることになった科学書、偉大な小説とその挿絵。古今東西、あらゆるジャンルから厳選した80冊以上を登場するまでの背景や後世に残したものを含めて鮮やかに描き出した一冊。

Posted   パーマリンク

18/08/31 (金)

なんと未来ミーティングのファシリテーターを務めました [ボランティア活動]

 2018(平成30)年8月4日(土)、幼児教育学科の学生2名が、南砺市主催 「なんと未来ミーティング」 のファシリテーターとして参加しました。興味のある分野に分かれて、高校生たちと南砺市の未来について話し合い、話し合ったことをグループごとに発表し合って、南砺市 田中市長 に提案しました。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

向かって左のふたり「ユリトコ」です  南砺市役所 福野庁舎講堂にて

 
 高校生たちが南砺市について日頃思っていることや生活を通じて感じていること、また授業などで学んだことなどを踏まえ、将来の南砺市について意見を出し合いました。

画像(180x120)

膝の上には書き込みできる『えんたくん』

画像(180x120)

「合掌造り風コンビニは!?」


 
 高校生たちは南砺市をどう変えていけばいいか、何が必要かなど独自の考えをしっかり持っていました。

画像(180x120)

まちづくりのアイディアを発表

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

田中市長は興味を示してくださいました


参加学生の声
・ファシリテーターとして笑顔で明るく話しかける、一人ひとりの発言に共感したり話を広げたりすることで、高校生たちも楽しく意見を出し合うことができたのではないかと思う。
・高校生が自由に意見を言うことができるよう、私たちファシリテーターが話しやすい環境づくりをすることが大切だと学んだ。 高校生たちだけでなく、私たちファシリテーターも楽しんで将来の南砺市について考えを深めることができた。

 このような貴重な機会を与えてくださった、能登 貴文 先生、南砺市関係者の皆さま ありがとうございました。

Posted   パーマリンク

管理栄養士国家試験準備講習会のお知らせ [トピックス]

 2018年(平成30)年度 管理栄養士国家試験準備講習会を、2018年(平成30)年10月13日(土)〜2019年(平成31)年1月12日(土)の日程で実施します。

 県内に在住する栄養士で、管理栄養士をめざす方を対象に、本学が国家試験受験準備のための講習会を開催するもので、管理栄養士国家試験範囲の解説や効率的な試験対策などの講義を行い、国家試験に向けた準備を整えていただきます。
 

PDFファイル(121KB)

受講申込書 (121KB)

 詳しい日程や費用については、PDFファイルをご参照ください。
 申し込み締切は、2018年(平成30)年9月21日(金)です。受講を希望される方は早めにお問い合わせください。
 なお、講習日時や内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 
【申し込み・お問い合わせ先】
 富山短期大学 食物栄養学科事務室
 電話:076-436-5168(直) FAX:076-436-0133
 E-mail:kanri@toyama-c.ac.jp

Posted   パーマリンク

18/08/30 (木)

食物栄養学科 オープンキャンパス パート3開催の様子 [食物栄養学科]

 2018(平成30)年8月25日(土)13:30から、オープンキャンパス パート3を開催しました。
 食物栄養学科では、保護者の方を含めて130名以上の方々にご参加いただきました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まず、最初に学科紹介を行い、食物栄養学科の特長や授業内容などについて説明を行いました。
 次に、「栄養士・管理栄養士の仕事を知ろう」のコーナーで、専攻科食物栄養を修了し、管理栄養士国家試験に合格した卒業生が管理栄養士としての仕事内容や、やりがいについて説明しました。
 続いて、専攻科食物栄養学科の学生3名が、臨地実習の場で病院管理栄養士の仕事を体験して、学んだことについて紹介しました。

 
 最後は、調理体験と学内ツアーの2グループに分かれて、学科での学びを体験してもらいました。

 「調理体験」は、「お麩(ふ)の力 〜 脇役食材が主役に変身 お手軽お麩スイーツ 〜」の題で「お麩」を使用した簡単でお手軽な麩のラスクと麩のフレンチトーストを作りました。
 参加者の皆さんは、とてもおいしいお菓子が簡単に調理できることが分かり、学生たちと懇談しながら試食していました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 
 「体験型学内ツアー」は、食物栄養学科が主に使用している施設・設備を巡りながら、味覚テストや実験などを体験してもらいました。ツアーの内容は次のとおりです。

【味覚官能テスト】
 市販のジュースを口に含み、100mlあたりの糖分のグラム数および濃度%の計算体験。

【飲料の抗酸化力を見てみよう】
 DPPHという呈色試薬を用いて、飲料の抗酸化作用を視覚的に感じてもらう体験。

【パソコンで栄養価計算を体験!!】
 パソコンによる栄養価計算の体験。

【SATシステムやフードモデルを用いた栄養指導】
 フードモデルを触ったり、SATシステムを使って食事内容の評価を行う体験。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)
画像(240x180)・拡大画像(640x480)

画像(240x180)・拡大画像(640x480)
画像(240x180)・拡大画像(640x480)

【参加者の感想】

・先生や学生さんたちがとても優しかったので、楽しく体験ができました。
・抗酸化の実験が楽しかったです。実際にやってみたいと思いました。
・栄養士と管理栄養士について、違いがしっかり理解できました。
・栄養バランスをパソコンを使って計測することができ、とても分かりやすかったです。
・お麩のスイーツ作りが楽しかった。家でも作ってみたいです。

 次回、入試説明会を2018(平成30)年9月22日(土)に開催します。入試に関する情報をお伝えするとともに、入試に関する疑問・質問にお答えする予定です。

 食物栄養学科を志望する皆さんのご参加を心よりお待ちしています!

Posted   パーマリンク

18/08/29 (水)

福祉学科のオープンキャンパス パート3 [福祉学科]

 2018(平成30)年8月25日(土)13:30 から、オープンキャンパス パート3を開催しました。
 当日の学科紹介や模擬授業の様子を紹介します。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 最初に、関学科長が来年度から健康福祉学科へと名称変更する趣旨や、学科の特長について説明を行いました。
 次に、1年生が「富短学校生活」というタイトルで、本学での学びや学生生活、将来の夢などを紹介しました。
 続いて、今年度から始まるインタラクティブ(対話型)入試を中心に推薦入試や一般入試の説明を行ってから、模擬授業を体験してもらいました。

 今回の模擬授業は、全て“卒業生と教員とのコラボレーション”で構成しており、各分野で活躍する卒業生が自身の学生時代や社会人としての経験・体験談を盛り込みながら、参加者の皆さんに福祉の魅力を伝えてくれました。

【模擬授業】
 1.「介護福祉士から提案する介護予防と健康」(井上准教授)
 2.「あなたならどうする?社会福祉の援助場面」(関教授)
 3.「福祉ビジネスで輝きたいあなたに伝えたいこと」(小平准教授)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

.「介護福祉士から提案する介護予防と健康」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「あなたならどうする?社会福祉の援助場面」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「福祉ビジネスで輝きたいあなたに伝えたいこと」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

保護者説明会


 
 模擬授業体験以降は、教員・学生との懇談会や個別相談会、保護者対象の説明会とグループ懇談会などを実施しました。
 この時期には、入試に関する質問も多く、既にエントリー受付を開始している「インタラクティブ(対話型)入試」を検討している参加者も熱心に質問をしていました。
 また、保護者の方々からも多くの相談をいただき、丁寧に回答をしていると、あっという間にオープンキャンパス終了の時間となりました!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【参加者の感想】

・とても優しい人ばかりで入学したいと改めて思いました。
・先生方や学生さんが優しく、話しかけやすい雰囲気だったので、楽しく学校生活を送れそうだと感じた。
・初めて健康福祉学科を見学しましたが、学科のことが詳しく分かって良かったです。
・卒業生の方に説明を聞くことや、話をすることができて良かった。
・介護職でもいろいろな人と関われるのが分かりました。
・短期大学の特徴や富山短期大学の温かい雰囲気など、進学先を決める上でとても参考になりました。

 
 次回、2018(平成30)年9月22日(土)は、いよいよ入試説明会を開催します。

●推薦入試や一般入試の特別対策講座を開催!
●各入試に直結する貴重な情報を収集するチャンスです!!
●入試に関する疑問・質問にもお答えします!!!

 皆さんのお越しをお待ちしています!

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ